仕事のお悩み解決所

就活で免許を持ってないことのリスクと対処法

2017.10.22

就活では免許を持ってないことがハンデとなることもあれば、あまり採用には関係のない会社もあります。

仕事で車の免許を必要とするのであれば免許は必須ですが、免許を持ってないことは特別不利になることはないと考えていいので、まずは免許が必要か確認することが大切です。

そこで就活で免許を持ってないことのリスクと対処法について紹介いたします。


就活で免許を持ってないことは業種によってはハンデとなる

就活で免許を持ってないことが採用に大きく影響するのは、仕事で車を運転することがある業種です。

特に営業の仕事になると自分では必要ないと思っていても、実際には毎日運転することになるので、採用には免許は必要となります。

自分が思っている仕事内容とは違うことは多々あるので、必要ないと思っていても実際には運転する機会があるかもしれません。

車を運転するまでにはしっかりと教習所に通わなければなりませんし、試験に合格しなければならないので、自分が思っているよりも時間が掛かることも多いです。

金額も30万円近く掛かるので、車の運転に必要性を感じていない人にとっては、免許を取りに行くことすらないでしょう。

もしも就活で免許を持ってないことがハンデとなるのであれば、就活をきっかけにして取得してもいいかもしれません。

しかし採用時に免許が必要となる会社もあるので、事前に調べておくことも必要です。

免許を持ってないこと自体は就活ではあまり気にしなくてよい

昔に比べて若者の車離れが問題となっていますが、車に乗ること自体に必要性を感じない人は増えています。

就活で免許を持ってないと伝えても、採用には大きな影響を与えないことも多いのは事実です。

実際に車の運転が必要な仕事であっても、採用してから免許を取りに行ってもらえればいいという会社もあります。

それだけ車の運転に対して必要性を感じていない人が多いので、免許がないことが直接大きなリスクとなることは考えなくてもいいでしょう。

もちろん免許があることでメリットとなる場合もありますが、できれば免許があればいいというくらいなんで、業種によっては必要ない仕事も多々あります。

就活の時には免許がないことはそれほど大きなハンデとならないので、自信を持って免許がないことを伝えても大丈夫です。

もし採用してもらえるのであれば、すぐにでも免許を取りに行く姿勢を見せれば良い印象を与えることができるでしょう。

就活で免許を持ってないのにあると答えると大きなリスクとなる

就活では面接官からいろいろな質問をされますが、できるだけ自分を良く見せようとして嘘をついてしまうこともあるかもしれません。

そのひとつに車の免許を持ってないのに持っていると嘘をつくことで、採用後に大きなトラブルに発展する恐れもあるので注意しましょう。

車の免許は誰でも簡単に取得できると思っているかもしれませんが、取得するまでにはしっかりと勉強しなければなりません。

車の運転は命に関わることにもなるので、安易に持っていると嘘をつくのはやめましょう。

仕事で運転する機会があれば、免許があることが必然的な採用条件となります。

採用後に嘘がバレてしまうと解雇の可能性もありますし、自分にとっては大きなリスクしかありません。

嘘がバレることで自分の信頼も失ってしまうので、会社で働き続けることも難しくなる可能性も高いです。

結局はちょっとした嘘でも自分にとっては大きなリスクになってしまうので、就活では免許がないのにあると嘘をつくのはやめましょう。

免許がないことを指摘されたらすぐに取得する意思を見せる

就活で面接官から免許を持ってないことを指摘された時は、すぐにでも免許を取得しに行く姿勢を見せましょう。

若い世代の車離れが社会問題となっていますが、免許がないのは珍しくありません。

そのため仕事で運転しなければならなくても、採用後に免許を取りに行けばいい会社もあるので、免許があると嘘をつくのはやめましょう。

採用後に免許を取得しに行く会社では、運転するまでに新人教育を徹底して行い、免許を取得してからすぐに業務に入る流れになっています。

会社とすれば始めから免許がある人を採用したいですが、あくまでも免許は採用基準のひとつなので、採用の大きな決め手とはなりません。

採用するには本人のやる気や姿勢を見て判断するので、免許がないことを指摘された時には、免許をすぐに取りに行くというやる気を見せましょう。

免許がないことを就活の時にメリットに変えることができるので、仕事に対するやる気を見せることができます。

車の運転が必要ならばすぐに取得する意思を示すことが大事

就活する時には免許を持ってないことは大きなハンデとはなりませんが、仕事をする上で必要ならば免許があった方が有利にはなります。

しかし多くの人は免許は必要だから習得していますが、就活生にとっては必要性がなければ取得をしていないことも多いです。

就活性にとって免許取得までの期間や金額を考えると、本当に必要だという人以外は持っていなくても不思議ではありません。

仕事で車の運転が必要ならば免許の取得は必須ですが、就活時点でなければメリットに変えればいいのです。

免許がないので採用されるのであればすぐにでも免許を取りに行くと前向きな姿勢を見せれば、面接官にも良い印象を与えることができるでしょう。

就活では免許はあくまでも採用基準のひとつでしかないので、免許がないことは大きなハンデとはなりません。

免許が必要ならばすぐにでも取得する意思を見せる方が、就活では良い印象を与えることができるかもしれません。

 - 入社・面接に関するお悩み