仕事のお悩み解決所

履歴書のハンコが斜めになると不採用になる可能性がある理由!

2017.10.22

履歴書のハンコを斜めに押すと不採用になる可能性があると言われることもありますが、実際には会社によって対応は様々だと言われます。

就活ではいろいろなことにナーバスになりますが、少しでも心象を良くするためにハンコの押し方まで気を遣った方がいいのは確かです。

そこで履歴書のハンコが斜めになると不採用になる可能性がある理由について紹介します。


ハンコが斜めのまま履歴書を提出する人は常識がないと思われる

履歴書のハンコを斜めに押したまま提出する人は、常識がないと思われてしまう可能性が高いです。

理由とすればハンコは真っすぐ押すことが基本なので、斜めにハンコを押すことは適当にハンコを押していると思われてしまうからです。

社会人にとってハンコの重要性はとても大切なもので、重要書類には必ずハンコを押します。

重要なハンコを押す時にはしっかりと向きを確認するために、ひと呼吸を置いてからハンコを押す流れになります。

それほど社会人にとってハンコは重要なものなので、履歴書に適当にハンコを押すような人は、社会人としてハンコの重要性を知らない人物だと思われてしまいます。

社会人として初めて就活に挑む人でも、ハンコの重要性を知っていることは基本となるので、適当に押されたハンコに対しては評価が下がってしまいます。

しっかりと気持ちを込めて真っすぐに押したハンコは気持ちがいいので、常識人としてハンコを真っすぐ押すように意識しましょう。

履歴書のハンコを斜めに押す人は適当な性格だと思われやすい

履歴書にハンコを斜めに押す人は、適当な性格だと思われやすいので注意しましょう。

就活をする時に履歴書は自分のアピールポイントが書いてある重要なものなので、かなり重要視されるものです。

その履歴書に対して自分がハンコを押す時に、適当に押して斜めになってしまえば、履歴書を重要視していない人だと思われてしまうでしょう。

社会人として重要な書類にハンコを押すことがこれから出てきますが、しっかりと考えてからハンコは押すべきです。

適当にあまり考えずにハンコを押してしまえば、心の乱れと同じようにハンコが斜めになってしまうことが多いでしょう。

本当にハンコを押して大丈夫か必死で考えることによって、最後まで集中していれば、自然とハンコは真っすぐに押されるはずです。

ハンコを押すことを適当に考えている人は、面接でも軽視されやすいので、結果として不採用になる可能性が高くなるのです。

履歴書のハンコが斜めの人よりも真っすぐな方が気遣いが見える

履歴書はその人の今までの経歴が書かれていますが、自分の経歴を人に見せるため気遣いをすることが求められます。

字を綺麗に描いたり見やすく書くことも必要ですが、ハンコを真っすぐ押すことも見栄えを良くするための気遣いといえます。

自分の経歴は分かっていますが、人に見せる文章に対して気遣いができることは重要なことです。

社会人として仕事をする時に人に対して気遣いができる人は、長く重宝されやすいでしょう。

気遣いができない人は誰かに教えてもらってできることではないので、自分で努力して気遣いができる人にならなければなりません。

ハンコが斜めの人よりも真っすぐに押された方が気持ちがいいので、人がどう思うかしっかりと気遣いができる人だと判断されるでしょう。

気遣いができる人は重宝されやすいので、就活の時も採用されやすいといえるかもしれません。

履歴書のハンコが斜めでも直接的に不採用にすることはない

就活の時は細かい部分まで気を配る必要がありますが、そのひとつにハンコの押し方も注意するべきです。

履歴書のハンコが斜めに押されたことによって、直接的に不採用になることはないでしょう。

ハンコが斜めに押されているからすぐに不採用にする会社は、よほど細かい会社か、倍率が高い会社の可能性が高いです。

しかし実際にはハンコが斜めに押されていることで不採用にするのではなく、経歴やそのほかの項目ないようによって不採用になります。

ハンコが斜めに押されていることによって悪い印象を与えることがありますが、実際の面接で良い印象を与えれば問題ないともいえます。

しかしまったく同じような能力や経歴の人と採用枠を争うことになれば、ハンコをしっかり真っすぐ押してある人の方を採用するかもしれません。

採用基準は会社によって違いますが、ハンコが斜めに押されていても直接的に不採用にするのではなく、採用を争う人がいれば不利になる程度と考えた方がいいでしょう。

ハンコの押し方にも気遣いができる人を採用したいと思う

会社としてはできるだけ優秀な人材を採用したいと考えるので、少しでも気遣いができたり脳力が高い人材を確保しようとしています。

そのため履歴書のハンコが斜めに押されているからといって、能力が高ければ採用することもあるので、直接的な不採用の原因とはならないことが多いです。

しかし履歴書は重要な書類のひとつでもあるので、しっかりと意識してハンコを押すことは社会人としての常識として受け止められることが多いです。

ハンコを真っすぐ押す押した方が気持ちがいいですし、相手に渡す書類なので気遣いができる人という印象を与えるでしょう。

就活では好印象を与えることが大切なので、ハンコの押し方ひとつでも気遣いができる人を採用したいと思うのは当然です。

ハンコの押し方ができないような人よりも、しっかりとハンコを押すことができる人を採用したいのは会社として当然なので、ハンコを真っすぐ押すことを心掛けることは必要です。

 - 入社・面接に関するお悩み