仕事のお悩み解決所

職場の人と喧嘩をしてしまった!仲直りするための方法をご紹介

2017.10.20

職場の人と喧嘩をした時にはできるだけ早く仲直りしないと、自分たちの仕事にも支障が出てしまうことがあります。

しかし喧嘩をした相手と仲直りするのはいくつになっても気まずいものなので、上手く対応しなければ仲直りすることができなくなってしまいます。

そこで職場の人と喧嘩をした時に仲直りする方法について紹介します。


職場の人と喧嘩をした時に仲直りするには自分からとにかく謝る

職場の人と喧嘩をした時の大原則としては、自分から早く謝ることが仲直りをするための秘訣です。

職場で喧嘩をするとどうしても相手との立場も関係してくるので、自分が悪いと思っていても部下や後輩には謝りにくいものです。

仲直りしたくても立場が関係してくると仲直りするのも大変になるので、とにかく自分から謝ることを前提に考えましょう。

そうすればたとえ相手が後輩や部下であっても、すぐに仲直りすることができます。

また相手が自分よりも立場が上の場合では、自分から謝るのが当然だと思われてしまいます。

自分に非がなくても職場での喧嘩は下の人が謝る方が仲直りしやすいので、どんなに相手が悪くても自分から謝った方がいいでしょう。

職場で喧嘩をした時に仲直りするには、立場を考えることなく自分から謝ることで、仲直りしやすくなります。

喧嘩をした相手と仲直りするには職場以外の場所で謝ると効果的

職場の相手と喧嘩をした時には、お互いが職場での立場があるのでなかなか謝れないこともあります。

自分が悪いと思っていても職場の周りの人の目があるので、自分が謝ることで周りの人からの評価が下がるのが怖いと思ってしまいます。

そのため職場では強がってしまい謝ることをしないまま時が過ぎてしまうことがあるので、結局仲直りできないまま時間が過ぎてしまうこともあります。

喧嘩をした時にはどちらかが悪いものですが、お互いが自分が悪かったと反省することで仲直りすることができます。

職場ではお互いの立場があるので、職場以外の場所で会って話をすることで仲直りすることができます。

職場以外の場所で会うことでお互いが職場の人を気にすることなく、素直に相手に対して謝ることができるようになります。

お互いの立場やプライドを守るためにも、職場以外の場所で会って謝った方が、仲直りしやすくなることもあります。

職場の人と喧嘩をして仲直りするには間に誰か入ってもらう

職場での喧嘩で面倒なことは、お互いの立場があるのでプライドを持っていると仲直りしにくくなることです。

先輩と後輩の関係性を重視していると、先輩が悪いと思っていても謝ることはしないので仲直りもできなくなってしまいます。

上司と部下であれば部下の方が悪くなくても謝らなければいけないと思いますが、上司が悪いと思っていると自分からは謝ることはできません。

お互いの関係性によってはせっかく仲直りできるのに、チャンスを潰してしまうこともあります。

そこで間に誰か入ってもらうことによって、お互いが立場や関係性を忘れて、一人の人として相手に対して真摯に対応することができるようになります。

社会人になると目に見えない競争や立場を重視する人も多くなるので、相手に対して謝ることができなくなる人も多くなります。

相手と仲直りしたい時には、間に入ってもらうことでスムーズに仲直りできる場合もあるので活用しましょう。

喧嘩をしたら次の日には謝りに行くのが効果的

喧嘩をした時にはお互いが頭に血が上っているので、その場で仲直りしようとしても無理でしょう

しかし時間が経つと冷静になることができるので、喧嘩をした後に謝れば仲直りできる場合が多くなります。

職場の相手と喧嘩をした場合もその場で謝るよりも、次の日に会った時に謝罪した方が仲直りしやすくなります。

もし次の日に仲直りしなければ、仕事にも支障が出てしまうので、できるだけ早く謝った方がいいでしょう。

職場ではお互いがプライドを持って仕事をしているので、自分は絶対に引かないという気持ちで仕事をしている人も多いです。

そのため職場での喧嘩はその場では収まらないことが多いので、次の日に謝る方が仲直りもしやすくなります。

誰もが喧嘩をした時には相手のことが許せないと思いますが、1日経って冷静になるだけで心も落ち着くので、次の日になったら自分から謝りに行きましょう。

タイミングを逃すと仲直りできなくなるので注意する

職場の人との喧嘩に限らず、仲直りするタイミングを逃してしまうと、なかなか仲直りできる機会が作れなくなるので注意しましょう。

職場では毎日顔を合わせるので、喧嘩をした次の日に自分から謝罪すればスムーズに仲直りすることもできるでしょう。

しかし顔を合わせているのにお互いが謝ろうとしなければ、どちらも意地になって自分からは謝ろうとしなくなります。

すると仕事にも支障が出てしまいますし、毎日顔を合わせているのに口もきかない状態が続けば、本格的に相手にことが嫌いになってしまいます。

仲直りするタイミングを逃してしまうと、次に仲直りするチャンスを作るのがとても難しくなります。

相手との喧嘩状態が長引くにつれて、話しかけることすらできなくなってしまうので、謝るタイミングを逃さないことが大切です。

職場の人と喧嘩をした時に謝るのにおすすめなタイミングは、次の日に会った時なので、気まずいかもしれませんが逃さずしっかりと謝りましょう。

 - 職場の人間関係に関するお悩み