仕事のお悩み解決所

酒が飲めない営業マンの成績が上がらない理由とその対処法

2017.10.26

営業の仕事をしている人にとって、酒が飲めないと営業の成績も上がらないことが多いですが、お酒が飲めないことと関係あることも多いです。

営業マンにとってお酒の席に付き合うことは大切なことなので、まだまだお酒の席で仕事を取ることができる場合も多いです。

そこでお酒が飲めない営業マンが成績が上がらない理由と対処法について紹介します。


酒が飲めない営業マンにとって本音で話ができる機会が減る

お酒を飲むとその人の本性や本音が見えてくることも多いですが、お酒が飲めないことで相手の本音を聞く機会が減ってしまいます。

仕事の話をする時に会社に相手の会社に行って営業を掛けても、お互いの立場があるので本音で話せないことも多いです。

特に会社内ではそれぞれの立場や事情があるので、建前で話をすることも多く、一向に本題が進まないことはよくあります。

そこでお酒の席で話をすることで、ほとんど仕事の話しをしないでお酒を飲んで雑談をしているだけでも、すんなり契約が取れてしまうことはよくあります。

会社でなくお酒の席では建前がいらないので、本音で話をすることができるからです。

いきなり本題に入って言いたいことをズバッと言うことができるので、話も早くて明快です。

お酒を飲んでいると回りくどいことはめんどくさくなるので、ズバッと話が進んで契約を取ることもできるのです。

営業はお酒の席で決まることも多いのでお酒が飲めないと厳しい

営業マンにとってお酒が飲めないことは、お酒の席に行くことができないということです。

日本ではまだまだ接待やお酒の席で商談が決まることも多いので、お酒を飲んで気が大きくなった時に決断することが多いのです。

営業マンにとってお酒の席で話ができないということは、会社での堅苦しい雰囲気の中で話をしなければなりません。

お互いが会社の管板を背負いながら利益を考えながら商談していれば、決まるものもなかなか決めることは難しくなります。

商談などは会社にとっても大きなことですが、決断するにはきっかけが必要です。

そのきっかけとなるのがお酒となる場合も多いですし、相手を気に入ることで契約が決まることもあります。

気に入らない相手と契約したいとは思わないので、お酒の席で自分が気に入ってもらうことができれば、商談も成功しやすくなるのです。

お酒が飲めないのは営業マンにとっては厳しいといえるかもしれません。

酒が飲めないと営業マンとして先方に付き合う機会が減ってしまう

営業マンにとっては先方と少しでもお近づきになることによって、契約を取りやすくすることができます。

そのためには仕事以外の時間に先方に付き合うことも必要な時もありますが、大抵はお酒の席に付き合うことになるでしょう。

営業マンにとってお酒が飲めないのはかなりマイナス評価となってしまいますが、お酒の席だからこそ先方も気軽に話をしてもらうことができます。

会社の堅苦しい場所ではなく、お酒の席で話をすることで自分を気に入ってもらうことができ、相手もお酒の勢いによって契約を了承してくれる可能性も高くなります。

営業に仕事にとってはいかに自分を売り込んで契約するかが大切なので、自分が気に入られなければ契約することは難しいでしょう。

そのため先方にはお酒の席でも付き合わなければいけないので、自分がお酒が飲めない時には、他に気に入ってもらう方法を考えるしかありません。

お酒を飲まない趣味などに付き合うしかない

多くの営業マンはお酒の席に付き合うことで自分を売り込むことができますが、お酒が飲めない営業マンであれば、違う方法で売り込まなければなりません。

先方もお酒が飲めるとは限らないので、趣味に付き合うことでも自分を売り込むことはできます。

昔からビジネスシーンではよくゴルフをすることも多いですが、これは国のトップである総理大臣や大統領もゴルフをすることで親密になったケースもあります。

先方がゴルフが趣味であれば自分もゴルフを勉強して、付き合うことができるくらいに努力するしかありません。

営業マンは仕事の時間以外にどれだけ相手と一緒にいることができるかによって、自分を売り込むかが決まってくるといっても過言ではありません。

お酒が飲めないのであれば他に自分を売り込む方法として、相手と同じ趣味を覚える努力をすることも必要なことといえます。

社会人になるとお酒を飲める方が得をすることも多い

社会人になるとお酒を飲む機会も増えてきますが、お酒が飲めない人にとってはあまり関係ないと思っているかもしれません。

しかし営業の仕事であれば特にお酒を飲む機会も増えますが、理由としては自分を売り込むにはお酒を飲んだ時の方が良く思ってもらえるからです。

楽しくお酒を飲んだ時には相手に好感を持ちやすいので、そのまま仕事も良い方向に向かいやすいです。

そのため営業の仕事は会社で堅苦しく営業活動するよりも、一度お酒を飲みに行った方が契約も取れやすいことも多いのです。

営業の仕事は自分を売り込むことが大切なので、お酒の力を借りると比較的上手くいくことも多いといえます。

お酒が苦手な人でも美味しく飲めるお酒があるかもしれないので、少しでも挑戦した方が営業の仕事をする上では役立つことも多いでしょう。

無理をしてお酒を飲むこともありませんが、お酒を飲むことで得をすることも多いのは事実なので、適度にお酒に慣れておくことも必要といえます。

 - 業務に関するお悩み