仕事のお悩み解決所

年金払ってない状態で就職することのリスクを解説

2017.11.2

年金を払っていない人にとって就職する時にバレてしまうと心配になるかもしれませんし、採用に影響するかもしれないと不安になるでしょう。

会社員になれば年金は事務が支払い手続きをしてくれるので安心ですが、年金を払っていない人よりも真面目に払っている人の方が信用できると思われるはずです。

そこで年金を払ってない人の就職事情について紹介します。


年金を払ってない状態で就職しても会社にはバレない

年金の支払いに関しては払ってない人は、就職する時にバレることはないので安心してもいいでしょう。

基本的には年金は会社員として働くことによって、厚生年金に加入することになります。

この手続きは会社側が行うので、本人は何もすることなく年金手帳を渡すだけですべて対応してもらうことができます。

そのため事務員とすれば年金の未納や滞納に関しての情報は知ることはできないので、会社にバレることはありません。

就活の時に年金を払っていないことに対して、会社にバレてしまうのではないかと心配になることもあるでしょう。

せっかく採用されても年金の未納がバレてしまえば、採用取り消しになってしまうかもしれないと不安になるかもしれません。

年金に関しては個人情報なので、年金の支払いに関してはたとえ会社でも知ることはできないので安心しましょう。

年金を払ってないことは直接的には就職に影響しない

年金に関して未納問題が多いため、払っていないと就職に影響しないか不安に思ってしまうかもしれません。

また就職した後は年金手帳を渡して、厚生年金の手続きをしてもらうことになります。

その際に何らかの事情によって年金を払ってないことが分かってしまうのではないかと、不安になって就職活動に集中できないかもしれません。

結論から言えば年金の未納は会社にバレることはありません。

会社が年金手帳から知り得る情報としては、年金番号だけですし、国民年金から厚生年金への加入申請をすることだけです。

そのため年金の支払い状況に関しては一切しることはないので、就職活動に影響することはありません。

ちょっとしたことでも就活中は不安になってしまいますが、年金の情報は個人情報なので知られることもありませんし、採用基準にも年金は関係ありません。

年金を払ってないことと就職は別だが社会人としての信頼は別問題

年金を払ってないことに関しては、就職する時には全く関係ないといってもいいでしょう。

年金の支払いは20歳以上は義務となるので、払っていて当然となるので、あえて払っていることを確認する必要はないと思っています。

また年金を払っているかどうかを採用基準にすることもないので、会社とすれば年金の支払い状況が就職に影響することはないといえます。

会社に勤めれば強制的に厚生年金の支払いとなるので、会社から天引きされて年金を支払うことになります。

そのため会社は採用前の年金の支払いに関して、未納かどうかを調べることもなければ、問題視することもないでしょう。

年金を払っていないのは個人の考えかもしれませんが、支払い義務があることは社会人としての常識です。

そのため年金の支払いと就職活動は関係ありませんが、社会人としての信用はなくなる可能性もあるので注意が必要です。

年金を払うのは義務なので就職するならしっかりと払うべき

就職活動中にはいろいろなことが不安になりますが、年金を払ってないことも不安材料にひとつとなるでしょう。

確かに年金を払ってないことがバレてしまうと、就職の時に採用に影響しないか不安になってしまいます。

年金を払うのは義務なので払ってない人は、遅延をしてでも払う義務があります。

学生だからといって未納なのは通用しませんし、学生納付特例制度を活用したり、親に支払いをしてもらって後で払うこともできます。

年金を払っていないことを正当化するよりも、しっかりと払っている人に方が社会人としてしっかりしているので、採用したいと思うのは当然です。

年金を払っていないことは採用基準に関係ないと思うのではなく、社会人として当たり前の義務を果たすことができなければ、仕事もまともにできるとは思えません。

自分が社会人としてしっかりやってくのであれば、就活に関係なく年金はしっかりと払うべきです。

就職に関係なく年金は払うべきものだと理解しておく

年金に関しては払ってない人もいるので、就職活動に影響しないか不安になることもあるでしょう。

特に学生から始めて社会人になる人にとっては、自分が学生で年金を払っていないので、就活に影響しないか不安になるかもしれません。

はっきりいえば年金が未納でもバレることはありませんし、就活に影響することはありません。

しかしもしも年金を払っていないことが分かるとすれば、採用したくないと思われても仕方ないでしょう。

学生でも20歳以上になれば年金の支払い義務が発生しますし、学生でも未納は許されません。

支払いができなければ学生納付特例制度を利用するなど、しっかりと申請すれば対応してもらえます。

知らなかったでは済まされないのが年金ですし、一般常識として知っていなければなりません。

年金は就活に関係なく支払う義務があることは、はっきりと覚えておきましょう。

 - 入社・面接に関するお悩み