仕事のお悩み解決所

医者の給料が高すぎ?実際に働く医者の意識と実態とは

2017.10.26

医者の給料は誰もが高いイメージを持っていますが、高すぎると思っている人も中にはいるでしょう。

医者はそれぞれ科が違いますが、専門のエキスパートとして体のケアをしてくれるので、どの仕事も豊富な知識と経験が必要不可欠となっています。

そこで医者の給料が高すぎると思われている理由と実態について紹介したいと思います。


医者の給料が高すぎだと思うのは一般の仕事をしている人だから

医者の給料が高すぎると思ってしまう理由のひとつは、自分の仕事と比べて考えてしまうからです。

一般の人の仕事は自分たちの利益を上げるために必死で努力しますし、そのためには自分の時間を削ってでも仕事に没頭しなければなりません。

毎日必死で働いてストレスも溜まるのに、満足できない給料しかもらっていないので納得していないのでしょう。

一方医者の仕事は見える部分では診察をしたりするだけのように思われているので、楽な仕事だと思われてしまいます。

医者になるためには相当な勉強もしてきましたし、これから先もずっと勉強し続けていかなければなりません。

また命に関わる仕事なので、誰からも必要とされる仕事なので、給料も必然的に高くなっていくのです。

多くの人は医者の給料が高くても納得していますが、自分の仕事と比べてしまうと、高すぎると思ってしまうのでしょう。

医者は命を救う仕事なので給料が高すぎとは思っていない

医者の仕事は命に関わる仕事で、どの科の先生も相当な知識と経験によって健康でいられるようにアドバイスをしてくれています。

そのため誰にとっても必要不可欠な存在となり得るので、医者の給料が高くても納得しているのです。

医者の給料が高すぎると思っている人は、自分たちが見ている部分でしか判断していないのかもしれません。

見えない部分ではいろいろな病気の症状を研究して勉強したり、患者の症状に合わせて薬を出すことを考えたりしなければなりません。

症状は人それぞれ違うので、その人に合った対策をすることが医者の仕事です。

医者の判断が間違っていると健康を害する恐れや命に関わることもあるので、責任ある立場の仕事といえます。

医者としても自分たちは健康に関わる仕事に就いているので、給料が高いとは思っていませんし、相当な努力に見合った対価だと思っているはずです。

医者の仕事は科によって違うので給料が高すぎとは思わない

医者の仕事はそれぞれの科によって仕事が違いますが、それぞれの分野のエキスパートとして責任ある仕事となります。

医者としての給料は決して高すぎるとは思っていませんし、むしろ勤務医の先生としては安いと思っている人もいるでしょう。

理由としてはやはり健康や命に関わる仕事をしているので、医者は相当なスキルや知識がなければできない仕事だからです。

誰もが健康でいたいと思っていますが、いつどんな病気や怪我に悩まされるか分かりません。

また大きな病気になる前に未然に防ぐことも医者の大きな仕事のひとつなので、誰からも信頼される先生でいなければなりません。

自分が病気をした時に改めて医者の大切さや凄さを実感することができるので、健康体の人には医者の大切さはあまり理解できないのかもしれません。

医者は多くの人に必要な存在なので、決して給料は高すぎるということはないといえます。

医者として活躍できるまでは相当な努力が必要

医者として活躍するためには相当な努力と勉強が必要となるので、医者として活躍できるようになるまでは長い道のりです。

医者になるための基本ルートは、医学大学の6年制を卒業しなければなりません。

その間はずっと勉強漬けになりますし、自分以外にも多くの頭に良い人が集まっているので、落ちこぼれないように誰もが必死に勉強しています。

ようやく卒業してからは研修医として病院で経験を積みます。

この間は一般的な社会人と同じような給料なので、安い給料で働き続けることになります。

研修医から医者になる頃には30代になっているので、そこからようやく自信を持って医者として活躍することができるようになります。

しかし30代ではまだまだ未熟といえるので、常に勉強しながら仕事をするため大変な時期でもあります。

40代になればようやく医者として独立するくらいのレベルとなるので、そこから高い給料をもらうことができるようになります。

医者として活躍するまでには相当な努力と時間が掛かるので、給料が高すぎるとはいえないのかもしれません。

給料が高すぎとは思わないしむしろ安いと思う意思も多い

医者として働く形態としては、勤務医として働くか独立するかに分かれます。

勤務医として働けば自分のスキルが磨けますし、安定した給料を得ることができます。

また医者はどこに行っても重宝されるので、生涯に渡って仕事をすることができるでしょう。

しかし勤務医の意思として働いていると、開業医の意思に比べれば給料は安いといえます。

やはり独立して開業医を目指した方が収入は多くなるので、勤務医の給料は決して高すぎるとは思っていません。

開業医となるには相当なスキルや資金が必要となるので、安定性か自分の実力を試すか、どちらかを選ぶことになります。

開業医となればさらに責任が重くなりますが、収入は上手くいけば一気にアップすることができるので、給料が少なくて満足しない医者にとっては独立することも視野に入れることができます。

医者はそれぞれの科によって仕事は違いますが、健康と命を守るプロとして必要不可欠な存在なので、給料が高すぎるとはいえないでしょう。

 - 給料に関するお悩み