仕事のお悩み解決所

仕事を辞めた時に失業保険と扶養に入るのはどちらが得なのか

2017.10.1

自分が会社を辞めた時に失業保険をもらいながら次の仕事を探すか、もしくはとりあえず夫の扶養に入った方がいいのか悩みます。

人それぞれ状況も違いますしどちらが得かは一概には言えませんが、生活のことを考えると少しでも得な方を選びたいと思います。

そこで会社を辞めた時に失業保険をもらうか扶養に入った方がいいのか、どちらの方がいいお得になるのでしょうか。


失業保険と扶養のどちらが得かは辞めた状況にもよる

失業保険をもらうか扶養に入るかどちらが得かは、自分が会社を辞めた状況にもよります。

会社都合で辞めた時にはすぐにハローワークに行って失業保険の申請をすれば、すぐに失業保険をもらうことはできます。

そのため生活費の足しにすることができますし、受給期間中は安心して仕事を探すことができるでしょう。

自分都合で会社を辞めた時にはすぐには失業保険をもらうことができないので、もらうまで約3ヶ月間は無収入となってしまいます。

4ヶ月目からは失業保険をもらうことができますが、初めの3ヶ月間は厳しい状態となるでしょう。

年金や保険も自腹で払わなければなりませんし、アルバイトやパートも働けるが制限されます。

失業保険をいっぱいまでもらおうと考えているのであれば、我慢んすることもできますが、基本はすぐに仕事を探すことが前提となっています。

そのため自己都合で辞めたのであれば、扶養に入ってパートをしながら仕事を探した方が、生活的にもお得と言えます。

社会保険を考えると失業保険と扶養のどちらが得か分かる

会社を辞めた時に自分の社会保険に関しては、国民年金、国民健康保険、市県民税を自分で払わなければなりません。

失業保険と扶養のとぢらが得かを見極める時には、社会保険を比べてみるのもいいでしょう。

失業保険をもらう時には自分で払うことになりますし、年金に関しては厚生年金から国民年金になればもらえる額も減ってしまいます。

辞めた時期にもよりますが、その年の年収が一定額あるのであれば所得に応じて払うので、失業したとしても社会保険に関しては自分で払うことになります。

夫の扶養に入れば厚生年金と健康保険に入ることができますし、支払う金額も増えることなく年金と保険に加入することができます。

扶養に入っている期間は自分で払う分がなくなりますし、年金額も多くなるので社会保険だけを比べれば、扶養に入った方がお得と言えるでしょう。

失業保険と扶養のどちらが得かは自分がいつ働くかによる

失業保険と扶養のどちらが得かは、自分がいつ仕事に就くかによっても違います。

失業保険をもらうことを考えるのであれば、ハローワークに行って真剣に仕事を探さなければなりません。

そして自己都合であれば4ヶ月目から失業保険をもらうことができますが、今までの給料の45%~80%がもらえます。

この間は多少のアルバイトをしても申告すれば問題ありませんが、一定額以上になると給付額が減ります。

自分がアルバイトをしながら失業保険をもらったとしても、失業保険がもらえなくなった時にはどうするかまた考えなければなりません。

扶養に入ればパートをすることができるので、月に10万円程度の収入を得ることができます。

このままずっとパートをやってもいいですし、パートをやりながら新たな仕事を見つけることもできるので、生活のことを考えると扶養に入った方がいいのかもしれません。

自分がこれから働く形態によって状況も違ってくる

これから自分がどうやって働いていくかによって、失業保険と扶養のどちらが得が決まってきます。

自分は仕事を辞めたばかりなので、少しゆっくりしながら仕事を探したいと思えば、失業保険の方がいいでしょう。

失業保険であれば自分がまたガッツリと働きたい仕事を見つけられますし、扶養ではなく自分で社会保険に加入できる会社を見つけやすいです。

このままパートを続けていきたいと思っているのであれば、扶養の方が断然お得です。

不要に入れば社会保険にも加入できますし、支払う金額も今までと同じなので、夫の収入で生活できるのであれば、パートをしても十分やっていけます。

自分がこれからどうやって働くかによって、どちらが得かも変わってくるので、まずは自分の仕事をどうするかを決めることが大切です。

すぐには決めることができないかもしれませんが、仕事を頑張りたいのであれば失業保険の方が得ですし、パートでいいのであれば扶養の方が得と言えます。

損得で決めるよりも仕事をどうするかをまず考える

失業保険と扶養のどちらが得かを考える前に、本来失業保険は仕事を見つけるまでの繋ぎの手当として考えられています。

失業保険をもらうために仕事をしないのではなく、仕事をいくら探しても見つからない人に対して、すこし手助けをする制度です。

そのため失業保険をもらうことを前提に仕事の猶予を考えるのではなく、できるだけ早く次の仕事を探さなければなりません。

しかも働いて満額給料をもらった方が、失業保険をもらうよりも得なので、早く仕事を見つけることが一番得です。

仕事はなかなか見つけられない人もいるため、今後の仕事をどうするかによって、失業保険か扶養かを選ぶことになります。

今の生活が自分の収入がなければ厳しいのであれば、扶養に入ってパートをした方がいいでしょう。

それぞれの家庭の事情によってことなるので、まずは自分の仕事をどうするかを考えなければなりませんが、基本的には扶養に入りながら仕事を探した方が得と言えるかもしれません。

 - 退職・休職に関するお悩み