仕事のお悩み解決所

就活で好印象を与えるには?髪色や色落ちで注意するべきポイント

2017.10.30

就活では髪の毛の色や髪形によって相手に与える印象が違うので、好印象を与えるためには髪色や色落ちなど注意しなければなりません。

面接では第一印象が大切なので、髪色だけで相手に良い印象を与えることができれば、採用にもグッと近づくことができます。

そこで就活の時に高印象を与える髪色や色落ちで注意するポイントを紹介します。


就活では髪色や色落ちで印象が変わるので黒色が好印象

就活では面接官に好印象を当たることが大切で、第一印象がとても大きな影響を与えることになります。

そのため髪色で好印象を与えるのは黒髪なので、派手な茶髪や金髪などは避けた方がいいでしょう。

面接ではオシャレは関係なく、清潔感があることが大切なので、色落ちなども注意しなければなりません。

黒色の髪の毛であっても髪型などセットにも注意しなければなりませんが、面接の短期間で好印象を与えるにはちょっとしたことにも気を配るべきです。

髪色では特に黒色が基本となるので、茶髪でもトーンが明るすぎる色だと遊んでいるイメージがあります。

就活は真面目に仕事に打ち込みたいという人を面接しているので、髪色だけでもマイナス評価となってしまう可能性があります。

人は見た目で判断してはいけないといわれますが、面接では見た目で判断される部分も多いので注意しましょう。

就活で髪色や色落ちをしてきた時はナチュラルな茶色でも良い

就活で大切なことは自分を好印象に見せることなので、ちょっとしたことでも意識して改善することが大切です。

髪色や色落ちに関しても大丈夫だろうと自分判断をしたり、不安に思っているのであればすぐにでも改善した方が後悔することもありません。

特に髪色に関しては基本的には黒色が好印象を与えるので、茶髪や金髪に染めている人は元の色に戻しましょう。

黒色がいいとされる理由は清潔感があることなので、染めていて色むらがあったり色落ちしている部分があると、清潔感があるようには見えません。

日本人の多くは基本的には黒髪ですが、もちろん生まれつき茶髪の人などもいるので、就活では地毛の色に戻すことが大切です。

そのため茶髪でも悪い印象を与えることはありませんが、明らかに明るめに染めていれば、遊んでいたり不まじめなイメージがあるので印象も悪くなりやすいです。

就活で髪色が明るく色落ちしていると清潔感がないように見える

就活では清潔感のある黒髪が好印象を与えますが、髪色が明るく色落ちしている部分があると清潔感がないように思われます。

面接は短時間の間に自分を良く見せることが大切なので、少しでも良い印象を与えることに注意を向けるべきです。

第一印象がそのまま面接の結果にも影響することはよくありますが、見た目で清潔感がないと思われてしまうと不利になってしまいます。

髪の色落ち関しては日頃からの髪の毛の手入れでどうにでもなるので、普段からしっかりとケアをしておきましょう。

髪色も多くの人は黒髪に戻しますが、たった数分の面接の時にどれだけ良い印象を与えるかが勝負なので、黒髪で清潔感があった方が採用されやすいといえます。

周りの人が黒髪なのに一人だけ茶髪で明るい色のままでは、就活に対する意気込みが見えないので、好印象を与えることは難しいでしょう。

髪色だけでなく髪型にも気をつけなければならない

就活では髪色や色落ちに意識することも大切ですが、髪型にも注意をしなければなりません。

髪型に関しては長い髪であればしっかりと結んで、前髪が目に掛からないようにすることが大切です。

サービス業でも基本となりますが、お辞儀をした時に髪の毛が顔に掛からないのが好印象を与えます。

ショートの人であれば気にすることもありませんが、ロングの人は特に髪型についてはしっかりと意識しましょう。

結び方によっては相手に与える印象も変わるので、あくまでも仕事をする場所なので適切な髪形で面接に臨むことが大切です。

ポイントは清潔感なので、相手が清潔感を感じる髪型であれば問題ありません。

面接では髪色や髪形だけでも評価が大きく下がってしまう可能性があるので、自分を見てもらう前に外見もしっかりと意識しましょう。

気をつけられる部分を当たり前のように意識することが大切なので、社会人として好印象を与えるように清潔感を意識することが大切です。

自分を良く見せるための髪形や髪色で就活に臨むべき

就活では面接の時にアピールをしなければなりませんが、自分をいかに良く見せるかが大切です。

良く見せるためには悪く見える印象を与えないことが大切なので、ちょっとしたことにも意識して改善しておくことが大切です。

普段はあまり気にしない髪色や髪の毛の色落ちなど、ちょっとしたことでも相手に与える印象は変わってきます。

普段は友達と過ごすことが多いので気にしないかもしれませんが、面接ではいかに初対面の面接官に好印象を与えるかが重要です。

第一印象がかなり重要なので、黒髪で清潔感のある落ち着いた雰囲気はかなり好印象となります。

就活では自分を良く見せることが大切ですが、そのためには自分を良く知っておくことも必要です。

髪の色だけで面接では評価が下がってしまうこともありますが、それだけライバルはしっかりと意識して対策しているのです。

採用されるための努力を惜しまない人が採用に近づけるので、ちょっとしたことにも意識できる注意力が必要不可欠です。

 - 入社・面接に関するお悩み