仕事のお悩み解決所

人手不足なの?市役所の臨時職員の仕事内容をご紹介

2017.10.1

市役所の臨時職員として働くことになった時に、臨時の人手を雇うので忙しいと思いきや、実際の仕事はほとんどない時もあります。

人手が足りなければ臨時職員の雇うのは分かりますが、平時に雇っても仕事が少ないので、職場によっては楽な仕事だと思うでしょう。

そこで市役所の臨時職員の仕事内容について紹介したいと思います。


市役所の臨時職員の仕事内容な楽な仕事が多い

市役所の臨時職員として働くことになったのはいいですが、実際の仕事内容に関しては正規の職員とは異なる仕事が多いです。

公務の仕事をする市役所職員の補助的な役割として働くことになるので、実際に仕事がなければずっと待機となります。

待機中は何もやることがありませんが、仕事を頼まれることは文章の作成、雑用などの仕事しかありません。

実際に仕事を頼まれたとしても、文章作成の場合には1日で終わるような文章を1週間以内で仕上げるように言われることもあります。

急ぎの仕事ではなくても、民間の仕事に比べるとルーズな仕事内容と言えるのかもしれません。

早く仕事を終わらせても評価が上がることはないので、公務の仕事なので間違いのないように入念にチェックして提出します。

雑用の仕事も時間があるからいろいろと仕事を振られるので、ほとんどが楽な仕事だと言えるでしょう。

市役所によって臨時職員の仕事内容は異なる

臨時職員を雇うのは市役所によって状況は違いますが、仕事内容も変わってきます。

市役所では忙しい時期などがあると、臨時職員を雇って対応しますが、それ以外の平時の月ではそれほど人手を必要としません。

しかい臨時職員は2年契約など契約期間が決まっているので、それまではそのまま雇っているという形が一般的です。

長く働けばそれだけ仕事にも慣れますが、実際にはほとんど仕事がない状況で働くこともあります。

市役所には一般の人が来るので、駐車場などの管理も市役所職員が行います。

臨時職員は駐車場の見回りを行ったり、雑用業務全般を請け負ったりします。

自分で仕事を見つけて何か率先してやらなければ、暇でやることがない時もあります。

逆に臨時職員を頼りにする場合には、机の上に書類が置かれていて、何も言わなくても仕事が回ってくることもあります。

市役所によって状況も違うので、臨時の職員として仕事の補佐に徹するしかありません。

任期付きの市役所の臨時職員は職員とほぼ同じ仕事内容

市役所の臨時職員の仕事内容としては、任期付きの臨時職員は厳格な仕事内容が求められます。

大まかなイメージで言えば、臨時職員はアルバイトで任期付きの臨時職員は優秀な派遣社員です。

臨時職員はアルバイトと同じなので、役所の重要な仕事には一切触れることはできないので、職員の補助として書類作成や雑用業務を行います。

任期付きの臨時職員は職員が休職など働けない状態になった時に、代わりの人材として雇う即戦力です。

そのため正規の職員と同等の仕事ができなければいけないですし、公務員の重要な仕事をすることもできます。

そのためボーナスや給料も補償されていますが、それだけ臨時職員と任期付きの臨時職員とは差が大きいのです。

臨時職員になりたくても狭き門ですし、経験やスキルも問われることもあるので仕事に就くのは簡単ではありません。

正規社員の仕事をしても民間に比べると楽に思える

市役所で任期付きの臨時職員の仕事をしたとしても、民間の仕事に比べれば楽の思えるかもしれません。

臨時職員の仕事内容とすれば、やはり公務員の仕事はスピードを求めていないので、民間の仕事の方が大変だと言えます。

実際には市役所の仕事は多岐にわたりますし、それぞれの部署で仕事内容も異なります。

しかし連日市民が手続きのために訪れるので、それに対応しなければなりません。

待たされる時間が長いので役所の仕事は遅いと言われますが、スピードよりも確実性を重視しているので仕方がありません。

任期付きの臨時職員の仕事も正規の社員と同じ仕事をするので、確実にミスのない仕事をすることを求められます。

窓口では臨機応変に対応しなければなりませんし、制度に詳しくなければ対応することができないので、勉強をして知識を広めておく必要はあります。

仕事内容は民間よりも楽に思えますが、しっかりと法律や制度を理解する知識が必要となります。

部署や担当によって仕事量も変わってくる

市役所の臨時職員の仕事内容は、部署や担当業務によっても大きく異なります。

部署によっては対応する市民の数が少ないので、業務も少なくなっていきます。

しかし重要度の高い仕事も多く、職員の補助として書類作成を行ったり、雑用業務をしなければなりません。

書類作成をする時も頻繁に作成する部署もあれば、ほとんど仕事もなく、数日に1度だけ書類作成をする仕事が来ることもあります。

臨時職員の仕事は補助の仕事なので、正規の社員がすべてをやってしまったら仕事は回ってこなくなります。

そのため回ってくる仕事も簡単な作業しかないので、仕事をしたいと思う人にとっては物足りなく感じるでしょう。

臨時職員は機嫌が決まっていますし、そのまま正社員になる道はないので、臨時はいつまでも臨時の仕事しかできません。

もしも市役所の職員として働く意欲が沸いたら、勉強して公務員になるために頑張るのもいいかもしれません。

 - 職種に関するお悩み