仕事のお悩み解決所

欠勤する理由が子供の病気の場合の対応策とポイント

2017.10.26

子供が小さい時は病気になると仕事を欠勤しなければいけない時もあるので、休みの連絡をするのが非常に心苦しいです。

子供の病気が理由で欠勤したとしても、当日欠勤は周りの人に迷惑が掛かりますし、良く思われないので働きにくくもなってしまいます。

そこで子供の病気が理由で会社を欠勤する時に考えておくべきことについて紹介します。


子供の病気で欠勤する時は理由をはっきり伝えることは大切

子供の病気が理由で会社を欠勤しなければいけない時には、会社に連絡するのは心苦しいかもしれません。

どんな理由であれ当日欠勤は会社の人に迷惑を掛けてしまうので、自分が休むことによって周りの人に迷惑が掛かるのが分かっているからです。

しかし欠勤するのであればできるだけ早く会社に伝えることが大切ですし、欠勤理由もはっきりと子供の病気だと伝えましょう。

確かに会社にとっては当日欠勤をすればどんな理由であれみんなに迷惑が掛かりますが、子供がいることを承知で会社も雇っています。

一緒に働く人の中にも子供がいる人もいますし、上司も理解してくれる人であれば、仕方ない理由だと納得してくれるでしょう。

会社にとって当日欠勤は迷惑が掛かることですが、一人くらいいなくても全員で何とかカバーすることができます。

そのため仕方ない理由で休むのではっきりと伝えて、病気が治ったら迷惑を掛けた分だけ頑張れば大丈夫です。

子供が理由で欠勤が多くなれば評価が下がるのは当然

子供の病気によって会社を欠勤することは、誰もが仕方のない理由として受け入れてくれるでしょう。

子供がいる人にとっては誰もが経験することですし、理解してくれるので心の支えにもなってくれるかもしれません。

しかし理解してくれることと自分の評価とはまったく違うので、会社の評価とすればどんどん下がっていくのは仕方ありません。

会社側も子供がいるのを承知で雇っていますし、子供が小さければ病気になることも分かっているので、休むのも想定内です。

しかし人によっては自分が休まなくても他の誰かに看病してもらうなど、できるだけ休まないように対応している人もいます。

理由としてはやはり会社からの評価が下がるは嫌ですし、休んだ分だけ収入が減るからです。

子供の病気ばかりは仕方のないことですが、自分の評価が下がることによって会社に居づらくなったりしますが、仕方なく受け入れるしかありません。

仕事によっては子供の病気による欠勤理由は許されないことも多い

職場環境はそれぞれ会社によって違いますが、いくら子供の病気が理由とはいえ欠勤することを許さない職場や仕事もあります。

小さい会社ほど人数が少ないので、一人でも休まれると業務に支障が出てしまうことも考えられます。

社会人になれば欠勤はどれだけ迷惑を掛けるか分かっているので、なるべく休まない方法を考えることが大切です。

会社としてもいくら子供の病気が理由で仕方ないとはいえ、何度も休まれるようであれば働かせることができない状況にもなります。

働くには最低条件でもある仕事に出ることができないのであれば、いつ解雇されても仕方ないといえます。

職場環境によってはどんな理由であれ欠勤が許されないこともあるので、親や旦那に何とかしてもらえないか相談することも必要です。

評価が下がれば職場で居づらくなる環境に追い込まれてしまう

職場によってはギリギリの人数で仕事をしていることも多いので、一人でも欠勤すれば仕事に大きな影響を与えてしまいます。

そのため子供の病気が理由で欠勤した時には、休むことは理解できてもストレスは溜まっていく一方です。

本人も休みたくて休んでいる訳ではないのは重々承知していますが、欠勤する理由は何であれ仕事が増えることに苛立ちを覚えます。

そのため会社だけでなく同僚からの評価も下がってしまうので、一緒に働きにくい状況に追い込まれてしまうでしょう。

欠勤するほど同僚との関係性も悪くなっていくので、居づらい環境を作られてしまいます。

欠勤明けに出社した時の雰囲気も微妙な空気となるので、そのまま働きにくくなってしまい、いずれは辞めてしまうことも多いです。

正当な理由で休んでも働く人にとっては関係ないので、休むほど自分自身が追い込まれてしまいます。

職場の理解がなければ子供がいることは大きなハンデとなる

会社で働いている以上は子供がいることも理解してもらっていますが、実際には会社が理解していても働く同僚の気持ちは別にあります。

子供が病気になったことを欠勤する理由にすれば、誰でも仕方ないと思いますし、会社も了承してくれるでしょう。

しかし同僚としては欠勤理由を理解することと、自分の気持ちとは別物なので、欠勤することでストレスを感じるようになります。

一人休めばそれだけ仕事が増えて大変になりますし、自分も休みたいのに頑張って仕事をしているという思いが、ストレスとなって溜まっていきます。

結局どんな正当な理由であれ仕事を欠勤する人がいれば、その人に対しての風当たりは強くなるので、本人も覚悟しておかなければなりません。

だからこそ子供が病気になって欠勤するのは、自分でも気まずいと思ってしまうのです。

子供がいることは働く時にはハンデとなりますが、理解してくれる職場や同僚がいることが必要不可欠です。

正当な理由で休んでも理解されないことも多いですが、できるだけ誠意をもって仕事に取り組んで頑張るしかありません。

 - 退職・休職に関するお悩み