仕事のお悩み解決所

農学部の就職先は?有利に就職できる仕事の年収や仕事内容を解説

2017.10.22

農学部の学校を卒業してからの就職先として、いろいろな方面に行って活躍することができますが、年収に関しては気になるところです。

農学部を卒業すれば農業関係の仕事以外にも多々ありますが、就職先によっては年収が大幅に変わるので、就きたい仕事を探すことも大切なことです。

そこで農学部の就職先について紹介したいと思います。


農学部の就職先として年収が高いのは食品業界

農学部の就職先として人気なのは食品業界への就職が多く、大手の食品会社であれば年収も高くなります。

農学部が学ぶ分野はどの食品に関しても有利になりますし、食品だけでなく健康ブームによっても食品への需要は大きなものとなります。

大手の食品会社となればメーカーやお店などとタイアップすることも珍しくないので、独自性の強い食品を提供することもあります。

そのため農学部での知識や経験は、新商品を開発する時でも発揮することができるので、貴重な存在として重宝されます。

食品業界は大きな業界でもあるので、進める分野も多岐にわたります。

作った食品を営業する部門や管理する部門、または開発部門などあらゆる部門で農学部での知識を役立てることができます。

大手に就職すれば年収も必然的に上がるので、自分が就きたい仕事を明確に決めておきたいです。

農学部から年収が高く有利な転職先として研究職もおすすめ

農学部からの就職先として年収も高く、安定した収入が得られるのは研究職です。

食品メーカーは新商品常に開発していかなければならないので、研究職にはかなりの重点を置いています。

大手になるほど新しい商品を何百種類と開発し、その中からヒット商品となる物が出るのを待ち続けることになります。

ヒット商品を作るにはそれまでの何百もの商品開発をしなければいけないので、年間でもかなりの数に及びます。

農学部の専門知識は食品開発でも大いに役立つので、優秀な開発者はどのメーカーでも取り合いとなります。

研究職に向いている人は研究熱心なことは最低条件なので、農学部での研究を熱心に行っていた学生にとっては、就職しやすい職業ともいえます。

農学部から就職する時には、自分の研究成果を活用して就職する人も多いので、研究職など興味があれば狙ってみるのもおすすめです。

農学部の就職先として安定した年収がもらえるのは品質管理職

農学部からの就職先は多岐に渡りますが、品質管理職も農学部が就職しやすい分野といえます。

品質管理職は工場で作られた製品に対して、しっかりとした品質管理ができているかをチェックする仕事です。

商品によっては微生物レベルでのチェックも必要となるので、農学部での研究や知識を役立てることができます。

品質管理職の年収は一般的な会社員よりも高くなりますが、なかなか仕事に就くのは難しいといえます。

メーカーに就職して配属されることが一般的なルートですが、品質管理部門が見逃してしまえば、会社の信用に大きく影響する仕事です。

そのため知識や経験も問われますし、適正な対応力も必要不可欠です。

グループでの作業となることが多いですが、衛生管理や品質チェックなど、指導できる立場にまでなれるくらいのスキルが求められます。

責任とやりがいのある仕事として、会社でも重要な仕事のひとつとなります。

農学部の知識を活かせば製薬業や化粧品業界への就職もできる

農学部ではあらゆる農作業について研究をすることがありますが、研究の成果や知識によっては生物関連の仕事をすることもできます。

バイオ関係や化学系の仕事だと、年収も一気にアップしますし、かなりの専門的な知識が必要となります。

しかし農学部では日々研究をすることも多いので、自分が得意な分野の研究成果を活かして、生物や化学関連の研究職に就くこともできます。

農業ではこれからはバイオの力が必要とされますし、注目されるので需要もどんどん大きくなっていきます。

農学部での研究成果を活かせばバイオ系の仕事に就くことができるので、研究熱心な人にはおすすめです。

また研究開発となれば化粧品業界への就職もしやすく、食品の力によって健康や美容に関する研究をすることもできます。

研究に関わる仕事は多岐にわたるので、早めに絞っておくことで就職する分野も決めやすくなるでしょう。

就職先は多岐に渡るので農学部での知識を活かせる仕事ができる

農学部での研究は多くの業界でも通用するので、豊富な知識と経験を活かすことができます。

就職先としても多岐に渡る業界へ進出できるので、年収にこだわらず自分が興味にある業界への就職を考えておきましょう。

農学部での研究は食品業界やメーカーには大きな財産となるので、新商品の開発にも役立てることができます。

どの業界も日々進化をし続けていますが、研究職に興味がある人は農学部での研究を活かす仕事はたくさんあります。

特に農業系においてもバイオの研究を活かした食品生産は、これからの時代でも注目される分野のひとつとなります。

一般的な営業職は食品業界への転職でも、農学部での知識を活かすことは十分可能なので、しっかり勉強しただけ恩恵があるといえるでしょう。

知識を活かしてこれから先の新たな商品を生み出すこともできるので、農学部での知識を経験を十分に発揮できる就職先を探せることを願っています。

 - 職種に関するお悩み