仕事のお悩み解決所

社会福祉士の資格とは?仕事内容とメリットについて

2017.10.26

介護職に深い関りのある社会福祉士の資格ですが、資格を持っていることによって多くのメリットがあります。

福祉の仕事をする人が目指す資格ですが、高齢化社会になるにつれて社会福祉士の資格があればより重宝されることになるでしょう。

そこで社会福祉士に資格の内容や取得することのメリットについて紹介したいと思います。


社会福祉士の資格のメリットは安心感を与えることができる

社会福祉士資格を持っているメリットとしては、要介護者からは信頼をされやすい資格といえます。

高齢化社会になっているのに介護職の成り手が少ない中、要介護者からはできるだけ信頼できる人に介護して欲しいと思うでしょう。

社会福祉士の資格を持っていることによって、要介護者から信頼されやすいので、安心して介護を受けることができます。

社会福祉士資格を取得するまでにはしっかりとした勉強期間が必要不可欠なので、福祉に対してしっかりとした知識があることを証明する資格でもあります。

そのため要介護者にとっては社会福祉士資格がある人からの介護は、安心感があるといえます。

介護には信頼関係が必要不可欠ですが、信頼を得るにはやはり専門知識や経験が必要不可欠となります。

社会福祉士資格を取得することによって信頼関係を築きやすいメリットがあります。

社会福祉士の資格は知識と自信を証明できるのでメリットとなる

社会福祉士の資格を持つメリットは、介護の仕事をする上では知識と自信を証明する資格として役立ちます。

社会福祉士の資格は国家資格なので、かなりの難関資格ともいえます。

受験資格を得るためには福祉系の大学へ4年間通って卒業するか、福祉系の短大で2年間通ってから実務経験を2年積むことで受験資格が得られます。

社会福祉士の資格の受験資格を得るためには、きっちりとした基礎知識を学ぶことが大切なので、目的意識を持った人しか受験することができません。

基本的には4年間という長い期間の間、福祉関係の環境に置かれて生活をしなければならないので、それだけ重要な仕事に関わる資格といえます。

安易な気持ちで社会福祉士の資格を取得することはできないので、資格を持っているだけで知識を証明する資格となります。

取得するまでには時間が掛かる資格だからこそ、福祉への強い気持ちと実力を証明する資格といえます。

社会福祉士の資格のメリットは就職時には即戦力となれる事

社会福祉士の資格は取得するまでには最低でも4年間の勉強期間が必要なので、強い意志を持っていなければ資格を取ることはできません。

しかも4年間経ってようやく受験資格を得ることができるだけなので、常に勉強しておかなければ社会福祉士の資格を取得することは難しいでしょう。

そのため社会福祉士の資格を持つメリットとしては、福祉関連の仕事では即戦力として期待されるので、就職にも有利になります。

これからもどんどん高齢化社会となっていくので、福祉関連に資格を取得している人は重宝されやすいです。

しかもきっちりと福祉の勉強をして国家資格を取得している人材は、就職時にも必要とされるので、勉強期間は無駄にはなることはないでしょう。

福祉関連に仕事は定年まで働き続けることもできるので、社会福祉士の資格を取得するメリットは大きいです。

介護の仕事に就くには社会福祉士の資格は有利になる!

将来介護職の仕事に就きたいと思っている人にとって、社会福祉士の資格を取得するメリットは大きいです。

みっちりと勉強をしなければ取得することができない社会福祉士の資格は、学校で学ぶことによって専門知識もしっかり取得することができます。

受験資格を得るには最低でも2年間は学校での勉強が必要不可欠なので、働きながらでも取得を目指す人は多いです。

福祉系の短大で2年間学校に通うことで、福祉の仕事をしながら受験資格が得られるのを待つことになります。

実際に福祉の仕事をしている人が取得するために学校に行くことも多いですが、短大を卒業してから実務経験を積むために働く人もいます。

就活の時には社会福祉士の資格取得を目指しているといえば、短大での勉強を考慮して就職しやすくなることもあります。

いずれにしても社会福祉士の資格を目指す人は高い志がなければ厳しいので、資格を目指すことでも大きなメリットとなることが多いです。

社会福祉士の資格があれば関連資格も取得しやすい

社会福祉士の資格を取得することのメリットは、福祉系の仕事をする時にはかなり有利になることが多いことです。

資格を持っているだけで基礎知識を有していることの証明となりますし、関連する資格を取得する時にも有利になります。

介護福祉士は実際に要介護者に対して生活のお世話をする立場ですが、社会福祉士の資格があれば比較的簡単に取得することができます。

福祉関連に資格ではケアマネージャーの資格がありますが、社会福祉士の資格があれば受験資格を得るチャンスがあります。

ケアマネージャーは5年もの実務経験が必要となりますが、福祉系の仕事をすると決めているのであれば、取得を目指せば大いに役立ちます。

福祉の仕事は長く続けられる仕事のひとつなので、資格取得には時間が掛かりますが、取得することで大きなメリットがあるので、頑張って取得を目指してもらいたいものです。

 - 資格のお悩み