仕事のお悩み解決所

就活で資格や免許を持っていると嘘をついた時のリスクを解説

2017.10.22

就活では少しでも自分の心象を良くしようと思うあまり、免許がないのにあると嘘をついてしまうこともあるかもしれません。

仕事によっては車の運転が必須となる場合もあるので、免許がないのにあると嘘をつけば仕事にも大きな影響を与えてしまうことになります。

そこで就活で免許があると嘘をつくことのリスクについて紹介します。


就活で免許を持っていると嘘をつくとそのまま業務に支障が出る

就活では自分を良く見せようとするあまり、免許があると嘘をついてしまうこともあります。

自分では免許は必要になれば取得すればいいと思っているかもしれませんが、仕事によってはすぐに必要となる場合もあるので注意が必要です。

会社の採用基準が免許があることが必須となっていれば、免許がないのに嘘をついてしまうと、業務にそのまま影響を与えてしまいます。

採用されてから慌てて免許を取りに行っても、自分が思っているよりも時間が掛かるので、会社に嘘がバレてしまうでしょう。

社会人として嘘をついて自分を良く見せようとするのは、バレた時のリスクを考えると非常に安易な考えといえます。

嘘がバレたら謝ればいいという考えれば、会社からの評価も下がりますし、信用できない人材だとしてチェックされるでしょう。

就活で嘘をつくことは後で大きなトラブルに発展するのことも多いので、見栄を張らずに誠意を持って就活に臨みましょう。

免許を持っていると嘘をつけば就活を舐めていると判断される

就活性にとってはどんなことをしてでも会社に入社したいと思うかもしれませんが、会社とすれば嘘をつくような人材は採用したくありません。

結局は嘘をついても採用されれば勝ちだと思われていれば、就活を舐めていると判断されるでしょう。

免許があるかを聞いただけなのに嘘をついてあると答えれば、他の質問に対しても虚偽の可能性が考えられます。

嘘をついてでも入社したいという意気込みは分かりますが、偽りの答えによって採用されても、後で解雇されてしまっては意味がありません。

運よく嘘がバレても採用してくれたとしても、入社した時には裾をついた人物だとして、会社中の人から冷たい視線を浴びることになります。

自分にとっては免許がないのにあると嘘をついただけかもしれませんが、ほんの少しの嘘はその人の人間性を表してしまいます。

自分の評価を下げて入社したところで、その会社に自分の未来はないので、就活での嘘はやめた方がいいでしょう。

就活で免許があると嘘をつけば入社後にトラブルになる恐れもある

就活で免許があると嘘をついて採用されてしまった時に、採用後に嘘がバレると大きなトラブルに発展することもあります。

一番の問題は仕事で車を運転するのであれば、免許がなければ仕事をすることができません。

車の免許は普通に取りに行けば約30万弱のお金がかかるので、必要性を感じないと免許を取りに行かない人も多いでしょう。

しかし会社としては採用基準に免許必須となっていれば、嘘をついて入社したところで、仕事ができないので困ってしまいます。

採用後に免許を取りに行っても、取得するまでには時間が掛かりますし、初心者運転では仕事どころではないので、事故らないか常に心配する方が先になってしまいます。

就活は自分の仕事を決める大切なものなので、嘘をついて採用されると免許がないことが大きなトラブルになることもあるので、嘘をつくことは大きなリスクしかありません。

仕事によっては免許が必要不可欠なので解雇の可能性もある

仕事で運転をしなければいけない状況であれば、免許があると嘘をついたことによって仕事ができなくなってしまいます。

そのためいくら採用されても免許がないことを理由に解雇されることもあるので、自分にとっても無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

会社には採用前にしっかりと免許があるか確認していますし、採用後には本人の言葉を信じて免許証の提出を求めるはずです。

そこで免許がないと嘘がバレてしまいますが、もしも免許が必要ない会社であれば、嘘をついたまま採用されることになります。

会社が免許があるか聞くのはいずれ仕事で必要になるので、確認の意味を込めて聞いています。

嘘をつけば虚偽表示となりますし、免許がることが採用基準のひとつであれば、いつでも解雇することができます。

結局は嘘をついて採用されても自分自身が困るだけなので、嘘をつかずに正直に免許はないと答えた方がトラブルもなくなります。

嘘をついて採用されても信頼されなくなるのでリスクは大きい

就活では何としても採用されたいので、免許がないのにあると答えて嘘をついてしまうこともあるかもしれません。

もしも嘘をついて採用されると、その後はずっと嘘をついて採用されたという事実だけが残ってしまいます。

入社した瞬間から周りの人に虚偽表示をして入社した人材だと思われますし、仕事をしても嘘をつく人間は信頼されないので、評価も低いままでしょう。

就活で免許がないのにあると嘘をついたばかりに、後で嘘がバレることによって今後の会社での立場が決まってしまいます。

嘘をつくような人材は会社では信頼されないので、ずっと低い評価のまま働き続けることになるでしょう。

結局は自分が居づらくなって辞めるまで、会社の評価は虚偽表示をして入社した人材というレッテルが貼られるので、嘘をついてまで入社しようと思わないことが無難です。

 - 入社・面接に関するお悩み