仕事のお悩み解決所

職場の電話に出るのが怖い?電話対応で気をつけるべきこと

2017.10.20

職場では電話に出なければいけないことも多々ありますが、電話に出ること自体が怖いと思ってしまい、率先して出られない人も多いです。

誰もが電話を持っている時代ですが、職場の電話に出ることは苦手意識を持ってしまい、電話に出ないので困ってしまいます。

そこで職場の電話に出ることが怖い人の理由や対処法について紹介します。


職場の電話に出るのが怖いのは電話慣れしていないから

職場の電話に出るのが怖い人の理由としては、知らない相手の電話に出るのが怖いと思っているからです。

誰もが携帯電話を持つような時代になっても、相手が分かっているから気軽に電話に出ることができます。

しかし知らない電話番号からかかってくると、電話に出ない人も多いので、会社でも同じように知らない人からの電話に出るのが怖いと思ってしまいます。

相手は会社に電話をしているので、仕事の重要な要件で電話をしているのに、電話に出ること自体が怖いので仕事にならないことも多いです。

職場の電話に出るのが怖いのは電話慣れしていない場合も多く、友達とはメールだけでやり取りをする人も多いため、電話で話すことをしない人も増えています。

電話に慣れているようで実際は電話以外の機能を使っている場合が多いため、電話で話すことに慣れていないから、電話で話すことが怖いと思ってしまうのです。

電話に出ることが怖いと思うので職場ではマニュアルを重視する

電話に出ることが怖いと思う人は、職場の電話に出る前にマニュアルをしっかり覚えておくことが大切です。

普段プライベートで電話に出る時と仕事では全く違い、口調を変えたり敬語を使わなければいけないので、普段から慣れていないと話すこと自体が難しく感じてしまいます。

会社では相手に失礼のないようにマニュアル化された電話対応もあるので、しっかりと覚えることが大切です。

マニュアルでは電話対応の時の話し方、敬語の使い方、対応などがマニュアルになっているので、覚えるだけで電話対応も怖くなくなります。

マニュアルに従っていれば相手に不快な思いをさせることもなくなるので、自信を持って電話に出ることもできるようになります。

社会人になれば電話対応は一般常識となるので、電話に出ることが苦手な人ほど、電話対応のマニュアルを重視して覚えておくことが大切です。

職場の電話に出るのが怖いのは敬語が使えないから

普段から職場で敬語を使っている人にとっては、電話でもすぐに敬語で話すことはできるでしょう。

しかし普段から警護に慣れ親しんでいない人にとっては、電話に出た時に敬語を話すことが難しいので、電話に出るのが怖いと思ってしまいます。

職場での電話は相手の会社に悪い印象を与えてしまうと、仕事にも影響することがあるので、気をつけなければなりません。

敬語で話すことが社会人として当たり前だと思っていても、実際に話をするのは難しいと思う人も多いので、電話に出たくないと思ってしまいます。

もし電話で敬語が使えない時には、まともに相手と会話をすることもできなくなってしまいます。

相手からすると敬語が使えない社員を雇っていると思われますし、まともに会話ができないとなれば信用も失ってしまいます。

電話対応によって相手に悪い印象を与えてしまうので、敬語が使えないことで電話に出るのが怖いと思ってしまういます。

臨機応変に対応できるスキルを磨いておくことが必要

職場の電話では相手からどんなお願いをされるか分かりませんし、仕事に関する話をするので、臨機応変に対応しなければなりません。

職場の電話に出ることが怖いと思う人の多くは、相手からいろいろ言われた時に対応することが難しいと考えてしまうからです。

そもそも権限がなければ自分では何もできませんし、相手の話を聞くことしかできません。

しかし自分で判断して対応しなければいけないことでも、自分で判断することが苦手な人もいます。

指示待ち社員に多いですが、上司の指示がなければ何もできない人ほど、電話に出ることを怖いと思ってしまうことが多いです。

自分で判断して対応したり、事後報告で仕事をすることができない人にとって、電話に出て自分で判断することが怖いと思ってしまいます。

臨機応変に対応するには自分のスキルを普段から磨いておくことが大切なので、仕事に対して自信が持てるように努力し続けることが大切です。

マニュアルや一般常識が分かっていれば電話も怖くない

職場の電話に出ることを怖いと思っている人ほど、一般常識がなかったりマニュアルができてないことが多いです。

誰もが初めからしっかりと対応できる訳ではなく、少しずつ対応を覚えることで自分のスキルアップルに繋がります。

大きなミスをすることもありますが、ミスを怖いと思っていると何もできなくなってしまいます。

会社にとってマニュアルは誰でも対応できるように分かりやすくしているものなので、しっかりと覚えることで自信を持って対応することができます。

電話対応は社会人にとって重要な一般常識でもあるので、できて当たり前です。

電話対応に苦手意識を持っていても、マニュアルさえしっかりと覚えてしまえばある程度は対応することができます。

職場の電話に出ることが怖いと思っているうちはマニュアルがしっかりとできていない証拠なので、きっちり覚えることができれば電話対応もしっかりとできるようになります。

 - 業務に関するお悩み