仕事のお悩み解決所

コンビニで廃棄になった商品は持ち帰りができるかご紹介します

2017.11.8

コンビニで働いていると賞味期限の切れた商品は廃棄処分されますが、その数は非常多いので勿体ないと思う人も多いでしょう。

そのため廃棄するのであれば持ち帰りたいと思いますが、実際には持ち帰ることができるのでしょうか。

そこでコンビニで廃棄処分される商品に関して、廃棄される商品の持ち帰りについて紹介したいと思います。


コンビニの廃棄商品は持ち帰りはできないことが多い

コンビニでは賞味期限が切れた商品に関しては店頭には置けないので、すべて廃棄処分されることになります。

そのため毎日大量の廃棄処分される商品が出てしまうので、非常に勿体ないといえます。

廃棄されるのであれば持ち帰りたいと思いますし、消費期限が切れていないのでまだ大丈夫だという人も多いはずです。

しかし実際にはコンビニの多くは廃棄される商品の持ち帰りができないことが多く、理由としては本社からの指導やルールによって決まっているからです。

コンビニの多くはフランチャイズ店なので、大手コンビニ会社の指導に従って経営しています。

そのためルールも指導に従っているので、勿体ないという理由だけで廃棄処分される商品の持ち帰りはできないことになっています。

万が一にも廃棄処分される商品を食べて食中毒などになれば、お店だけでなく会社のイメージにも影響してしまいます。

廃棄商品が持ち帰りができないのはコンビニの本社からの指導

コンビニの多くはフランチャイズ店として経営しているので、本社からの指導によって経営を行っています。

いろいろなノウハウや指導を受けながら、利益を出すために経営をしているので、オーナーといえども自分の判断で好き勝手に経営することができません。

オーナーだからといって廃棄処分される商品を勝手に持ち帰りすることはできませんし、従業員に配ることもできません。

すべては本社からの指導やルールに従わなければいけないので、万が一のことを考えて勝手にルールを破ることができないのです。

コンビニは本社から担当者が来て指導するので、しっかりと廃棄されているかもチェックされます。

勝手に持ち帰っていることがバレてしまえば、本社からの指導が入りますし、最悪なケースではフランチャイズ店の契約違反となってしまう可能性もあるかもしれません。

コンビニの廃棄前の商品は割引して持ち帰りができることもある

コンビニの商品に関しては賞味期限が切れたら廃棄するルールですが、廃棄されるほど利益も少なくなってしまいます。

オーナーによっては何とか回避するために、賞味期限が近づいてきた商品に関しては割引をするお店もあります。

これは本部の許可が必要になるか、もしくはオーナーが時点の利益を考えて割引をするのか、状況によって変わってくるでしょう。

しかし従業員に関しては賞味期限が切れる前の商品を割り引いてくれるのであれば、嬉しく思うでしょう。

廃棄される商品は持ち帰りできませんが、廃棄される前に割引をして売ることができれば、廃棄する必要もなく利益も少し上がるので一石二鳥となります。

コンビニの方針で割引をすることができないことも多いですが、廃棄処分に関しては社会的にも大きな問題なので、割引をしてくれるお店もあるのでチェックしてみましょう。

廃棄する商品を持ち帰って食中毒になることを恐れている

コンビニでは毎日大量の廃棄処分される商品がでますが、賞味期限が切れたとしても消費期限が切れるまでには日にちがあります。

そのため廃棄処分される商品を持ち帰りすることで、食費も浮きますし食べられる商品の廃棄を少なくできます。

まだ食べられるのに捨ててしまうのは社会的にも問題になっていますし、道徳的にも疑問に思います。

しかしコンビニ会社とすれば賞味期限が切れた商品を持ち帰ることによって、万が一にも食中毒になってしまったら責任問題となってしまいます。

売り物にはしませんが、働く従業員が食中毒になってしまえば、お店としてもダメージは大きいでしょう。

大手の会社ほど食の安全を守らなければならないので、勿体ないとは思いつつも、廃棄処分される商品の持ち帰りは禁止しているケースが多いです。

特に夏場は食中毒になる可能性もあるので、用心をしているのです。

基本的には廃棄商品は持ち帰れないので処分するしかない

コンビニで廃棄処分される商品は、毎日賞味期限が切れた商品をチェックしています。

オーナーとすれば廃棄される商品が多いほど利益も減ってしまいますが、初めから廃棄される商品の割合を計算した値段で売っているので、会社とすればそれほど利益に影響ないと思っています。

確かに食の安全を考えれば破棄処分される商品の持ち帰りは控えるべきですが、健康を考えれば持ち帰りはやめた方がいいのかもしれません。

廃棄処分される商品を減らすことが一番の課題ですが、コンビニの形態が常に商品がある状態が理想なので、廃棄処分を減らすことは難しいといえます。

コンビニで働く従業員といっても廃棄処分される商品は持ち帰れませんし、オーナーでさえ自由に持ち帰ることはできません。

非常に勿体ない気もしますが持ち帰りはできないので、できるだけ廃棄されない方法を考えてもらいたいものです。

 - 業務に関するお悩み