仕事のお悩み解決所

農家の年収が気になる!いちご農家はどれくらい儲かるのか解説

2017.11.2

フルーツの中でも人気の高いいちごですが、いちご農家の年収はどのくらいあるのか気になるところです。

いちごは種類も豊富で美味しいですし、いろいろな商品に使われることが多いので、より安定した収入を得られるとこができると予想することもできます。

そこで気になるいちご農家の年収や仕事について紹介したいと思います。


いちご農家の年収は多ければ2000万を目指すことができる

いちご農家の年収は約1500万円以上と推定されますが、2000万円を超える農家も多いようです。

他の農家の年収に比べて高い理由については、いちごの単価が高いことと栽培が難しいことが挙げられます。

いちごは1粒いくらと計算されるので、手元に販売される商品は1パックいくらとなって売り出されます。

1粒ずつ丁寧に栽培しながら、見た目も綺麗で美味しいいちごを作らなければ商品価値が下がってしまうので、作る手間もスキルも必要となります。

いちごは一般的に売られている品種の物から、高級いちごといわれる品種までいろいろあるので、作る品種によっても収入は変わってきます。

基本的にはハウス栽培となるので、毎年安定した栽培が期待できる半面、設備費用も掛かってしまうため年収が高くても費用を抑えることが求められます。

それでも高い年収を目指せることは間違いないので、やりがいのある仕事といえます。

いちご農家は年収が多いが経費も掛かるのでリスクもある

いちご農家の年収は1000万円を超えることが多いので、かなり儲かっていると予想することができます。

しかしいちごの栽培は適度な温度や土の管理が必要不可欠なので、ハウス栽培が主流となっています。

ハウス栽培の魅力は温度管理を一定に保つことができるほか、水やりも均一の行うことができるメリットがあります。

デメリットしては温度を保つ為に油を使いますが、この油の経費がかなり多くかかってしまうことがネックとなります。

油の値段は輸入価格に影響されることもあるので、同じように使っていても油の値段が高ければ、それだけ利益も減ってしまうことになります。

いちご農家を始める時にはハウス栽培を作らなければなりませんし、次の品種改良もしっかりとやらなければ、美味しいいちごを作ることはできません。

費用と知識が必要ないちご栽培は年収も多いが経費も掛かります。

いちごは育てるのも難しいので農家の年収は家族経営がおすすめ

いちご農家を新たに始める時には、家族経営をすることが望ましいといわれます。

農家の多くは家族経営をしていますが、年収が高くてもリスクがあるので、安定的な給料をもらうことができないからです。

始めたばかりの頃はスキルも経験も少ないですし、費用も多くかかるので利益を出すことは難しいでしょう。

徐々にスキルを磨きながら難しいいちご栽培に挑戦することで、年収アップを目指すことができます。

ある程度安定したいちご栽培ができるようになればいいのですが、そこまでたどり着くのが大変なので、個人でやったり共同でやると長続きしないことも多いです。

農家は安定すれば高い収入が得られますが、安定するまでにどれだけスキルを磨いて販売ルートを確保するかが重要なので、家族経営の方が困った時でも助け合うことができます。

特に油の高騰など費用が多くなる年もあるので、家族経営であれば人件費を抑えることもできるのでおすすめです。

ハウス栽培が主流なので費用が掛かるリスクもある

ハウス栽培が主流になっているいちご栽培は、農家にとっては安定した年収を得るために重要な設備となっています。

ハウス栽培によって温度や水の管理がしやすいので、安定した品質のいちごを栽培することができるのです。

また比較的作るのが難しい品種のいちごを作ることができれば、その分だけ年収アップを目指すこともできます。

普通のいちごが1粒50円程度であれば、高級いちごを栽培できれば150円~200円で販売することができます。

いちごの品種によって作り方が難しくなりますが、高級いちごを作ることができるようになれば、年収を一気にアップさせることができます。

ハウス栽培は安定したいちご栽培には欠かせませんが、油の費用も多くかかってしまうので注意が必要です。

また数年に1度は大雪や台風などに見舞われることも覚悟しなければいけないので、ハウス栽培はリスクも考える必要があります。

品質の良いいちごを作れれば年収アップも目指せる

いちご農家として年収をアップさせるには、品質の良いいちごを栽培することが一般的な方法です。

普通の値段のいちごを栽培するよりも、高級いちごの方が同じ面積でいちごを栽培しても倍以上の年収を期待することができます。

ハウス栽培が主流になっているので、規模を多いくすることでも年収をあげることはできますが、費用もリスクも大きくなるので安定したいちご栽培ができてから考えるべきです。

まずは普通のいちごの栽培を安定的にできるようになったら、次に難しいとされる高級いちごの栽培をすることによって、年収をアップさせることができます。

さらにアップさせるために規模を大きくすることもできますが、品質の良いいちごを作ることが年収アップに繋がるといえます。

いちごは加工品にも使えるので、規格外のいちごでもロスが少なく出荷できることが強みといえます。

 - 給料に関するお悩み