仕事のお悩み解決所

仕事で大失敗した時の挽回方法は?損害が出た時の対処法

2017.10.26

仕事をしていれば時には大失敗をしてしまうこともありますし、会社に対して大きな損害を出してしまうこともあるでしょう。

誰にでもミスはありますが失敗が大きいほど立ち直るのも大変ですし、自分の評価が下がってしまうので、挽回するのも大変です。

そこで仕事で大失敗して損害を出してしまったときに挽回する方法について紹介したいと思います。


仕事で大失敗した時の損害は会社が補填してくれる

仕事をしていれば時には自分のミスや勘違いによって、大失敗をしてしまうこともあります。

その失敗が原因で大きな損害を出してしまっても、基本的には会社が負担してくれるので、自分が損害を埋めることはありません。

しかし自分がやってしまった大失敗によって、大きな損害を出してしまえば、他の社員に対して顔向けができません。

よくあるミスとしては発注の数を間違えてしまったり、納期を忘れていて苦情がくることは想像しやすいでしょう。

発注ミスに関してはパソコンで発注することが多くなったことで、桁を間違えて発注ミスをするケースが増えています。

そのため1桁間違えただけで大損害になってしまうケースもあるので、確認することが大切です。

納期に関しては会社同士の信頼の元で仕事をしているので、絶対に納期を遅らせてはいけないことは誰もが承知をしています。

自分のミスによって損害が出ても、会社が負担をしてくれますが、その分しっかりと対処することが求められます。

仕事での大失敗は金額だけの損害ではなく信頼が失われる

仕事で大失敗することは仕方ないことですが、損害を出しても挽回することはできます。

しかし会社同士の契約や約束に関わることであれば、損害よりも信頼を失ってしまうことの方が重大な問題となります。

期日までに納品をしなければいけないのに、ミスをして納品を遅らせてしまえば、自分だけのミスではなく会社の信用問題に関わってしまいます。

相手は信頼して納品を依頼しているのに、その信頼を失ってしまえば取引をやめても仕方ありません。

取引相手はいくつもあるので、信頼できる会社と仕事をしたいというのはどの会社でも同じです。

仕事は常に信頼関係で成り立っているので、自分のミスによって会社に損害が出るよりも、相手の会社の信頼を失ってしまうことの方が重大な問題となります。

一度失ってしまった信頼を取り戻すことは容易なことではないので、誠意をもって対応するしかありません。

社内での仕事の大失敗によって社員が辞めるも損害のひとつ

仕事では大失敗をしたことによって会社に損害を与えてしまえば、誰かが責任を取らなければならない事態もあります。

部署内での失敗であれば部長が責任を取ることもありますが、若手社員が損害を出してしまった時には自ら責任を感じて辞めてしまうこともあります。

もちろん会社としてはクビにすることはできませんが、社内の雰囲気から大失敗をした人は厳しい風当たりを受けるのは仕方ありません。

損害の額によっては社員のボーナスや給料にも影響することなので、自分のミスによって損害が出てしまえば圧力に耐えられずに辞めてしまうこともあります。

会社にとって社員は宝と同じなので、人材が減ってしまうことは大きな損害といえます。

利益が減っても挽回することはできますが、減ってしまった人材は新たに確保しなければ穴を埋めることはできません。

社員を守ることも大切なことなので、利益や損害だけに目を向けずに、大失敗した社員のケアも必要です。

大失敗による損害は大きいが対処することで挽回することができる

仕事で失敗することは誰にでもありますし、仕事ができる人が過去に大失敗していたということはよく聞く話です。

会社に対して損害を出すことは避けたいものですが、ミスをしてしまうことは誰にでもあります。

できるだけミスをしないように注意しながら仕事をすることが大切ですが、ミスを恐れてばかりいては何も新しいことに挑戦することはできません。

大失敗した時には反省して、次にミスをしないように対策を考えて実行することは必要なことです。

しかしミスを恐れて何もしなくなることの方が怖いことなので、挽回するには新たなチャレンジをすることも必要不可欠です。

新たなことにチャレンジして会社に利益をもたらすことができれば、損害が出た分を挽回することができるでしょう。

仕事では時には大失敗することもありますが、失敗を恐れずチャレンジすることも必要なことです。

次に大失敗を起こさない対策と対応策を考えることが重要

仕事ではスキルアップすることによって、自分に自信を持つことができますし、周りの人からの信頼も得ることができます。

大失敗してしまうと一気に信頼を失ってしまうこともありますが、会社にとっての損害は挽回することはできます。

しかし一度失ってしまった信頼を取り戻すことは難しいことなので、相当な努力をする必要があります。

仕事では誰もがミスをすることはありますが、ミスをしないように対策を立てたり、気を配りながら仕事をすることが求められます。

ミスをしないように対策を立てることは、仕事ができる人ほどしっかりと対策を立てているので、だからこそミスをしないで仕事に集中することができるのです。

仕事で失敗してしまった時には仕方がないことなので、次に失敗しないように対策を立てるようにしましょう。

一度失敗すれば反省することができるので、ミスをしないように意識しやすくなれるはずです。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み