仕事のお悩み解決所

試用期間で辞めたい!パートを辞める時に気をつけることとは

2017.10.26

試用期間中にパートを辞めたいと思った時には、働いたばかりなので辞めたいと言いづらいですが、早めに伝えることが大切です。

職場環境がどんなに良くても自分に合わないと感じることもあるので、働いたばかりでも辞めることは仕方ないことです。

そこで試用期間中にパートを辞めたいと思った時に気をつけることを紹介します。


試用期間でパートを辞めたい時は通常通り早めに申告する

試用期間中にパートを辞めたいと思った時には、できるだけ早く自分の意思を上司に伝えることが大切です。

試用期間とは会社が適正な人材かを判断する期間として利用するか、もしくは労働者もとりあえず働いてみて判断する期間だと認識されることが多いです。

そのため試用期間が終わった段階で改めて話し合い、採用するか働きたいかを確認することが多いです。

試用期間中でも会社と働き手には労働契約が交わされているので、しっかりとした退職手続きをしなければなりません。

試用期間中でも労働者は辞める権利はあるので、期間内は辞められないということはありません。

しかし会社としてもいきなり明日辞めたいと言われれば困ってしまうので、普通の退職手続きと同じように早めに申告することが大切です。

パートという立場でも退職するにはしっかりと手続きをしなければいけないので、早めに上司に申告しましょう。

パートを辞めたい時は試用期間中でも辞めることはできる

パートの試用期間中は適性を見る期間とされることが多いですが、働き手にとっては普通に働いていている時と同じです。

そのため自分には合わない仕事だと思って辞めたいと思えば、通常通りの退職手続きをすることで辞めることができます。

しかし試用期間中は1ヶ月前や最低でも2週間前に退職する意思を伝えるのは難しいので、できるだけ早く辞める意思を伝えるようにしましょう。

後は会社に指示に従って退職手続きを取ってくれるので、指示に従って退職することができます。

パートでもしっかりと会社と雇用契約を結んでいるので、退職する時もきっちりと手続きをすることが大切です。

パートで試用期間だからいつでも簡単に辞めていいという訳には行かないので、しっかりと正規の手続きに従って退職しましょう。

試用期間内で辞められないということはないので、早めに退職について上司に相談することをおすすめします。

試用期間中にパートを辞めたい時は退職日について相談をする

試用期間中に辞めたいと思った時に、退職まで1ヶ月もの間働き続けることは難しいでしょう。

会社としても辞めたくて仕事にも慣れていないパートをずっと雇っているよりも、早く新たな人材を採用したいと思うものです。

しかしいきなり辞めたいと言っても辞められる訳ではないので、会社の指示に従うしかありません。

基本的には普通の退職手続きと同じ要領となるので、最低でも2週間前に退職する意思を伝えなければなりません。

しかしパートで試用期間中という立場なので、この先2週間働いてもあまり役立たないと思うので、会社から退職日について相談をされることが多いです。

本人とすれば即日辞めたいと思うかもしれませんが、会社にも都合があるので、会社の指示に従って退職しましょう。

ほとんどの場合には早めに退職日を決めることができるので、試用期間中の退職日に関しては相談して決めることが多いです。

試用期間中でも退職するなら通常通りの手続きを行う

試用期間中に辞めたいと思った時には、通用通りの手続きにて退職しなければなりません。

パートでも正社員でも雇用契約によって会社と契約しているので、試用期間中でも例外ではありません。

会社から試用期間中は辞められないと言われることもあるかもしれませんが、試用期間中でも辞めることは可能です。

法律上でも正規の手続きをすることによって、例え試用期間中でも辞められるので、はっきりと辞める意思を伝えましょう。

ただし会社によっては2週間前に退職手続きをすることもあれば、すぐにでも辞めて構わないと言われることもあります。

まだ戦力として役立たないパートを何日も働かせるよりは、すぐに辞めさせた方が人件費削減にもなるので、会社側から早く辞めても良いと言われることも多いです。

嫌で辞めるのですから早めに辞められるのは助かるので、会社の指示に従って退職手続きをしましょう。

試用期間で辞める時はトラブルの内容に注意する

パートとしてせっかく働き始めた仕事なのに、試用期間で辞めたいと思うことはよくあります。

仕事内容や職場の雰囲気が合わないことによって辞めたいと思うこともありますが、退職する時にはトラブルにならないように注意しましょう。

基本的には正規の退職手続きを取ることになりますが、会社によっては試用期間中や辞められないと言われることもあります。

その際後少しであれば働き続けるのもいいですし、逆にすぐに辞めるように指示があることもあります。

人件費削減のために辞める人材はすぐにでも辞めてもらった方がいいという考えなので、会社の方針に従った方が無難です。

パートという弱い立場ですし、試用期間で辞めるとなれば申し訳ない気持ちでいっぱいでしょう。

しかし自分には合わない仕事を続ける訳にはいかないので、できるだけスムーズに退職できるように、会社の指示に従うことをおすすめします。

 - 退職・休職に関するお悩み