仕事のお悩み解決所

退職日は仕事をすることがない!最終日の過ごし方をご紹介

2017.10.20

退職することが決まっているので、会社にいる最終日には何をすればいいか分からずに戸惑ってしまうことも多いでしょう。

仕事をすることもないですし周りの人の邪魔をする訳にもいかないので、何をしていれば分からないので気まずくなってしまいます。

そこで退職する最終日の過ごし方について、何をすればいいのか紹介しましょう。


退職する最終日の過ごし方は雑用を進んで引き受ける

退職する最終日の過ごし方としては、自分の仕事はないので他の人の雑用を進んで行うようにしましょう。

自分の机をキレイにすることくらいしかやることがなければ、コピーを取ったりファックスを送る作業があればやりましょう。

雑用の仕事でも誰かがやらなければいけない重要な仕事なので、最終日までは会社員の一員として何か仕事をしたいと思うものです。

普段やらないような仕事だからこそ、最終日にやることで感謝に気持ちを感じることもできます。

自分がやらなかったような仕事を誰かがしてくれたことによって、仕事をスムーズにやれていたと謙虚な気持ちになることができます。

働いている時にはなかなか謙虚な気持ちになることはできないので、退職する最終日だからこそ気づけることもたくさんあります。

最後まで何か仕事をするためにも、雑用などの仕事があれば率先して行いましょう。

退職最終日の過ごし方は一人ずつ時間を見つけて挨拶をする

会社を退職する最終日には時間を見つけて、できるだけ一人ずつ挨拶をすること心掛けましょう。

最終日の過ごし方として何もやることはなくても、今までお世話になった人がいれば挨拶をしなければなりません。

できれば職場の人全員に挨拶をしなければいけませんが、相手は仕事中なのでいつでも気軽に声を掛けることはできません。

そのため時間を見つけては一人ずつしっかりと挨拶をすることで、きっちりとお世話になった感謝の気持ちを伝えることができます。

退職日は何もすることがないのが当たり前で、最期に日にまで仕事をしているのは段取りが悪いと言えます。

退職するまでにはきっちりと仕事も終わらせて引き継ぎもしておくことで、挨拶をすればいい状態にしておくことも大切です。

会社にお世話になった期間が長いほどしっかりと挨拶をしたい人も増えるので、時間を見つけてはきっちりと最後の挨拶をしておきましょう。

退職する最終日の過ごし方は引き継ぎ作業に漏れがないか確認する

退職日には最後の仕事として、引き継ぎ作業に漏れがないかチェックすることも仕事のひとつです。

最終日の過ごし方としては、自分が辞めても仕事に支障が出ないように、しっかりと引き継ぎ作業をしておくことが大切です。

自分が関わっている仕事があれば、辞めても会社に迷惑が掛からないようにしなければいけないので、引き継ぎ作業も分かりやすく行うことが大切です。

特に引き継ぎ作業は教わっている時は何となくわかっていても、いざとなると分からないことも多いので、何度でも確認しておくことは大切なことです。

もしも大切なことを引き継ぎし忘れてしまうと、会社に大きな迷惑を掛けてしまうので、何度でも確認しておきましょう。

何もやることがなければしっかり引き継ぎができているか確認するだけでも、仕事をしていることになるので、最期まで自分の仕事に関わることをやり続けるのもおすすめです。

周りはそれほど気にしていないのでいつも通りにしている

自分とすれば会社の退職日は特別な日なので、何か特別なことをしようと思うかもしれません。

しかし最終日だからといって特別な過ごし方をしようとしても、他の人にすれば通常通りの仕事をするだけです。

自分は退職しても他の人はそれほど気にしていないことが多いので、特別何かしようと思う必要はありません。

普段通りにやるべきことがあればやって、淡々と仕事をするだけで良いのです。

自分がやるべき仕事があれば卒なく最後までこなすことが大切なので、特別何かをしようとする必要もあります。

退職することになるとどうしても仕事に手を抜いてしまうこともありますが、最期まできっちり仕事をすることが大切です。

周りにいる人は自分の退職に対してそれほど気にしていないものなので、自分も普段通りに仕事をしていればいいのです。

寂しい気持ちもしますが誰もが自分の事を中心に考えているものなので、最終日でも気にする必要はなく、自分の仕事だけをしっかりやりましょう。

最後は全員に感謝の気持ちを伝えて退職することが望ましい

仕事を退職する時には今までお世話になった人に感謝の気持ちを伝えることが大切なので、できるだけ全員にお世話になった気持ちを伝えましょう。

できれば個人的に一人ずつお世話になった気持ちを伝えた方がいいので、退職日の過ごし方としては挨拶することを考えておきましょう。

仕事中なのでなかなか最後の挨拶をすることができませんが、時間を見つけてはしっかりとお世話になった気持ちを伝えることが大切です。

最終日に仕事があればしっかりと最後まですることが求められますが、最後まで人間関係は大切なことです。

小さい職場であれば一人ずつ挨拶をすることもできますが、大きな職場で挨拶する機会がなければ、お菓子を分けてあいさつ回りをするなど工夫することもできます。

次の職場に行く前にしっかりと礼儀を重んじることは社会人としても大切なことなので、きっちりとお礼をしてから退職しましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み