仕事のお悩み解決所

派遣の仕事を辞める時におすすめな理由と挨拶をご紹介

2017.10.22

派遣の仕事を辞める時にはしっかりと挨拶をしなければいけませんが、会社とすれば派遣の人にはあまり興味がない人が多いのも事実です。

それでもいつ派遣としてまた採用されるか分かりませんし、社会人としての礼儀を欠くことはできないので、挨拶だけはしっかりとすることが求められます。

そこで派遣で会社を辞める時におすすめな挨拶の方法を紹介します。


派遣を辞める時には無難な挨拶をすることがおすすめ

派遣の期間が切れることによって辞める時には、挨拶は無難なものにしましょう。

派遣社員が会社を辞めても正社員にはあまり関係ないですし、新たな派遣社員を雇えばいいと思っているでしょう。

会社にとって派遣はそれほど重要視されていないことも多いですが、辞める時にはしっかりと挨拶をすることは社会人として当然のことです。

派遣として働いていると嫌なことも多いですが、辞める時には跡を濁さず綺麗に辞めることを意識しましょう。

そのため辞める時の挨拶としては、無難な言葉を選ぶことがおすすめです。

社交辞令だと取られても構わないですし、むしろそれだけの関係性しかないので、無難な挨拶をした方がスムーズに退社できます。

いろいろ言っても派遣の分際でと思われることもあるので、正社員からすれば派遣は使い捨てのようなイメージなので、こちらも無難な挨拶に留めておきましょう。

派遣を辞める時は今後の事も考えて全員にしっかり挨拶をする

派遣を辞める時には今後の事を考えて、全員に対して挨拶だけは欠かさずしておくことをおすすめします。

派遣の立場とすれば会社に雇ってもらうので、出世をすることもなければ雇ってくれる会社を探して働くだけです。

しかし正社員として働いている人は、1年経つと立場が上になることも十分考えられるので、次に会った時には役職が上になっている可能性もあります。

派遣を使ってくれる会社はある程度限られているので、自分が派遣として働く会社も限られてきます。

そのため長く派遣として働くと一度働いたことがある会社に、再度派遣されることも珍しくありません。

その時に前に働いた時の印象が良ければ、次に働く時は非常に働きやすくなるでしょう。

前に一緒に働いていた人が上司になっていれば仕事しやすいので、辞める時は後のことも考えて心象を良くしてから辞めましょう。

派遣を辞める時の挨拶は本音を言うとトラブルになる事もあるので注意

会社に派遣されている時に期限内に辞めることもありますが、派遣を辞める時の挨拶ではいろいろと聞かれることも多いでしょう。

辞める時に本当のことを言ってしまうと、後でトラブルになる可能性もあるので、派遣を辞める時には無難な言葉を使って挨拶しましょう。

会社や職場によって違いますが、派遣社員に対してあまり快く思っていない人もたくさんいます。

正社員の自分の方が上だと思っているので、理不尽な態度をしたり、ワザとミスをするような指示の仕方をしてストレス発散する人もいるかもしれません。

派遣に対してあまり良い印象を持っていない社員は当たりもきついので、仕事をしていて辛いと感じることも多いでしょう。

人間関係によって派遣の仕事を辞める時は、本音を言うとトラブルになるので、あえて言わないように気をつけましょう。

いつ自分が派遣としてまた仕事をするか分からないので、今後の事を考えれば、トラブルなく辞めた方が自分のためにもなります。

辞める時の状況によって挨拶の仕方も変わってくる

派遣の仕事を辞める時は派遣期間によって辞める場合と、途中でやめる場合の2種類があります。

派遣期間いっぱいになったことで辞める時は、またいつかお世話になることもあるので、無難な言葉で挨拶をしておくと良いでしょう。

できれば心象を良くするために全員に挨拶をしておけば、次に派遣された時も気持ち良く仕事をすることができます。

もし自分が人間関係のトラブルによって辞める時は、できるだけ何も言わずに辞めることがおすすめです。

何か言ってしまうとつい愚痴になってしまうので、派遣社員としては愚痴を言うと自分だけでなく、派遣会社にも迷惑が掛かってしまいます。

どの会社でも自分と相性が悪い人はいるものですが、どうしても我慢できなければ辞めればいいのが派遣のメリットでもあります。

わざわざ我慢したりトラブルを起こさなくても辞めれば済むので、人間関係の時には挨拶もしないで静かに次の職場に派遣してもらいましょう。

派遣は社員とは違うので気遣いは必要

派遣社員として働いてトラブルを起こせば、自分だけでなく派遣会社にも迷惑をかけてしまいます。

仕事のミスは仕方がないですが、人間関係によるトラブルに発展すると、派遣会社も次の人材を入れにくくなってしまいます。

派遣社員は正社員とは立場が違うので、常に気を遣う必要がありますし、辞める時もしっかりと挨拶をすることが望ましいです。

自分が仕事ができても正社員と張り合うこともないですし、自分が与えられた仕事を淡々とこなすだけです。

派遣の仕事を辞める時には全員に心象を良くしておくことで、次にまた仕事を得ることができるかもしれません。

会社から派遣して欲しいと名指しされるくらいであれば気持ち良く仕事もできるので、仕事だけでなく常に周りの人にも気を使うことを忘れないようにしましょう。

派遣は社員とは違うので相手に会社に嫌われてしまうと、すぐに仕事がなくなる可能性もあるので、常に派遣社員と自覚を持って働きましょう。

 - 退職・休職に関するお悩み