仕事のお悩み解決所

航空自衛隊のパイロットの大変?気になる給料となり方を解説

2017.10.26

航空自衛隊のパイロットは厳しい訓練といくつもの試験を合格しなければなることができないので、大変な仕事といえます。

自衛隊の仕事はすべてが大変ですが、航空自衛隊のパイロットになればどれくらいの給料をもらうことができるのかは気になります。

そこで気になる航空自衛隊のパイロットの給料事情について紹介したいと思います。


航空自衛隊のパイロットの給料は学歴によって変わる

航空自衛隊のパイロットの給料については、まずは学歴によって変わってきます。

自衛隊になるには訓練学校を卒業するなど、厳しい訓練を受けて合格しなければ自衛隊員にはなることができません。

航空自衛隊のパイロットはさらにパイロットになる試験を受けなければならず、パイロットになるためにはかなり厳しい訓練と試験をクリアすることが条件となります。

給料に関しては自衛隊員となりますが、パイロットということで一般的な給料よりも多くもらうことができます。

しかし基本的には自衛隊は勤続年数にや階級によって給料額も違いますし、学歴によっても収入に差があります。

高卒と防衛大学卒では、防衛大学の方が給料は高くなります。

同じ年代で比べると約100万円から200万円程度の差があるので、防衛大学を卒業した方が給料額は多くなる傾向にあります。

航空自衛隊のパイロットの給料は年齢や階級によって違う

航空自衛隊のパイロットの給料は学歴によっても変わりますが、その後は年齢や階級によっても大きく変わっていきます。

まず高卒と防衛大卒では、防衛大卒の方が年収が多くなります。

25歳で同じ3層で比べると、高卒の場合は490万で防衛大卒は570万程度となります。

35歳の時点で2層であれば高卒は約690万円となり、防衛大卒では3佐で900万となります。

防衛大卒の方が早く昇進しやすいため、年収も上がりやすくなります。

曹長になるには高卒の場合だと50歳がメドとなり、年収も900万円が目安となります。

一方防衛大卒になると40歳で曹長となることができ、年収も約1050万円となるので、防衛大卒の方が階級も年収も優遇されているといえます。

航空自衛隊のパイロットになるには厳しい訓練が必要不可欠ですが、防衛大卒の方が優遇されているので、学歴を考えてから入隊することをおすすめします。

航空自衛隊のパイロットの給料は民間に比べると安いといえる

一般的にはパイロットは年収が高いイメージがありますが、航空自衛隊パイロットの場合には民間に比べると年収は低いといえるかもしれません。

パイロットでは40代が年収が一番高くなりやすいといわれているので、50代や60代でもほぼ横ばいの年収となります。

一般では機長になると年収がグッと上がるため、40代で機長になることで年収が多くなるのです。

大手の航空会社では機長になると年収1000万を超えることは当たり前で、平均すると1200万円はもらっています。

一方自衛隊のパイロットは40代では階級にもよりますが、ようやく1000万円に届くかもしれない年収となります。

パイロットとしての役割や仕事内容は違いますが、パイロットは高給取りというイメージからすると、自衛隊のパイロットは少し低いといえます。

常に命の危険にさらされることになるので、航空自衛隊のパイロットは危険な仕事の割には年収は安いといえるかもしれません。

健康管理ができなければ航空自衛隊のパイロットにはなれない

航空自衛隊のパイロットになるには自衛隊員として厳しい訓練を受けることと同時に、パイロットとしての適性がなければなりません。

そのため一般的な給料よりも高くもらうことができますが、ずっとパイロットとして活躍できるかは不安定といえます。

自衛隊のパイロットとしての仕事は過酷な任務もあるので、健康管理をしっかりすることは大切です。

日々厳しい訓練を受けながら万が一の事態に備えなければいけませんし、一度出動となれば命に関わる任務となります。

そのため常に万全な体調にしておくことや体を鍛えることが求められるので、いつまでも一線で活躍できる保証はありません。

自衛隊のパイロットとして仕事ができなくなれば内勤に移動になったり、違う部隊へ配属される可能性もあります。

健康管理は自邸隊員にとって重要なことなので、自衛隊のパイロットとしての健康管理も非常に重要です。

航空自衛隊のパイロットになるには様々な条件が必要

航空自衛隊のパイロットになるためには、非常に様々な試験や訓練を受ける必要があります。

給料に関しては比較的高いことが予想されますが、民間に比べると低いといえるかもしれません。

しかし自衛隊のパイロットではヘリコプターの操縦以外にも、戦闘機を操縦することができる可能性もあります。

日本の戦闘機は約200機程度となっていますが、数は時期や時代によって変わっていきます。

しかい限られたパイロットしか操縦することはできませんし、日本の国を守る重要な役割を担うことになります。

非常に重要度の高い仕事な上に、過酷な訓練と重大な責任が圧し掛かるので、やりがいのある仕事といえるでしょう。

パイロットは戦闘行為をすることはできませんが、スクランブル発進をするなど、様々な仕事を日々行っています。

自衛隊のパイロットになるための条件も様々ありますが、日本の国の安全を守る仕事として、やりがいを持ってできる仕事のひとつです。

 - 給料に関するお悩み