仕事のお悩み解決所

パン屋のバイトはきつい!働く前に知っておくべきことはコレ!

2017.10.22

子供の頃になりたい職業としてパン屋は人気ですが、実際にパン屋でバイトをしてみるとかなりきつい仕事だということが分かります。

パン屋は朝早くからパン作りをしますが、常にパンを作り続けなければいけないので、ずっと集中しなければなりません。

そんなパン屋でのバイトを希望する人が働く前に知っておいた方がいいことを紹介します。


パン屋のバイトは朝が早いのできつい

パン屋でのバイトできついのは、朝が早いことが挙げられます。

パン屋さんの仕事は朝早いのは誰もがイメージできることですが、実際に働いてみると夜中のうちからパン作りはスタートします。

社員の人は夜中からパン作りをスタートさせますが、バイトは朝6時からの出勤が多いようです。

お店によっても違いますが、朝の開店時間によって出勤時間が変わってきます。

夏場に関しては朝早くてもすぐに仕事ができますが、冬になると通勤するだけでかなりきついと感じるでしょう。

開店前に出勤してから準備をしますが、冬場は特に体がすぐに動かないので時間もかかってしまいます。

パン工房は冬でも暖かいですが、お店の中はあまり暖房を入れすぎることができないので、朝は特に寒いのでつらいです。

パン屋のバイトで朝早いのは覚悟していても、6時出勤でも朝4時頃起きなければいけないので、辛いと感じることも多いでしょう。

パン屋のバイトは意外と力がいる仕事が多いのできついと感じる

パン作りはかなり重労働だということを知らない人も多いので、パン屋でバイトをしてからきついと感じる人も多いです。

パンの生地は機械で作ることが多くなりましたが、材料を運んだり調整をするのはもちろん大変な重労働です。

特に工房は狭いので無理な態勢で物を運んだりするので、体への負担も多くなります。

工房での作業は男女共にいますが、重い荷物はやはり男性が運んだ方が早いのでかなりの負担となります。

常にパンは作り続けなければいけないので、材料を運ぶことだけでも重労働と感じるでしょう。

パン生地からパンを作る作業でも、生地をこねながら作業をするので、意外と腰に負担がかかってしまいます。

パン屋さんは女性が多いイメージなので楽に思えますが、意外と重労働な作業も多いので、働いてみてからきついと感じることも多いといえます。

パン屋のバイトは時間との勝負なのできつい時も多い

パン屋では何十種類ものパンを取り扱っていますが、それぞれが適切な温度で焼かなければなりません。

そのためバイトでもきっちりとマニュアル通りに作らなければならないので、少しでも失敗すると売り物にならないのはきつい仕事です。

バイトだからという理由が通用しないので、自分が担当するパン作りに関しては、プロ意識を持って作らなければなりません。

パンは生地を作ってから焼き上がる温度まできっちりと管理しているので、少しの作業の遅れがすべてを台無しにしてしまいます。

パン屋でバイトをするにはパンに対するこだわりや興味がなければできないので、パンに対して興味がない人はバイトをすることは難しいでしょう。

それほどバイトでもパン作りに必死にならなければならないので、お店の商品としてパンを提供するためには、必死でパン作りをしなければなりません。

工房で毎日同じ流れ作業をするのはきつい

パン屋でのバイトできついのは、毎日狭い工房での流れ作業的なパン作りに飽きてしまうことです。

パン作りをしたくてバイトを始める人は多いですが、初めの方は自分でパンが作れるので楽しく仕事ができます。

しかしそのうちパンが焼きあがる臭いを嗅ぐのも嫌になるほど、同じ作業の繰り返しになります。

これがパン屋の仕事なのですが、バイトで興味本位で始めた人にとっては、毎日同じパンばかりを作っているのに飽きることもあります。

お店によっては何十種類ものパンがありますが、自分が担当するパン作りをするため、決まったパンばかりを作ります。

パンを作り時には力もいりますし、工房は狭くて暑い場所なので、集中力も切れやすくなります。

働いている人はパン作りの情熱を傾けている人が多いので、バイトだからという甘えがあると厳しく指導されるので、飽き性の人にはきつい仕事に思えるでしょう。

パン作りは大変な作業が多いからこそ美味しいパンが作れる

パン屋でのバイトを希望する人の多くは、自分でパン作りがしたいという人が多いので、興味を持って働いている人ばかりです。

そのためパン作りではきつい仕事が多くても、情熱を持って仕事をしている人ばかりといえます。

パン作りに関してはひとつのパンを作るのに多くの作業工程があるので、複数のパンを作るだけでも大変です。

自分が担当するパンをひたすら同じ食感と見た目で作らなければいけないので、相当なスキルが必要になります。

パン作りはずっと立ち仕事で体力勝負ですし、高い集中力が必要不可欠なので、バイトでも高いスキルが求められます。

朝早くに出勤してから作業をするなど、きついこともたくさんありますが、だからこそ美味しいパンが作れるのです。

パン屋でバイトをするならコスパや時給で考えるのではなく、パン作りが好きな人でなければ続けるのは難しいでしょう。

 - 職種に関するお悩み