仕事のお悩み解決所

保育園の経営は儲かる!経営するなら認可保育園がいい理由とは

2017.11.2

保育園の経営をすると儲かる理由としては、認可保育園を立ち上げることができれば、多くの補助金と利用者が獲得できることから、ビジネスとして経営することはできます。

しかし認可保育園を立ち上げるには相当な計画性と費用が掛かりますが、それ以上に利益を得られる可能性もあるのが保育園経営です。

そんな保育園経営の儲かる仕組みを紹介します。


認可保育園の経営が儲かる理由は黙っていても人が集まるから

認可保育園の経営が儲かる理由としては、黙っていても保育園に入りたいという人が多く集まってくるからです。

保育園の待機児童問題は社会的にも問題となっていますが、認可保育園に入りたいという人は倍率も高く競争となっています。

そのため毎年認可保育園に入りたいという人は殺到するので、特別何か宣伝をしなくても人は集まってくる状態が続いています。

認可保育園が人気な理由としては、補助金制度を受け取っているので利用料金が安く済むことが挙げられます。

しかも建物も立派ですし運動するスペースも広いので、たくさんの子供を受け入れる態勢が整っています。

子供に対しての保育士の人数もしっかりと守られていることが条件となっているので、安心して子供を預けることができます。

安く安心して預けられる保育園が認可保育園なので、認可外保育園よりも人気は高いです。

保育園の経営が儲かるのは補助金制度のおかげ

保育園の経営が儲かる理由としては、補助金を受け取ることができることが大きな要因となります。

補助金は保育園の規模が大きくなればなるほど大きなお金が動くので、それだけ利益を生むことが可能となります。

もちろん補助金はあくまでも経営の補助をするだけですが、認可保育園だからこそ補助金をもらうことができます。

建物や人件費に関しても補助金を活用することができますし、費用に関してはかなりの補助金で賄うことができます。

そのため補助金を上手く使いこなすことができれば、利用者からもらえる金額と合わせてかなりの利益を出すことができます。

保育園の経営は認可保育園になることができれば、国からの補助金を受け取ることができるので、安心して経営を続けていくことができます。

経営努力次第では利益を多くすることができるので、認可保育園の経営は儲かるといえます。

認可保育園を経営すれば毎年安定して確実に儲かる

認可保育園が儲かる仕組みは、毎年安定して多くの子供が入園してくれるからです。

経営する側とすれば安定して毎年多くの子供が入園すれば、補助金も一定額は期待できますし、先行投資をすることもできます。

そのため中長期的な経営をすることができるので、より安定した経営を続けることができます。

しかも認定保育園は多くの補助金をもらいながらも、経営者の地位を世襲することができるのです。

保育園の職員として家族を養うこともできるので、人件費に関して厳しい時は下げやすくすることもできます。

しかし多くの場合は安定した経営をすることができるので、身内でよりうまみのある経営をすることができるのが実態です。

儲けの仕組みは補助金をもらうことができることと、納める税金が少なくできるというメリットがあります。

上手く利用することができれば、中長期的に安定した経営を続けられるのです。

利益を増やすための経営をしようとすれば何でもできてしまう

認可保育園汚経営をすることで儲かる仕組みを作るのは簡単だといわれるのは、補助金を上手く利用すればより利益を出すことができるからです。

補助金があるからといって経営努力をしない保育園もありますが、しっかりと必要物品に関して、いくつもの業者から見積もりを出すことで費用を削減できます。

また人材に関しては次の理事長を決めることができる権限もあるので、家族で世襲をして経営することもできます。

そのため家族全員で保育園を経営し、法人税なども支払うことなく家族経営で利益を得ているケースも多いです。

また保育士に関しても若い女性ほど優遇すれば、人件費を抑えることもできます。

長く働くと給料も上がってしまうので、保育士を早めに辞めさせることでも利益を生もうと思えばできてしまうのです。

補助金があることで利益を得ようとすれば、いくらでも方法はあるので、しっかりと良い保育園を見極めることも必要です。

認可保育園は世襲制になりつつあるが見極めが必要

認可保育園に関しては家族経営をしている保育園も多く、経営に関してはかなり緩い保育園もあります。

補助金がああり利益をある程度確保できるので、サービスを重視しない保育園もあります。

また利益だけを追求するように人件費を削減しようとして、保育士の人数をギリギリに減らすことで、ブラック企業のように経営している保育園もあるようです。

認可保育園は中長期的に安定した経営ができないと、その地域の住民が迷惑してしまうので、ある程度の緩い制度も問題となっています。

認可保育園を建てるにはかなり大変な費用と労力が必要ですが、経営するうようになれば安定的に儲かる仕組みを作れます。

家族の世襲制によって経営していることも多いですし、利益ばかり追求するような保育園であれば見直しも必要です。

世襲制でもいいので子供の良い環境の保育園であることを願うだけです。

 - 職種に関するお悩み