仕事のお悩み解決所

税務署のアルバイトはやってみると難しいことが多い理由を解説

2017.11.2

税務署でアルバイトをする時に将来税務署で働きたい人にとっては、仕事に慣れるためにアルバイトをする人もいます。

税務署での仕事は普段の業務も大変ですが、確定申告の時期になると忙しくなるので、仕事内容も難しいことが予想されます。

そこで税務署でのアルバイトの仕事が思っているよりも難しい理由について紹介します。


税務署のアルバイトが難しいのは教える立場になることがあるから

税務署でのアルバイトでは普段の業務はパソコン操作が基本となり、データ入力などを中心に仕事をしています。

そのためエクセルなど基本操作ができなければならないですし、ある程度数字に強い人の方が理解しながら仕事をすることができます。

将来的に税理士を目指す人にとっては仕事に慣れておくためにも、アルバイトを経験することはプラスになります。

税理士を目指さないような人で数字やパソコン操作に強い人であれば、仕事をすることはできますが難しいと感じる部分も多いでしょう。

理由とすれば普段の業務は自分だけが理解して納得できればいいのですが、確定申告の時期になると人に教える立場になる場合もあるからです。

パソコン操作を教えたり、分からない部分に関して簡単なアドバイスをするなど、教えることもあります。

アルバイトといっても仕事幅は広くなるので、難しい仕事といえます。

税務署アルバイトが難しいのは全く無知な人への対応

税務署で臨時のアルバイトを募集する時には、無知な人へのアドバイスや対応をすることがあるので難しいと感じることも多いです。

税務署でのアルバイトで忙しい時期といえば確定申告なので、2月から3月にかけては忙しい時期となります。

この時それぞれ税務署に確定申告にきますが、個人の人にとってはやり方が分からない人も少なくありません。

また税務署は混雑するので臨時アルバイトを雇うケースも多いので、場合によっては自分が教えることもあります。

確定申告の時期では案内係、パソコン操作を教える係などがありますが、ある程度知識がなければ対応するのは難しいでしょう。

また質問してくる人の中には無知な人も多く、分からない人に物を教えることがどれだけ大変なことかを知ることができます。

毎年やって慣れている人ばかりではないので、分からない人に対応する時には大変さを実感することもあります。

税務署でアルバイトをするのが難しいのは採用レベルが高い

税務署でのアルバイトを希望する人にとって、仕事内容にやりがいを感じて働きたいと思う人も多いでしょう。

しかしまずは採用されるかが難しい問題なので、倍率以上にアルバイトをすることが難しい場合もあります。

アルバイトの募集要項に関しては年齢不詳でパソコン操作に慣れている人と記載されていても、すべての応募者を公平に見ている訳ではありません。

少しでも優秀な人を採用したいと思うので、事務の採用には試験を用いる場合も多いです。

採用試験ではデータ処理でエクセル入力が満点であっても、採用されるとは限りません。

理由とすれば満点を取れる人材が多く集まってくる可能性が高いので、その中から優秀な人を選ぶからです。

つまり採用枠に対して優秀な人材が多く集まり過ぎれば、優秀な人材でも採用が難しくなるのです。

アルバイトで採用されることすら難しい時もあるので、採用されればやりがいをもって仕事ができるといえます。

アルバイトをするならより優秀な人材を募集するのは当然

税務署でのアルバイトをするなら優秀な人材と競争することが多くなるので、採用されることすら難しい時もあるので注意しましょう。

いつでも簡単に募集しているから採用されると思っていると、なかなか採用までたどり着けないケースも多いです。

少しでも優秀な人材を確保したいですし、それだけ優秀な人材も集まってくるともいえます。

税務署での仕事は税に関する知識はもちろんですが、パソコン操作に慣れていることが条件になるなど、仕事をする上では知識とスキルが必要になります。

税に関する仕事はそれだけ責任が重いので、しっかりとした知識がなければ対応することができないからです。

ただの案内係として採用されても、確定申告の時期ではいろいろ利用者から質問されることも多いでしょう。

ある程度の知識は必要とされる仕事なので、やりがいのある仕事として優秀な人材を確保しようとするのは当然のことです。

税金に関わる仕事なので優秀で知識があることが必須

税務署でのアルバイトの仕事はすべてが税金に関わる仕事なので、税の知識がなければ仕事をするのは難しいでしょう。

事務の仕事でもデータ入力が基本となりますが、数字に強くなければ意味を理解して入力できないので、間違いにも気づきにくくなります。

税金に関してはどの仕事も責任が重いため、しっかりと自分で理解しながら仕事に対応することが求められます。

そのためアルバイトでも税の仕組みや知識は必要ですし、アルバイトであればパソコン操作のスキルも必要不可欠です。

仕事量としてはかなり多いので、スキルと知識がなければ対応することが難しいといえます。

将来的に税に関する仕事に関わりたいという人であれば、税務署でのアルバイトは役立つことが多いでしょう。

経験を積むうえでもアルバイトの経験は役立つので、スキルアップのためにアルバイトをしてみるのもおすすめです。

 - 職種に関するお悩み