仕事のお悩み解決所

職場で喧嘩をした時に殴り合いになった場合のリスクと対処法

2017.10.20

職場は仕事をする場所ですが、どうしても自分とは相性が悪い人と一緒に仕事をすることもあります。

そのため職場の人と喧嘩をして殴り合いに発展することもありますが、殴り合うことによって生じるリスクはかなり大きなものになります。

そこで職場の人と喧嘩をした時に、殴り合いになった時のリスクと対処法について紹介します。


職場の喧嘩で殴り合いをした時は傷害罪で訴えられることもある

職場の人と喧嘩をした時に殴り合いになった時のリスクとしては、相手から傷害罪で訴えられることがあるので注意しましょう。

職場の人との関係性はただ同僚というだけなので、友達関係でもなく仕事で繋がっている人です。

そのため相手のことを気遣う必要もないですし、仕事のために仕方なく話をしている人も多いでしょう。

職場の人と仲良くなれば仕事もしやすいですが、あくまでも利益を上げるために一緒にいる相手というだけの関係です。

職場の人とは相性が悪い相手もいますが、喧嘩をした時に殴り合いになってしまうと、相手のことをとことん許せないので追い込もうとする人もいます。

相手と仲が良かったり友達関係ならば仲直りしようとしますが、職場の相手とは仲直りする必要はないので、相手に復讐しようと考えます。

そのため殴り合いになった時には、相手から傷害罪で訴えられる可能性もあるので注意しなければなりません。

職場でも殴り合いの喧嘩をすれば理由は関係なく評価が下がる

職場なあくまでも仕事をするための場所なので、喧嘩をするために来る場所ではありません。

社会人としての立場をわきまえていれば、職場で喧嘩をすることは控えますし、まして殴り合いの喧嘩をすることはありえません。

相手からどんなに理不尽なことをされても、大人としての対応が求められるので、相手にしないか他の方法で相手と戦います。

喧嘩をした時に手を出すのは子供と同じなので、大人の喧嘩をするなら殴り合いはいけません。

自分の立場が悪くなったり機嫌が悪い時に相手から喧嘩を売られたら、手を出すのは社会人として大人の行動ではありません。

大人としての行動ができなければ仕事でも同じで、自分が上手くいかないことがあると人に当たってしまうことも多くなると考えてしまいます。

殴り合いの喧嘩をした時にはどんな理由であれ、会社からの評価は下がってしまうことは覚悟しなければなりません。

殴り合いの喧嘩を職場でするような人材が信頼を失うのは当然

大人になってから殴り合いの喧嘩をしようと思うのは、よほど相手のことが許せないと思った時でしょう。

職場で殴り合いの喧嘩に発展した時には、どうしても相手のことが許せないと思ったので、つい手を出してしまったと理解することはできます。

しかし大人の対応としては殴り合いの喧嘩はどんな理由であれ、許されることではありません。

自分が納得しないことや嫌がらせを受けたとしても、暴力に訴えるのは良くないので、周りからの評価は格段に下がってしまいます。

いくら自分に非がなくても、手を出してしまったことには変わりないので、会社からの評価が下がることは覚悟しなければなりません。

一緒に働く同僚も機嫌を悪くさせると暴力を振るわれると思ってしまうので、経験されてしまう可能性もあるでしょう。

特に女性からは怖い存在だと思われるので、会社からの評価だけでなく、人間関係の信頼も失ってしまうリスクが高くなります。

どんなに自分には非はなくても相手と同じように見られてしまう

職場で殴り合いの喧嘩をするのはよほどの理由があると推測できますが、どんな理由であれ殴り合いの喧嘩は許されることではありません。

自分には非がなくても一緒に殴り合いをしてしまえば、両方同じように見られてしまいます。

どんなに相手が悪くても殴り合いをした人としか見られないので、自分も相手と同じように見られてしまうのは納得できないでしょう。

殴り合いをした相手とはどちらが悪いか分かっていますし、殴り合いに発展した理由もはっきりと分かっているはずです。

しかし周りにいる人からすれば、殴り合いをすること自体がおかしい行動だと思われるので、どんなに自分の方が正しくても、殴り合いをしたことで評価は下がってしまいます。

殴り合いはそれだけ社会人になると理解されない行動のひとつとなるので、どんなに自分が正しくても相手と同じように見られてしまうのでやめた方がいいでしょう。

社会人として殴り合いをした結果を冷静になって考えてみる

社会人として殴り合いの喧嘩をした時には、どんなリスクがあるかを先に考えておくべきです。

まして職場での喧嘩で殴り合いになった時には、殴った時にどんなリスクがあるかを考えてから行動するべきです。

リスクも考えずに先に手が出てしまうような人であれば、仕事でも先のことを考えられない人だと思って、評価がかなり下がってしまうでしょう。

仕事ではリスクに対する事前予測をすることは必要なので、先のリスクを考えられない人は仕事でも上手くいくことはありません。

殴り合いの喧嘩をすることのリスクが分かっているからこそ、大人になると殴り合いの喧嘩をすることは減っていきます。

自分で殴り合いの喧嘩になりそうな時には、事前にリスクを考えてから行動するべきです。

たとえ殴られてもやり返すのではなく、じっと耐えるのが大人ですし、リスクを考えた冷静な行動といえます。

 - 職場の人間関係に関するお悩み