仕事のお悩み解決所

気になる農家の年収は?ぶどう農業を始める人が知るべきこと

2017.11.2

農家の年収は気になる所ですが、一般的な作物農家の平均年収は500万円弱だといわれています。

農業の平均としては低いように思われますが、それ以上に年収の高い農家もいるということなので、農業に興味がある人は気になるところです。

そこでぶどうの栽培に興味のある人にとって、気になる農家の年収について紹介したいと思います。


ぶどう農家の年収は800万前後を目指せる

ぶどう農家の年収に関しては、600万円から800万円の年収を見込むことができるようです。

もちろん規模や地域によっても年収は変わってきますが、ぶどうは比較的人気も高いですし、品種もいろいろあるので上手く育てれば年収もアップできます。

ぶどうは収穫をしてからそのまま販売することもできますし、ワインなどの加工品にすることもできます。

よく作物では味は同じなのに形が奇麗でないので、売り物にならないという作物も多くあります。

ぶどうに関しても房がしっかりとたくさんついていなければ、売り物にはなりませんが、加工品に使うことができるので無駄なく出荷することができます。

そのためしっかりと育てることができれば廃棄する分は少ないので、無駄なく出荷できることが安定してた収入を得られる要因となります。

ぶどうの品質も多いので、時期をずらしたり楽に作れるぶどうを作ることもできます。

ぶどう農家だけの年収ではきついので他の作物も栽培する

ぶどう農家としてやっていくには、相当な面積でぶどう栽培をすることが必要です。

田んぼ1枚分でぶどうを栽培することができれば、年収にして50万円ほどのアップが見込めるようです。

平均すると600万円ほどの年収となりますが、ブドウ農家として一本でやっていくのはリスクもあります。

年に1度の収穫なので天候不良や作物の病気に掛かってしまえば、全滅する恐れもあるからです。

品種によっては比較的作るのが楽な物もあれば、難しい物まであるので、しっかりと管理をしてもリスクがあることは避けられません。

そのためリスク分散としてぶどうのかでも他の作物を育てることによって、1年を通じて安定した収入を得ることができるようになります。

ぶどうの収穫期以外で収穫できる作物を作れば、年収も1000万円を超えることができますし、安定して収入が得られるようになります。

農家の年収をぶどうだけで賄うにはリスクも手間も大きい

農業は一長一短ではできないことも多いですが、ブドウ農家としてやっていくのであれば、リスクを覚悟することも必要です。

年収としては頑張れば1000万円を目指すこともできますが、家族経営をしたいり先行投資をしなければ農家としてやっていくには難しいでしょう。

ぶどうの収穫シーズンは秋がメインですが、1年を通じて作業をすることが多いです。

年収を増やすために規模を大きくするほど手間と費用も掛かるので、リスクも大きくなることは覚悟しなければなりません。

農業を始めるには先行投資は必要不可欠ですが、リスクを恐れていては何も始めることはできません。

ぶどうでもハウス栽培もしますが、天候による被害を受けるとダメージも大きくなってしまいます。

補助金などを受けることもできますが、費用は自己負担が多いので、しっかりとリスクを考えてから始めることが大切です。

年に一度の収穫なのでリスクも多いが夢ある仕事

ぶどう農家の年収を上げるためには、リスクを恐れず挑戦することが大切なことです。

秋はぶどうの収穫シーズンですが、年に1度の収穫が上手くいけばそれだけ収入に直結することができます。

しかし時には規格外のぶどうもありますし、すべてを出荷できるわけではないので、ロスをいかに少なくするかが重要な問題です。

規格外でも美味しく食べられるので、場合によっては食べ放題の企画を行ったり、規格外のぶどうを使った商品を開発することでロスを防ぐことができます。

ぶどうはワインに使われるイメージが強いですが、ワインに適したぶどうを作らなければなりません。

それ以外にもぶどうジュースとして商品を作ることもできるので、規格外のぶどうでも余すことなく出荷することができます。

年収を上げるには多く作ることも大切ですが、いかにロスを少なくするかが重要なので、販売ルートを確保することも大切です。

ぶどう農家を目指すなら品質を良くすることが重要

ぶどう農家としてやっていくためには、やはりぶどうの品質を良くすることが年収アップに繋がります。

ぶどうの種類も豊富なので、種類だけでなく品質も伴った商品を作ることができれば、安定した収入を得ることができます。

平均年収が600万円だとしても、いい年は1000万円を超えることもありますが、逆に300万円に落ち込んでしまうこともあるのが農家の辛いところです。

できるだけ安定した年収を得るためには、規格外のぶどうもしっかりと出荷できる販売ルートの確保が重要になります。

そのためには毎年安定した品質のぶどうを作ることが求められるので、経験とノウハウを駆使してぶどう作りに没頭しなければなりません。

品質の良いぶどうはもちろんですが、品種改良してさらに美味しいぶどうを作ることができれば、より年収アップを期待することもできます。

 - 給料に関するお悩み