仕事のお悩み解決所

志望動機は面接時に履歴書と同じように言わない方がいい理由とは

2017.10.26

面接をする時に志望動機を聞かれることがありますが、履歴書と同じように答えてしまっていいのか悩んでしまいます。

少しでも自分を良く見せたり印象に残すためには、在り来たりな面接ではダメだと思うので、どうやって答えればいいか悩んでしまいます。

そこで面接時に志望動機を履歴書と同じように言わない方がいい理由について紹介します。


面接の時の志望動機を履歴書と同じように言うと印象に残らない

面接の時には誰もが緊張したり頭が真っ白になってしまうものですが、できるだけ緊張しないためには何度も練習するしかありません。

そのため面接の時に志望動機を聞かれますが、履歴書と同じように答えてしまうこともあります。

何度も練習しているので頭の中で暗記をしているため、面接で緊張した時につい暗鬼をしたまま話してしまうのです。

面接官の印象としては暗記をしてることによって、よく面接の練習をしている努力かだと思われるかもしれません。

しかし履歴書と同じことを話してしまえば、わざわざ質問をする意味がないので、面接官の印象には残らないでしょう。

質問しなくても履歴書を読めば分かるので、あえて面接官が質問をする意味を考えなければなりません。

志望動機は自分の言葉ではっきりと伝えることが大切なので、履歴書の書いた言葉そのままに話さないように気をつけましょう。

面接時に志望動機が履歴書と同じ場合でも付け加えて話をする

面接の時に志望動機を聞かれた時には、少しでもいいので履歴書と同じではなく、何か自分の言葉を付け加えて話しましょう。

履歴書とまったく同じように話してしまうと、丸暗記をしたマニュアル回答をしているように感じます。

もちろん志望動機は自分の頭で考えて作成したものかもしれませんが、面接官は履歴書を読めば志望動機は分かります。

しかしあえて本人に志望動機を聞くのは、より詳しく志望動機について聞きたいからです。

なぜこの会社に入社をしたいのか、熱き気持ちを持っている社員を採用したいと思うのは、どの会社でも同じなはずです。

履歴書には良いことばかり書いていても、実際に本人の口からきいた時に、マニュアル回答だとガッカリしてしまいます。

志望動機はその会社に自分が入るための動機になるものなので、履歴書通りではなく自分の言葉で話すことを意識しましょう。

志望動機を履歴書と同じように話すと面接では悪い印象となる

志望動機に関しては会社側としてはとても気になる動機になるので、履歴書を見て判断するだけでなく、本人の口からききたいと思うものです。

面接では緊張してしまいますが、履歴書と同じように志望動機を話してしまうと、面接官には悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

誰もが面接で上手く対応したいと思うものですが、面接官が重視していることはそれぞれの会社では違います。

きちんとマニュアル通りに面接をするよりも、自分がなぜこの会社に入社したいのか、熱き気持ちが伝わってくる人材を採用したい会社もあるでしょう。

そのためマニュアル回答のように履歴書と同じことを話してしまうと、面接を無難に終わらせることしか考えていない人材だと判断されてしまいます。

面接では自分を売り込んでアピールすることが大切なので、マニュアル回答ではなく、自分の言葉ではっきりと気持ちを伝えることが大切なのです。

面接では自分の言葉で話すことが大切

面接では自分の言葉で話すことが大切なので、面接対策のようなマニュアル回答はあくまでも参考程度にしておきましょう。

特に面接の時に頭が真っ白になってしまうと、履歴書と同じことを志望動機として話してしまいます。

志望動機は会社側も気になる部分なので、どれだけ入社したいという気持ちが強いかを確認したいと思っています。

本人の口から出る志望動機と履歴書の言葉が同じであれば、あえて聞く必要はないですし、逆に評価が下がってしまう可能性もあります。

履歴書の言葉はあくまでも概要であって、履歴書だけでは書ききれない想いを熱く話せばいいので、履歴書と同じになることはあり得ないと考えます。

それほど入社する想いが強くないからこそ履歴書と同じ回答になると思われてしまうので、面接ではどんなに緊張していても自分の言葉で話すことが大切です。

履歴書と同じことを言えばマニュアル化されているようで悪印象

面接官としては相手を見極める時に、臨機応変に対応できたり熱い思いを持っている人材を採用したいと思うはずです。

確かに面接の時にマニュアル通りに上手く対応する力も必要ですが、自分をアピールする場で全然アピールしようとしない人は、仕事でも積極性がないと判断されてしまいます。

志望動機は会社に入社するための重要な項目ですが、履歴書と同じ回答ではマニュアル通りに話していると判断されてしまいます。

逆に言えば履歴書とは違っても自分の想いを言葉で伝えることができ、面接官に届けられれば良い評価を得られると考えられます。

面接では自分をアピールすることが大切なので、卒なくこなしても評価はされません。

自分がどれだけ入社したいかをアピールできた人が採用されるので、マニュアル回答だけは避けた方がいいでしょう。

あくまでも自分の言葉で話をすることを意識して、採用を勝ち取りましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み