仕事のお悩み解決所

就活の面接を持ち物なしで行くリスクと持っていくべき物とは

2017.10.29

就活の時に持ち物なしで面接を受けにいけば、就活にやる気がないと思われてしまうでしょう。

面接によっては持ち物なしで来ても大丈夫という会社もありますが、一般的には面接にはいろいろと必要とされるものもあるので、バッグを持つことは必須となります。

そこで就活の面接で手ぶらで面接に行くリスクと、持っておきたい物について紹介します。


就活で持ち物なしで面接を受ければ社会人としての常識を疑われる

就活をしている時は基本的にバッグ持参で必要な物を持ち歩いているので、面接で持ち物なしといわれてもバッグを持って行くことは多いです。

理由としては面接時には履歴書が必要ですし、何かあればメモを取ることがあるので、筆記用具やメモ帳が必要だからです。

効率重視の人は内ポケットに履歴書やメモ帳を入れる人もいるかもしれませんし、メモはスマホを使う人もいるかもしれません。

確かに対応することができるかもしれませんが、これからの仕事のことを考えると、仕事中の会議ではスマホで全部やり繰りすることは難しいでしょう。

会議を全部録音したりスマホにメモを取ることも可能ですが、多くの会社はあえて紙媒体を使って資料を印刷します。

効率だけでは社会人として通用しない部分もあるので、バッグを持ち歩くことはこれからも必要となるので、非効率な方法も必要なことを認識しましょう。

持ち物なしで面接に行けば就活に対するやる気が見られない

就活に持ち物なしで面接に行けば、手ぶらで面接に来た感じがするのでやる気がないと思われるでしょう。

自分がどうしても入社したい会社であれば、必要になりそうな物はすべて持ち歩いているはずです。

関連資料や万が一の時には必要になりそうな物など、自分が必要だと思う物を用意するにはバッグは必要です。

会社から何か資料を受け取ることもあるかもしれないので、A4サイズのファイルが入るバッグがあると便利でしょう。

いつ何が起きても対応できるようにバッグは必要ですが、手ぶらではついてに面接に来た感じがするので、良い印象を与えることはできません。

面接を受けるだけであれば履歴書だけしか必要ないので、折りたたんで内ポケットに入れることはできます。

しかし社会人になればA4サイズの大きさを基本とする会社もあるので、それ以上折りたたまないようにします。

履歴書はA4サイズなのでそのままの状態でファイルに入れて、バッグで持ち歩いた方が社会人としてもやる気が見られます。

ちょっとしたことですが、社会人になるとこのちょっとしたことが大切なのです。

就活の面接に持ち物なしで行くとビジネスマナーを疑われる

社会人として働く時にはビジネスマナーは必要不可欠となりますが、面接に持ち物なしで行こうとする考えは非常識と思われてしまいます。

一般常識は社会人いなれば当たり前に備わっているものですし、勉強しなければ自分が恥をかくだけです。

働く時に毎日バッグを持たずに出かけるサラリーマンはいませんし、たとえ必要がなくてもバッグを持って行くのは当然です。

いつ必要になるか分からない資料を持ち歩いたり、身だしなみを整えるためのグッズを持ち歩くなど、ビジネスマナーや一般常識は自分で勉強して覚えるものです。

自分が就活の面接で何もいらないと思ってもそれは自分の常識であって、社会人として働く時は非常識に思われることもあります。

自分を中心に考えるのではなく、自分がどう見られるかを考えて行動することが、ビジネスマナーがあるか問われることになります。

面接の時には社会人の必需品であるバッグは必要

社会人としてこれから働くのであれば、バッグは必需品として持ち歩くようにしましょう。

就活では確かに面接を受けるだけなので何もいらないかもしれませんが、持ち物なしでもバッグを持つことは常識となります。

履歴書はできればA4サイズの大きさにまま提出することが好ましいので、小さく折りたたんで内ポケットにしまい込まないようにします。

エチケットや身だしなみは就活時だけでなく、これから働く上では常に意識をしなければなりません。

身だしなみをチェックするためのグッズを持ち歩くことは大切なので、全部を自分のポケットに詰め込んで持ち歩くのは非常識と思われてしまうでしょう。

本来ズボンのポケットに物を入れないことも常識なので、財布や携帯電話もズボンには入れないことは社会人の常識です。

面接時には細かい部分もチェックされるので、バッグひとつだけで評価が下がるのは勿体ないので、バッグだけは持ち歩く癖をつけましょう。

自分を客観視するのも大切な資質のひとつ

社会人になると一般常識があることは当然ですが、ビジネスマナーができていない人材は採用しようとは思いません。

入社してから教育することもありますが、できれば常識のある優秀な人材を採用したいのが会社としての本音でしょう。

持ち物なしで面接に行こうとする気持ちが、社会人としての常識を疑われてしまいますが、自分が常識のない行動をとっていることすら理解できない人もいるでしょう。

面接の時にバッグを持ってこないことがどれだけマイナス評価になるか、自分で客観視できない人材を、わざわざ採用して教育しようとは思いません。

一般常識とは学校や会社で誰かが教えてくれるものではなく、自分で学んで恥をかかないようにしなければなりません。

そのため知っていなければ自分が恥をかいて損をしますが、知っていなくても生活はできます。

自分が一般常識が大切だと思えば自主的に勉強することなで、自分を客観視できるかどうかも就活時には必要な資質といえます。

 - 入社・面接に関するお悩み