仕事のお悩み解決所

面接の持ち物が筆記用具のみの場合に取るべき行動とリスクとは

2017.11.1

就活では面接を受けにいく時の持ち物としていろいろ持って行きますが、筆記用具のみと言われた場合にはどうすればいいか悩んでしまいます。

バッグを持たずに筆記用具だけで面接に行けばいいのか分からず、不安に思ってしまう人もいるでしょう。

そこで面接で筆記用具のみの持ち物で行くことのリスクと対処法について紹介します。

面接での持ち物が筆記用具のみでもかばんを持参するのは当たり前

面接での持ち物が筆記用具のみと記載されている時に、実際に筆記用具だけを持っていけば、恥ずかしい思いをする可能性が高いでしょう。

理由とすれば周りの人はほとんどがバッグを持参しているので、自分だけが手ぶらで筆記用具だけを持っていれば浮いた存在となります。

就活では社会人として適正かどうかを判断するために面接をするので、面接を受ける時には社会人としてしっかりしている部分を見せなければなりません。

会社側も面接の態度以外にも、服装、身だしなみ、持ち物、言葉遣いなどを細かくチェックし、多くの中から数名を採用します。

ライバルが多い中で就活しているので、少しでも社会人として適正があることを証明しなければなりません。

働く時にはバッグは必要なので、就活の時も働く時と同様に考えるため、バッグ持参でその中に筆記用具や必要な物を入れて持ち運びましょう。

面接での持ち物が筆記用具のみでも手帳や履歴書は必要になる

面接で必要になるのは筆記用具だけでなく、履歴書や場合によってはエントリーシートが必要になることもあります。

持ち物が筆記用具のみというのは会社側の配慮であって、気軽に面接に来て欲しいという気持ちを受け取ることができます。

そのため真に受けて筆記用具だけを持って行けば、自分だけバッグを持たずに手ぶらで面接を受けにいくことになるので、良い印象を与えることは難しくなるでしょう。

就活では常にバッグを持っていることは当たり前になっていますし、いろいろ必要な物を持ち歩くことも多くなります。

会社側とすれば筆記用具のみでいいと思っていますが、自分自身の持ち物として、身だしなみをチェックしたり関連資料を持ち歩くなど、必要な物はたくさんあります。

会社は身軽に来て欲しいと思っていますが、自分の身だしなみとしていろいろ持ち物がひつようになるので、バッグを持ち歩くことは必要です。

持ち物が筆記用具のみの場合の就活スタイルをチェックされている

就活ではいつどこで会社の人に見られているか分からないので、会社に入った時点でチェックされていると思いましょう。

持ち物を筆記用具のみと言われても、バッグを持参するのは自分の荷物があるので必要な物です。

また履歴書に関しては折り曲げて提出するよりも、A4サイズで折り曲げずに渡した方が印象も良くなります。

バッグに入れておけば折り曲げる必要もないので、綺麗な状態で渡すことができるでしょう。

バッグがなければ小さく折り曲げてポケットにでも入れておくので、折り曲げた線が多いと印象も悪くなってしまいます。

就活をしている時のスタイルもチェックしますが、採用すればそのまま会社の一員として見られることになります。

身だしなみや就活スタイルをチェックすることは、会社に相応しい人材かを見ることと同じなので、最低限の身だしなみやバッグ持参は当たり前にできるようにしましょう。

就活では働くことを意識したスタイルにしておく

就活では働くことを想定したスタイルで面接に行くことを意識するため、バッグなしで筆記用具のみを持って行くと評価が下がるケースもあります。

会社側から面接で持ち物は少ない方がいいと言われても、多くの就活生はバッグ持参で自分の荷物を入れて面接を受けるでしょう。

その時会社側から筆記用具のみでいいと言われているからといっても、自分だけ手ぶらで行けば誠意が見られないように思われてしまいます。

ついでに面接を受けに来たような感じに見られてしまうので、まらりの就活生と比べられてしまうと、評価が下がる可能性もあるので注意が必要です。

就活では常にその会社で働くことを想定して面接を受けるので、出勤するのと同じスタイルで面接に臨んだ方がいいでしょう。

スーツにバッグは会社員としてポピュラーなスタイルなので、面接の時には手ぶらよりもおすすめできるスタイルです。

急なトラブルにも対応できるためにも荷物は必要になる

就活では常に予想外のことが起きた時でも、すぐに対応することができれば自信を持って面接に臨むことができます。

面接の時の持ち物で筆記用具のみといわれれば、手ぶらで面接に行っても文句はないでしょう。

履歴書もポケットに入れておけばいいので、気軽に面接に行くこともできます。

しかしもしも履歴書を何らかの理由で落としてしまったら、焦ってパニックになってしまうでしょう。

面接時間に余裕で間に合うと思っていたのに、途中で電車が止まってしまえば、ギリギリの時間になってしまうこともあります。

走って何とか間に合ったとしても、汗だくのまま面接を受けて好印象を与えられるとは思いません。

バッグには自分が必要だと思う物を入れておくことで、急なトラブルにも対応することができます。

社会人になると結果がすべてになる競争も多くなるので、面接で好印象を与えるためにも、準備を怠らないようにすることは大切です。

バッグを持つことで社会人としてのステータスをアップできるので、手ぶらで面接に行くよりも好印象を与えられるはずです。

 - 入社・面接に関するお悩み