仕事のお悩み解決所

早退理由は何がいい?当日に急に早退する時に使える言い訳

2017.10.5

会社を早退する理由として、当日急に帰りたいと言っても一般的には許されませんが、何か特別な理由や体調不良などがなければ別です。

何か理由があったとしても当日急に早退したいというのではなく、事前に予定があれば言うべきです。

しかし急に早退しなければいけなくなった時には、どのようにすればスムーズに早退することができるのでしょうか。


当日急に早退する時の理由は家族から急な連絡をだと伝える

当日になって急に早退する理由をしては、家族から急に連絡が入ったという理由にそうれば早退させてくれる可能性が高いです。

家族から仕事中に連絡があれば、大抵の人は何かあったと察しがつきます。

親戚など身内に不幸があったり倒れたなどの連絡かもしれないので、一般常識のある人ならば深く聞くことはないでしょう。

もし上司に家族から急用で連絡があったと言っても理由を聞かれた時には、親戚が倒れたということをはっきり伝えましょう。

自分が早退したい時の上司の常識を疑っている暇はないので、しつこく詮索してきたらはっきりと言えば何も言い返すことはできないでしょう。

身内が倒れたのに仕事が終わってからいけというような会社では、ブラック企業の可能性があるので今後の仕事の継続も考え直した方がいいかもしれません。

家族からの急な連絡を早退の理由にすれば、スムーズに早退することができるでしょう。

当日急に早退する時の理由は病院に行くことを理由にする

当日になって急に早退をしたいと思った時には、病院に行くことを理由にすれば早退させてくれる可能性が高いです。

体調不良を理由にすれば上司も疑いはしますが、病院に行くと言われればダメとは言えないでしょう。

午後に早退をするのであれば、早くいかなければ病院の診察時間も終わってしまうので、すぐに早退することを許してくれるはずです。

午後から早退をすればある程度仕事が終わっていると思えるので、無理にいるよりも早く早退させた方がいいと思えます。

熱で頭が痛いと言えば定番ですが、人によって症状も違うので、病院に行くほどつらいと感じているようであれば早退を許してくれるでしょう。

多少の演技力も必要ですが、当日急に早退をしたいと思ったら体調不良を理由に早退をさせてもらいましょう。

本当か嘘か分からなければ上司もダメとは言えないので、早退をさせてくれるはずです。

早退理由として当日急に帰るのであれば体調不良がおすすめ

早退する時の理由として使えるのは、当日急に体調不良になってしまったという理由です。

ポイントは自分から帰りたいと言ったり病院に行くと言わずに、調子が悪そうにしながらも頑張って働く素振りをみせます。

熱があっても仕事だから頑張っている人も実際にいますが、頭がボーっとしてなかなか集中できないでしょう。

自分は仕事だから何とか頑張ろうと思っていても、周りにいる人が気を遣ってしまうので、先に帰って休むように促されます。

これを利用して自分も早退をしたい時には、調子が悪い素振りをしながらなんとか仕事を頑張っているアピールをしましょう。

すると上司の方から今日は帰るかと言われるので、仕方なく従って帰るように仕向けます。

自分から早退したいとは言ってないので、周りの人からの評価も探すこともありませんし、堂々と変えることができます。

早退する時に相当な理由が必要なので後で矛盾しない理由を考える

当日になって急に早退をしたいと思った時、理由を考えるのが大変な作業のひとつです。

基本的に早退をしたいと言えばさせてくれる上司は多いですが、納得できる理由でなければ当然早退させてくれません。

しかも後になってから上司から聞かれた時に、矛盾しないないようにしなければいけないので、簡単な理由にすることで嘘もバレにくくなります。

親戚の叔父が倒れたと上司に伝えていたに、後日になってから倒れた人のことを聞かれても、忘れている可能いが高いです。

用事を理由にするたびにしっかりと覚えてい開ければいけないので、相当な競争率の戦いになっていくでしょう。

そのため真摯に対応することが大切ですが、どうしても休みたい時には嘘をついてでも休むことはできます。

休むことは簡単でも嘘がバレないようにすることは難しいので、しっかりとケアしておくことも大切です。

体調不良などは使いやすいが病院へ行くことが重要

仕事をしながら当日になって急に早退したいと言ってくる人がいれば、その日いは使い物にならないので早退させることはできます。

体調不良になってしまうのはどんなに偉い人でも、休んで体調を回復することは大切です。

自分が早退することによってどれほど大変かと問われれば、あまり関係ないという人の方が多いでしょう。

社会人として最後まで仕事をきっちり行うことは当たり前なので、本来であれば最後まで働くべきです。

しかしどうしても予定があったり外せない用事があるのであれば、病気を理由にして病院に行くと伝えれば効果はあります。

もちろん自分の仕事もきっちりと終わらせてから早退した方がいいので、できるだけ早く終わらせることも大切です。

終わらなければ次の日に自分が頑張って終わらせればいいので、早退するのであれば上司にはっきり伝えて、後日疑われないように注意しましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み