仕事のお悩み解決所

保険代理店で稼ぐのは大変!平均的な収入と仕事のポイントとは

2017.11.2

保険業界で働き続けてきた経験を活かして、保険代理店として独立したいと思っている人にとって気になるのは収入です。

独立すれば収入はアップすることができますが、費用が自己負担となってしまうので、収入が多い割には儲からないという状況にもなりかねません。

そこで保険代理店で稼ぐことの難しさと仕事のポイントについて紹介します。


保険代理店での収入は自分にお客さんが何人いるかが重要

保険の代理店で働くことを決意した時に重要なことは、いかに自分が顧客を獲得しているかが問題です。

保険会社で働いている時にはそれなりに自分の子お客を確保していたかもしれませんが、代理店に移った時に果たして自分についてくれるお客がいるかどうかが問題です。

自分が会社を辞めて代理店に移った時に、そのままお客を引き連れて行くことができれば、安定した収入を得ることができます。

しかし自分の顧客を獲得しないまま代理店に移動することになれば、また新規からの開拓となります。

代理店となっていれば実際にお客を掴んでも、上に手数料として引かれてしまうので、自分の実際の利益も少なくなってしまうでしょう。

代理店として独立した時ほど手数料に泣かされることはありませんが、だからこそ多くの顧客を自分が獲得しているかが重要なのです。

保険代理店としてやって行くには収入よりも顧客数が重要

保険代理店として独立しようとした時に重要なことは、目先の収入よりも顧客をいかに獲得するかが重要です。

顧客を得たことによる利益をそのまま得ることができないため、手数料を引かれてしまうぶんだけ利益も減ってしまいます。

代理店として仕事をする時には会社の名前があるからこそ、顧客も安心して利用してくれる部分はあります。

しかし代理店になると手数料を取られてしまうため、実際の収入よりもかなり引かれてしまうでしょう。

会社員として働いている時は給料制とボーナスが基本なので、あまり収支に関しては細かくチェックしていなかったかもしれません。

しかし代理店ともなれば手数料によって大きな差を生んてしまうので、かなりシビアに営業努力しなければなりません。

目標収入を得るためには約十倍の収入保険料が必要なので、とにかく顧客の数を増やすことが先決です。

会社の保険代理店によっては手数料が違うので収入にも影響する

会社にとって代理店は重要なお店ですが、会社によって手数料の形態は変わっています。

手数料が安ければそれだけ収入も増えることになるので、保険代理店としては手数料は重要な問題です。

しかし大手になるほど手数料も高くなりがちですが、それだけ認知度が高いので顧客も見込むことができます。

会社によって手数料は8%~15%と違いがあるので、長期で見るとかなりの違いになってしまいます。

代理店として独立を目指す時には、収入を高くするために独立する人も多いでしょう。

実際に1000万の収入があったとしても、代理店になるとそこから経費を引かなければなりません。

ガソリン代などの経費を引くと、会社員時代に比べてもそれほど多くなったとはいえないことも多いです。

手数料が安くなるだけでも収入が多くなりますし、会社によって手数料が違うので、見比べることも必要になります。

独立して毎年コンスタントに顧客を獲得できるかが難しいところ

保険代理店として独立することは自分の収入を上げることにも繋がりますが、毎年コンスタントに顧客を獲得できるかが難しいところです。

保険代理店として独立することで収入は確かにアップしますが、今まで考えていなかった経費についてもシビアに考える必要があります。

ガソリン代や通信費などの経費の他に、本社に対して手数料を支払うことになります。

そのため思っているよりも経費が掛かってしまえば、その分だけ利益も少なくなってしまうことになります。

手数料に関しては会社によって変わってきますが、1%の違いでも収入保険料が多くなるほど、収入にも大きく影響してしまいます。

独立することで年収1000万を目指すこと可能ですが、経営努力を怠ってしまうと数年後にはすぐに半分の年収になってしまうことも予想されます。

自分にいかに顧客をつけるかが重要なので、毎年コンスタントに新規獲得できるかがポイントです。

自分についてくれる顧客数が少なければ独立は諦める

保険会社で働いていると自分の顧客がついてくれるようになりますが、果たして保険代理店として自分が独立した時に、何人の顧客がついてきてくれるかが問題です。

はっきりいえば会社のブランド力があってこそ、担当の人を信頼して保険の契約をするでしょう。

個人を信頼しても裏切られる可能性はありますが、大手の会社ほど信頼できるので、会社のブランド力があってこそ独立してもやっていけるのです。

自分が収入アップを目指すために独立しようとするのであれば、いかに自分の顧客をそのままつれてこれるかが大切です。

もしも独立した時に顧客がついてこないようならば、独立することは諦めた方がいいといえます。

ある程度の基盤がなければ独立して安定した収入を得るまで、かなりの時間を必要としてしまいます。

会社員時代は会社のブランドがありますし、収入保険が少なくても給料をもらうことができました。

独立すると顧客の数が収入に直結してくるので、少ない時は諦めて大人しく時期を待った方がいいかもしれません。

 - 給料に関するお悩み