仕事のお悩み解決所

配達の仕事は大変!気になる仕事内容と体調への影響

2017.10.20

どんな仕事でも大変なことはありますが、配達の仕事は重たい物も多々あるので、大変だと感じることも多いでしょう。

荷物を運ぶことは信頼関係が必要不可欠ですし、時間通りに配達しなければ多くの人に迷惑を掛けてしまうので、時間厳守で仕事をしなければなりません。

そこで配達の仕事の大変さと体への負担について紹介したいと思います。


配達の仕事が大変なのは納期を遅らせることができない

配達の仕事が大変な理由のひとつに、納期を遅らせることができないことが要因となります。

配達時間に関してはある程度決められているので、その時間にしっかりと届けなければなりません。

どんな仕事も納期があるからこそ信頼関係が結べますが、配達の時間が遅れると相手の仕事に大きな影響を与えることが多いです。

どんなに道が混雑をしていても、時間通りに配達することはプロとして求められるので、精神的にもプレッシャーを感じる仕事です。

重たい荷物を運ぶことだけが大変な仕事ではなく、時間通りにきっちりと運ばなければいけないことが、大変な仕事のひとつです。

納期を遅らせることができないので、逆算してしっかりと運ぶ時間を確保しなければなりません。

相手からすれば道の混雑状況などは関係ないので、時間通りにしっかり運ぶことを求められるのが大変です。

配達の仕事は重い荷物を運ぶことが多いので大変

配達の仕事でイメージすることは、重たい荷物を運ぶことを連想する人は多いでしょう。

気軽に配達してもらうことができるので、自分で運ぶには大変な荷物を、配達してもらうことは当たり前になってきました。

そのため配達の仕事をするひとにとって、重たい荷物を配達することはかなり大変な作業となります。

体への負担としては腰痛や肩コリなどが酷くなるケースも多いので、それだけ重い荷物を運ぶ仕事が多いということです。

ネットで気軽に商品を買える時代となっているので、軽い商品は自分で買って、重たい荷物や商品は配達してもらうことも多くなりました。

水を購入する人もまとめて配達してもらうことで、重たい水を自分で運ばなくて済みます。

特に年配の人には重宝されるので、重い荷物を運ぶ配達の仕事は年々大変になってきていますが、それだけ重宝されているということでもあります。

配達は人手不足によって仕事がどんどん大変になりつつある

配達の仕事は思っているよりも大変な仕事なので、業界としても人材不足で悩んでいる会社も多いです。

ネットを利用する人が増えているので、配達する機会もどんどん増えていることから、嬉しい悲鳴だと思えます。

しかし実際には配達する仕事は増えても人材が不足しているので、一人当たりの仕事量が多くなって大変になっているのです。

配達の仕事は大幅に給料を上げることはできないので、配達量が多ければそれだけ自分が大変な思いをするだけです。

委託業者とすれば配達数に応じて収入が上がっていきますが、1件当たりの配達時間はそれほど時短できないので、結局は時給にすると大幅に安くなってしまいます。

配達の仕事は仕事が多いので終わらないことも多いが、配達日時を指定している物も少なくないので、かなり綿密に計画を立てて配達しなければならないのが大変です。

事故を起こすと仕事ができなくなるリスクもあるので注意する

配達する仕事は車を使用するため、万が一にも事故を起こしてしまえば仕事ができなくなってしまいます。

会社に勤めていれば免停中は内勤の仕事をすることができるかもしれませんが、委託業者として個人で配達していれば、事故を起こした時は仕事を失ってしまう可能性もあります。

配達の仕事はいつ事故に遭ってもおかしくないので、気持ち的にもかなり大変な思いをするでしょう。

事故を起こしても怪我がなければいいのですが、万が一にも仕事中に事故を起こしてしまえば、今後の仕事にも影響しかねません。

そのためプライベートでは車を運転することは控える人も多く、なるべく事故を起こすリスクを減らそうとする人もいるようです。

車に乗っている以上は加害者にも被害者にもなり得る立場なので、常にプレッシャーを受けながら仕事をしなければならないことは大変だといえます。

時間指定の配達はストレスとの戦いとなることが多い

一般消費者として自分が買った商品が指定日時に届くことは当たり前だと思っているので、少しでも遅れるとストレスになってしまいます。

日時をしていすると余計な運送料も掛かりますが、相手を信頼しているからこそお願いすることができます。

そのため配達の仕事で日時指定の仕事は特に大変で、きっちりと時間を指定してある荷物も少なくありません。

荷物が日時通りに着くことは当たり前ですが、その裏では配達業者が綿密な計画の元に配達を行っています。

配達のプロとしてきっちりと送り届けることはもちろんですが、その分のプレッシャーは半端ないものです。

事故を起こせば配達にも影響しますし、道の混雑状況は相手には関係ないので、上手く対処するしかありません。

配達の仕事は時間との勝負なので、精神的にも大変だと思うことは多いです。

日時通りに配達されることはとても助かるので、配達の仕事は生活には欠かせない存在となっています。

 - 業務に関するお悩み