仕事のお悩み解決所

ネイリストの給料が安い理由と収入を上げる方法をご紹介!

2017.10.26

ネイリストは女性の憧れの職業のひとつですが、若い世代に人気がある仕事なのに給料が安いことがネックで悩んでいる人もいます。

ネイルはオシャレな女性にとっては必須アイテムのひとつですが、ネイリストは多いのでなかなか収入を上げるのは難しいといわれています。

そこでネイリストの給料が安い理由と収入を上げる方法について紹介します。


ネイリストの給料が安いのは女性の心理を知れば理解できる

ネイリストの給料が安い理由としては、女性はオシャレでネイルをしますが、できるだけ安くネイルをしたいと思っています。

お店では自分でネイルができるグッズも売られていますし、ある程度自分でやることもできます。

しかし利き腕に関してはなかなか上手くできないので、友達同士でやってもらうこともありますが、上手にできないとテンションも下がってしまうでしょう。

女性がオシャレをしたいのは当然の気持ちですが、できるだけお金を掛けないでやりたいと思っています。

少しでも安くネイルができる場所を探すので、ネイリストに入る収入も下がってしまうのです。

給料が安いのはお客さんの単価が下がってしまったことと、ネイリストが多くなってきたことにあります。

女性は少しでも気に入らなければ別の場所でネイルをしてもらうことができるので、競争の激しい業界といえます。

ネイリストは給料が安いがスキルを磨かなければ何もできない

ネイリストが給料が安いのは、自分のスキルがまだ未熟なので高い給料をもらうことができないのです。

お店で働いている時は給料としてお金を貰うことができますが、実際には自分のスキルでもらえるほど状態つはしていないでしょう。

まずは初心者相手にネイルをしたり、自分でとにかく練習しなければ、お金を取ってネイルをすることはできません。

お客さんにとってネイリストの経歴は関係なく、実際にネイルをしてもらった時に気にいるかどうかがすべてです。

いくら安くても気に入らないネイルであれば、他のお店に行ってしまいますし、逆に気に入ってくれれば高くてもオシャレのためにまた来てくれるでしょう。

女性が来店する目的はオシャレになりたいので、自分が気に入るネイルをしてくれることがすべてです。

給料が安いと嘆く前に、まずは自分のスキルを磨くことが大切です。

ネイリストは安い給料でも数をこなしてスキルアップを目指す

ネイリストとしてこれから仕事を続けていきたいのであれば、給料が安いことはあまり気にする必要はありません。

実際にお店で働いているうちはそれほど給料アップは望めないので、自分のスキルを磨くための場所だと思っていればいいでしょう。

最終的には小さくても自分がネイリストとして独立することでしか、収入アップをすることは難しいといえます。

そのため給料が安くても我慢をして、スキルを磨くために期間だと思って精進しましょう。

独立するには相当なスキルと経験が必要ですし、お客の要望に何でも応えられなければなりません。

ネイリストの仕事はお客に気に入ってもらえなければ次はないので、いかに自分のスキルを磨いてプロとしてやっていくかが重要なのです。

少しの給料アップを目指して悩むよりも、最終的には独立するという夢を追いかけて、スキルアップの期間だと思って数をこなして頑張りましょう。

収入をアップさせるにはスキルアップして自分のお客を持つ

ネイリストはそれぞれにお客さんがつくので、お客さんも自分が気に入ったネイリストを指名するようになります。

そのためベテランでも給料が安い新人でも、お客さんを持つことが重要なので、次にまた来てくれるリピーターをいかに多く作ることが大切です。

収入アップさせるための流れとしては、とにかく自分のお客さんを持つことが大切で、いずれ独立した時に来てくれるお客さんが何人いるかが重要なのです。

ネイリストの多くは将来自分のお店を持ちたいという人が多いですが、その為には自分のお客さんを見つけることが大切です。

いきなり独立しても信用できない人にネイルをしてもらうのは嫌なので、安心して通えるお店でネイルをしてもらう女性は多いでしょう。

いかにお店で働いている時に自分のお客さんを確保するかが重要なので、しっかりとお客さんを掴まえるためにスキルアップを目指さなければなりません。

将来的には自分のお店を持つことで収入アップが見込める

ネイリストが収入をアップさせるには、最終的には自分のお店を開くことが目標となります。

お店で働いている時はどうしても給料が安いまま働き続けなければなりませんが、お店の期間は自分のスキルアップの期間だと思えば頑張ることができます。

またいきなり独立してもお客さんは来てくれないので、ある程度お店で自分のお客さんを確保することによって、独立した時に自分のお店に来てくれることができます。

自分でお店を開くのは一人で開くこともできるので、自宅の一室を使ってでもお店を開くことはできます。

そのためには相当なスキルがなければ独立できないので、自分で自信を持ってやっていけるくらいの実力は必要不可欠です。

将来的には独立してお店を開くことで収入アップが見込めますが、それまでは給料をもらいながらスキルアップを目指して、夢のために頑張りましょう。

 - 給料に関するお悩み