仕事のお悩み解決所

簿記三級は取得しても意味がない?どんな時に役立つのか解説!

2017.10.22

簿記の資格を取得する人にとっては、簿記三級は基礎的な足がたりとなりますが、基本的には独学でも資格を取得できる難易度となっています。

そのため簿記三級を取得してもあまり意味がないという人もいますが、日常生活の中では簿記の基礎を知っておくことで役立つことはたくさんあります。

そこで簿記三級を取得することの意味について紹介します。


簿記三級は基礎知識として意味があるので独学でも勉強するべき

簿記三級を取得することの意味としては、簿記の基礎を知る上では知っておくべきことが学べるということです。

仕事で簿記を扱う人であれば、簿記一級を目指さなければいけませんが、簿記二級を取得しておけば会社の経理なら十分通用します。

簿記三級を取得したからといって会社の経理をやりたいといっても、厳しいというのが状況でしょう。

そのため簿記三級を取得しても役立たないという人は多いですが、簿記を仕事で活用する人にとっては物足りないのは事実です。

しかし日常生活の中でも簿記三級の知識は役立ちますし、ビジネスマンにとっては簿記の知識は常識となりつつあります。

日常生活の中では家計簿も簿記の知識があれば楽ですし、個人事業主となれば簿記の知識は必須です。

会社員でも決算を見るには簿記の知識が必要不可欠なので、簿記三級の知識があればいろいろな場面で役立つことができます。

簿記三級を取得する意味はさらに上のレベルの基礎固め

簿記三級はそれ自体ではあまり役に立たずに意味がないことも多いですが、仕事で簿記を使うのであれば基礎固めとなるので役立ちます。

簿記三級の知識は簿記の中でも基礎となるので、独学でもしっかり勉強すれば資格を取得することできます。

そんため社会人として働くのであれば、簿記三級の知識は知っていて役立つことが多く、常識として浸透しつつあります。

会社では決算表を見るのに簿記の知識は必要ですし、家でも家計簿をつけるのは簿記の知識が役立ちます。

個人事業主は自分で確定申告をするので、簿記の知識が役立つので、あらゆる場面で簿記が役立ちます。

簿記三級を取得する意味はさらに上を目指す人にとっては基礎固めとなるので、しっかりと知識を習得しておくことが大切です。

上のレベルになるとしっかり勉強しなければいけないので、まずは簿記に慣れるための基礎として簿記三級に慣れておくことがおすすめです。

簿記三級では就活には意味がなくても日常生活では知っていて常識

就活では簿記三級の知識ではあまり意味がないといえますが、日常生活の中でも簿記は役立つので常識として知っておくと便利です。

簿記三級の知識を知っておくことは社会人として常識なので、はっきり言えば就活でもあまり役立つことはないかもしれません。

しかし簿記三級の知識がない人に比べれば、はるかに有利になるのは間違いないので、就活でも役立つといえるかもしれません。

簿記三級の知識は働く人にとっては常識なので、決算書を見る時や利益計算をする時にも簿記の知識が必要です。

そのため簿記の知識がなければ仕事ができないので、自然と身について行くので常識となりつつあります。

簿記三級の知識があれば社会人としての常識があるとされるので、仕事もスムーズに進めることができるでしょう。

就活にはそれほど有利にならなくても、日常生活でも使える場面は多いので、取得して損はありません。

資格自体は意味がないというよりは基礎を知るために必要な資格

簿記三級の知識があることで具体的に何か仕事ができるかといわれれば、あまり意味がないかもしれません。

しかし簿記三級の知識があることによって仕事幅も広がりますし、基礎的な知識があることで仕事もしやすくなります。

簿記三級の知識があることで具体的な仕事ができるとはいえませんが、知っていなければできない仕事は様々あります。

簿記を扱う仕事は二級以上の知識が必要不可欠ですが、一般的な仕事では簿記三級の知識があれば十分通用しますし、知っていることは常識です。

会社の決算書を見る時や利益研鑽をする時も簿記三級の知識があればできますが、簿記を知らなければ何もできません。

働くことは利益を上げることなので、しっかりと収入と支出を把握することは大切です。

これは日常生活の中でも利用できる知識なので、簿記三級の知識自体は意味がないのではなく、基礎的なことを学ぶことができる大切な資格です。

簿記三級を学ぶことは会社員としては常識になりつつある

簿記三級の知識があれば一般的な会社で働く人も、大いに役立てることができます。

逆に簿記三級の知識がない人は上には立つことができませんし、売り上げや利益に関する仕事をすることは難しいでしょう。

簿記を扱う人にとって三級の知識は意味がないといえますが、仕事で簿記を扱う人でなければ三級の知識で十分です。

簿記三級の知識があることで基礎的な簿記を知ることができるので、会社や日常生活の中でも役立てることができます

仕事をする時には必ず売り上げや利益が関わってくるので、簿記の知識があれば自分で考えて仕事をすることができます。

そのため会社員として簿記とは関係ない仕事でも、簿記の知識があることは常識となりつつあるのです。

簿記三級は独学でも十分合格できるレベルなので、比較的簡単に取得することはできるでしょう。

だからこそ知っていて当然の知識ですし、知っていなければ困る場面も多いので、簿記三級は意味のある資格として取得しておいて損はありません。

 - 資格のお悩み