仕事のお悩み解決所

年収1000万の職業とは?理系で稼げる仕事に就くための方法

2017.10.22

年収1000万というのは働く人にとって憧れる年収でもありますが、なかなか年収を4桁に乗せることは難しいものです。

職業別に見ても理系の職業で年収1000万を超える仕事はいくつかありますが、どの仕事も専門性が高いので就くのも大変な仕事といえます。

そこで年収1000万の理系の職業について紹介したいと思います。


理系の年収1000万の職業は商社系の仕事が多い

理系で年収1000万の職業としては商社系の仕事は多いですが、30代以上になると大幅に年収を上げることができるようです。

商社系の仕事は大手になると平均年収が1000万を超えるので、かなりの年収といえます。

これだけ高い年収の要因としてはグローバルに仕事ができることと、メーカーなどの中間的な役割をになっていることで、多くのニーズがあることが挙げられます。

経営規模も大きいので取引額も大きくなりやすく、若手でも大きな契約を任されることが多くなります。

多くの場合は能力主義なので商社に入社して実績を残せば、30代で年収1000万を超えることは珍しくありません。

商社へ入社する人の多くは大卒で入りますが、高卒や短大に比べると圧倒的に大卒の方が年収も高くなりやすいといえます。

理系で年収1000万を目指すのであれば、商社はやりがいのある仕事といえます。

年収1000万の職業として理系では医師が手堅い職業のひとつ

医師の年収は1000万を超えることは多くの人が予想できますが、それだけ難しい職業といえます。

理系といっても医師の仕事は特別で、医療系の学校を卒業してから研修医として働いても、年収自体が低くなっています。

学校に通い続けるだけで年間かなりの出費になりますが、多くの場合は6年は通い続けるので、比較的裕福な家庭でなければ難しいでしょう。

また学校を卒業してから研修医として働いても、年収は300万程度の場合が多いです。

そのためいきなり医師となって稼げるかといえば、実力がなければ難しいといえます。

30代になるとある程度の仕事ができるようになるので、そこから大きく年収もアップしていきます。

30代後半から40代になると年収1000万を超える医師も多くなりますし、独立して開業医となればさらに年収はアップさせることができます。

理系で年収1000万の職業は外資系企業が多い

理系の職業の中でも外資系の仕事に就けば、年収1000万を超えることは珍しくありません。

外資系の仕事としては株などの投資会社や保険業界など、大手の企業が日本に進出をしています。

そのため日本で外資系の会社に入社することができれば、それだけで大手の会社に勤められるので、年収もアップしやすいのです。

外資系となれば英語を話すことは必須ですが、文系でなくても英語は常識となりつつあるので、話せて当たり前となっています。

日本でも多くの会社がグローバル化に伴い、英語を公用語としている会社も出てきているので、英語を話すことが目的ではなく、会話の手段としてのスタートラインとして考えましょう。

外資系の会社は実力主義なので、実力がなければすぐに解雇されることも多いです。

そのため能力がある人ほど多く稼げるので、年収1000万は比較的珍しいことではありません。

教育関係の仕事も年収1000万を超えることもある

教育関係でも理系の職業は年収1000万を超えることが多くなりますが、40代以上になれば安定した収入をえることができます。

理系では大学教授などが高給取りとなりますが、歯科大学の教授になれば1000万は軽く超えます。

教育関係の仕事は文系に近い職業が多いですが、公務員になれば多くの人が年功序列によって給料がアップしていきます。

理系の教師になれば安定した収入を得ることができるので、年収もいずれは1000万を超えることは予想できます。

塾の講師によっては年収1000万も夢ではなく、大手になるほど給料が高くなります。

塾の講師は生徒の結果が年収に大きく関係するので、次年度の生徒数にも大きく影響することから、実力がなければやはり年収をアップさせることは難しいでしょう。

年収1000万を超えるには個々に高い能力が求められるので、結果を出すことで1000万の年収が見えてきます。

年収1000万の職業は専門性のある仕事が多い

年収1000万の職業はある程度限られた専門職が多いので、誰でもなれる仕事ではありません。

理系の仕事でも職業によっては1000万を超える職業がありますが、就くまでには相当な努力が必要となります。

大手の会社に勤めることが条件となることが多いので、厳しい就活を勝ち抜かなければなりませんし、実力がなければ仕事を続けることも難しいでしょう。

専門性のある仕事はスキルを磨くことはもちろんですが、長年やり続けることが大変です。

そのため30代後半から40代にかけて年収がアップする人が多く、その年代でようやく1000万の大台になることが多いようです。

年収1000万を超えるのは人口の5%しかいないので、かなり厳しい数値といえます。

そのためできるだけ大手に就職するか、専門性の高い職業に就くことが、年収1000万を超えるために必要な条件といえます。

 - 職種に関するお悩み