仕事のお悩み解決所

就活の時は髪型にも注目!好印象を与える髪色やトーンとは

2017.10.30

就活の時には自分の印象を良くしてアピールすることが大切ですが、悪い衣装を与える要素をなくすことも大切なことです。

髪色やトーンに関しては少し意識するだけで良い印象を与えることもあれば、悪い印象を与えることにもなるので注意が必要です。

そこで就活の時に好印象を与える髪色や髪形について紹介したいと思います。


就活で髪色やトーンに悩むなら黒髪がベスト

就活ではいかにして自分を売り込むかが大切ですが、好印象を与えるにはちょっとした工夫が必要となります。

髪型や髪色によっても印象がガラッと変わりますが、髪の毛が明るいトーンだと遊んでいるイメージを受けることもあります。

就活で好印象を与えるには黒髪がベストといわれているので、日本人のナチュラルな色である黒髪で就活を受けるようにしましょう。

もちろん生まれつき地毛が茶色であれば問題ありませんが、明らかに髪の毛を染めている場合は、普段と同じように就活を考えていると思われてしまいます。

就活では仕事に打ち込むために頑張るという姿勢を見せることが大切ですが、学生気分のままオシャレを楽しみながら仕事をしようとするのはあまり関心できません。

やはり仕事に集中しようとする姿勢を見せるには、本来の地毛である黒色のトーンにすることがおすすめです。

髪色やトーンによっては就活では悪い印象を与えることもある

就活では髪色やトーンによって面接の時の印象が大きく変わるので、短時間で自分を良く見せるには悪い印象を与えてしまうこともあります。

基本的には自分の地毛色で面接を受けることが大切ですし、その際にも髪型によって相手に与える印象は変わってきます。

髪の毛の色を明るくしたり髪型を楽しむことは、人それぞれの自由ではあります。

しかし就活で大切なことは清潔感があることをアピールすることが大切なので、普段のオシャレをした髪形や髪色では遊ぶイメージが高くなってしまいます。

就活で大切なのは自分を好印象に見せるために、誠実で清潔感のある姿をアピールすることが大切です。

自分が会社に入社するのにふさわしい人材だとアピールするために、面接での短時間で好印象を与えるには、黒髪で清潔感のある髪型が好印象を与えます。

髪色やトーンによって相手に与える雰囲気の印象が変わるので、自分をいかに良く見せるかがポイントになります。

就活の時の髪色とトーンは黒色が一番清潔感がある

就活で自分を良く見せるためには、黒髪で清潔感のある髪型がおすすめとなります。

全体的に黒色で落ち着きのある雰囲気が好印象を与えますが、その時に髪色やトーンに関しても黒色に合わせることが大切です。

面接はほんの数分間で自分をアピールしなければなりませんが、はっきりいえば自分を良く見せるには時間が足りません。

面接の短時間の間に好印象を与えることができなければ、入社できないので自分の人生がほんの数分間に掛かっているといっても過言ではありません。

自分のすべてをアピールすることは難しいですが、悪い印象を与えないことが最低限必要なことです。

自分の他にもライバルがたくさんいるので、周りの人に比べて自分だけ遊んでいるような雰囲気であれば、一瞬で評価が下がってしまうでしょう。

社会人として清潔感のある雰囲気を出して、面接では良い印象を与えるように努力しましょう。

髪色を茶色にするならトーンを暗めにするなら大丈夫

清潔感のある雰囲気を出すには、髪型や髪色とトーンは重要ですが、黒髪ではなく茶色でも基本的には大丈夫だといえます。

これはあくまでも会社の面接官が清潔感があると判断すればいいので、たとえ茶髪でも清潔感があると思われれば問題ありません。

元々地毛が茶色や赤毛の人もいるので、無理に黒色に染める必要はありません。

地毛で面接に臨むのであれば黒髪でなくても問題ないですし、大切なことは清潔感があるかないかが問題なのです。

就活は茶髪でも問題はないといっても、明るいトーンの色ではオシャレのために染めていると思われてしまいます。

他のライバルたちが黒髪で清潔感をアピールしているのに、自分だけオシャレな茶髪や髪形で面接を受ければ、すぐに悪い印象を与えてしまうでしょう。

あくまでも髪色は清潔感があればいいので、茶髪にするなら暗めなトーンにすることをおすすめします。

髪型や髪色は第一印象で大きな影響を与える

就活では自分をいかに良く見せてアピールできるかがポイントですが、面接の短時間で勝負しなければなりません。

少しでも自分を良く見せることが就活では大切ですし、採用されるために必要なポイントといえます。

髪色やトーンに関しては黒色が好印象を与えますが、あくまでも日本人の地毛が黒色だという昔からの習慣に基づいているものだといえます。

そのため地毛が茶髪であればそのままの茶髪で清潔感のある髪型にすればいいので、黒髪に染める必要性はまったくありません。

しかし多くの人はオシャレのために茶髪にしたり髪型を楽しんだりしているので、就活の時には相応しくない髪型と髪色になっていることが多いです。

就活は社会人としてこれから仕事を頑張る意思を伝えることと、誠実で清潔感をアピールして会社に相応しい人材だとアピールすることが大切です。

髪型や髪色は面接での第一印象で大きな影響を与えるので、採用されるには少しでも良く見せることが重要です。

 - 入社・面接に関するお悩み