仕事のお悩み解決所

早退理由が私用な時にスムーズに退社する方法

2017.10.5

会社を早退することはよほどの自体か、もしくは体調不良などで上司が求めないと帰ることはできません。

しかし私用でどうしても会社を早退したいと思った時に、何とかして早退する方法はないものでしょうか。

私用でも相当な理由があれば早退することはできますが、もし許可が下りなければ帰れないので、スムーズに早退するための方法を紹介します。


私用で会社を早退する時は前もって上司に理由を言って相談する

私用で早退をする時には前もって上司に相談をしておけば、あっさりと許してくれる場合もありますし、ダメだと断られることもあります。

会社を早退する時には相当な理由があれば許可をしてもらえますが、上司によって対応は変わってくるでしょう。

基本的に用事は自分の休みの日に予定を組まなければいけませんが、どうしても休みの日に予定を組めない場合もあるでしょう。

家族関係や病院関係などの予定は、自分だけでなく相手や先生の都合もあるので、どうしても予定をこちらで決められない場合があります。

もし事前に分かっているのであれば、早めに伝えておくことによって、上司の早退の許可を出してくれることも多いです。

ただし早退をする時にはしっかりと自分の仕事を終わらせておく必要があるので、早めに仕事を片付けておきましょう。

いろいろ小細工をするよりも正当な理由があるのであれば、素直に上司に報告しましょう。

急に私用で会社を早退する時に理由は病院に行くことを口実にする

急に私用で予定が入った時に、もし上司に早退する理由を伝えても許可してもらえないこともあるかもしれません。

仕事を優先することは社会人として常識であり、自分の予定を優先しようとする甘い考えは許せない上司は多いでしょう。

そのため正直に言えば早退させてもらえないことも多いので、結局は嘘を言って早退させてもらうしかなくなります。

もちろん上司によっては許してもらえる可能性もありますが、日頃から上司の性格を見ていれば分かります。

上司に対して早退する理由を言う時は、体調不良で病院に行くことを口実にしましょう。

普通に体調不良で帰りたいと言っても、もうすぐだから頑張れと言われてしまえば終わりです。

しかし本人が病院に行きたいと言っているのを無理に止めることはできないので、そこまで体調が悪いと思うなら早退をしてもいいと思ってくれるはずです。

私用で会社を早退する時の理由は身近な人のことを利用する

私用で早退する時の理由には、身近な人を利用することをおすすめします。

家族でも親戚くらいならば上司も確認することはできませんし、たまにであればあり得ることなので、スムーズに早退することができるでしょう。

身近な親戚が急に倒れて親から連絡が入ったとなれば、すぐに駆け付けるようにと上司も言ってくれるはずです。

もしそこで早退をダメだと言うような会社であれば、人間性を疑ってしまいますし、ブラック企業なので退社した方がいいでしょう。

普通の上司であれば万が一のことを考えて、仕事よりもお見舞いに行くように促してくれます。

上司の方が多くの人生経験があるので、後で後悔させたくないという想いを持っているはずです。

年齢を重ねるほど別れを経験することも多くなるので、早退する時は罰当たりですが近い親戚を利用してみましょう。

仮病で早退する時には相当な演技力が必要

もし仮病を使って早退することを考えているのであれば、相当な演技力が必要となります。

私用で早退をしたいと考えた時に、仮病を理由にする時には具合が悪い演技をしなければなりません。

あまりにもわざとらしいと疑われてしまうので、ほどほどのした方がいいでしょう。

上司も早退を許してくれればそこで終わりではなく、その後の状態もしっかりシミュレーションしておきましょう。

頭が痛くて早退したのに、次の日になって普通に出勤すれば嘘だったと思われて当然です。

そのため次の日も体調が少し悪い素振りを見せる必要がありますし、昨日は帰ってから何をしていたかを問われるかもしれないので、答えを考えておく必要があります。

次の日にコロッと忘れて元気に出勤してしまう可能性もありますし、その日1日はずっと体調が悪い演技をしなければいけないので、かなりの演技力を必要とするでしょう。

私用で早退する時は仕事を終わらせてから相当な理由で早退する

私用で早退をすることを考えていれば、できるだけ早く仕事を終わらせておくようにしましょう。

どんな理由であれ上司は早退したいと言ってくれば、ほとんどの場合は許可してくれるでしょう。

もちろん日頃からの勤務態度によって、真面目にやっている人ほど早退したいと言ってくれば、すんなり早退させてくれるものです。

早退させてくれることを見越して、早めに仕事を終わらせておくことで、上司もすんなり認めてくれる可能性も高くなります。

自分の仕事が終わっていれば早退したいという人を無理やり引き止めようとはしませんし、たまにならば仕方ないと思ってくれるでしょう。

自分は私用があると分かっているので、できるだけ早めに仕事を終わらせることができるはずです。

私用で早退するので他の人に迷惑を掛けないためにも、最低限の仕事だけは終わらせておくようにしましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み