仕事のお悩み解決所

臨床工学技士は給料が安い?これから目指す人が知りたいこととは

2017.11.2

臨床工学技士の仕事は医療の現場において、医師の指導の下で医療機器の点検や操作を行うもので、医療現場にとっては重要な存在のひとつです。

医療に関わる仕事ですが思っているよりも給料が安いと思うことも多いので、しっかりと考えてから目指すべき仕事だといえます。

そこで臨床工学技士の仕事は給料が安いという実態について紹介します。


臨床工学技士は仕事の責任の重さに比べれば給料が安い

臨床工学技士の仕事は医療の現場においては、命に関わる医療器具を点検する重要な役割をになっています。

医師の指導の下で人工呼吸器やペースメーカーなどの点検を行ったり、操作をする仕事なので命に関わる仕事でもあります。

責任の重い仕事でもありますが、その割には給料が安いといわれることも多いです。

理由としては臨床工学技士の資格を取得してから病院に勤務した時に、初めの給料は一般的な初任給と同等の金額となるからです。

一般的な仕事をしているのとは違って、命に関わる仕事をしていますし、大学や専門学校で必死で勉強して資格を取得してから仕事をしているのに、給料が安いと感じてしまうのでしょう。

臨床工学技士の仕事は様々な治療でも立ち会うことも多く、現場主義の仕事なので責任も重い仕事です。

その仕事の重さに比べれば給料が安いと感じるのは仕方のないことかもしれません。

臨床工学技士は初任給を見ると給料が安いと思える

臨床工学技士の給料が安いと思われるのは、初任給が一般企業と同額程度なので安いと思ってしまうことも多いです。

経験を積んで臨床工学技士の仕事をしていくことによって、年収は400万円から500万円になることも多いです。

平均して500万円程度の年収になるのであれば、給料が安すぎることはありませんが、初任給を見ると安く感じてしまうのは仕方がないことです。

臨床工学技士になるためには必死で学校に通いながら勉強して、資格を取ってからようやく仕事をすることができます。

初めは見習いとしてですが、これから多くの医療現場に立ち会うことによって、経験を積みながら給料も上げていくことになります。

大卒と専門学校では若干給料に差が出ることもありますが、最終的には同額程度の年収に落ち着くことが多いようです。

働く場所や経験によっても変わってくるので、自分が長く働き続けられる場所を見つけることが大切です。

臨床工学技士として働き続けても給料が安いままのケースも多い

臨床工学技士の仕事を続けていくことで気になるのは、どこまで年収がアップするかです。

給料が安いといわれる臨床工学技士ですが、平均的には500万円前後になることが多いようです。

しかし働き続ければ必ずしも給料アップするとは限らないので、働く場所や待遇によっては給料が安いままといえるでしょう。

理由としては臨床工学技士は働く場所がいろいろあるので、どこで働くかによって変わってくるからです。

一般的には民間の病院で働くことになりますが、民間でも病院の大きさによって給料形態も変わってきます。

国立病院で働くと公務員としての収入になるので、年収は600万円程度になるケースもあるでしょう。

また医療技術を教える立場になれば、医療学校の講師としての立場で働き続けることができます。

同じ場所で働き続けても給料がやすいままのケースもあれば、働く場所によって給料が変わってくることもあるのです。

働く場所は病院以外でも働ける場所はある

臨床工学技士を目指す人にとって、まず働く場所は民間の病院となります。

臨床工学技士はスキルと経験が物を言う場合も多く、多くの現場を経験することでスキルアップすることができます。

そのため給料が安いと感じても、初めは経験を積むために民間の病院での仕事がおすすめといえます。

ある程度仕事ができるようになれば、病院でも国立病院で働くこともできますし、医療学校の講師として勤務することもできるでしょう。

臨床工学技士の仕事は医療現場を支えるための仕事で、医療器具を安心安全に使うことが仕事となっています。

そのため給料で仕事を選ぶよりも、自分が充実して仕事ができる環境の方がいいので、医療現場で働くかそれ以外の場所で働くかを考えることも必要です。

医療現場以外で働くこともできますが、やはり現場での仕事が主なので、スキルと経験を活かした仕事を現場での医療で役立ててもらいたいものです。

給料を上げるにマルチに活躍できる存在になることが重要

医療の現場では欠かせない存在となっている臨床工学技士ですが、給料が安いと感じてなり手がいないことも問題です。

若い世代が育たなければ将来が不安ですし、安全な医療現場を維持することも難しくなってしまいます。

臨床工学技士の仕事は決して楽な仕事ではありませんし、多くの経験とスキルがなければできない仕事です。

そのため仕事の責任の重さに比べると給料が安いと感じてしまいますが、決して安すぎる給料レベルではないので、やりがいをもって仕事をすることができます。

また臨床工学技士は現場で医師と連携をしながら医療を進めておくので、マルチに活躍できる存在でいると給料アップも目指せます。

人工透析や情報システムを取り扱う資格など、専門資格を複数取得することによって、マルチに活躍することができます。

資格の取得によってそのまま給料アップにつなげることもできるので、やりがいのある仕事として活躍することができます。

 - 給料に関するお悩み