仕事のお悩み解決所

過労で倒れるほどの病状とは?気になる病名と対処法

2017.11.8

働き過ぎて過労死をしてしまう人も残念ながらいる日本ですが、過労によって倒れるまで働くこともあるのが日本の現状ともいえます。

働き方も徐々に改革してきてはいますが、倒れてしまうまで頑張ってしまうのは日本人の特性なのかもしれません。

そこで倒れるほど働いた時に気になる病名と対処法について紹介したいと思います。


過労によって倒れるほどの病名は種類も豊富

働き過ぎて過労で倒れることはありますが、実際にはどんな病名有力かはその人の状況によって変わってきます。

つまり倒れるまで働き続ける時には基本的な病名は過労となり、細かく分けるといろいろな病気が見つかってくるのです。

体が疲れていることで内臓系が弱ってしまい、胃腸炎や腸などにの病気になることもあります。

過労はストレスなども大きく関係するので、ストレスによるうつ病も過労のひとつの症状といえるかもしれません。

めまいや頭痛などは仕事のし過ぎで体を酷使するとなりやすいこともありますが、血流の流れが良くないことが要因となります。

はっきりとした病名から原因不明の症状まで様々な異変が体に出てくるので、過労で倒れた時はいろいろな病気を患っている可能性が高いです。

ひとつの病気だけでなく複数の病気が原因で倒れてしまったり、いろいろな症状を引き起こしてしまうので、体も耐え切れずに倒れてしまうのです。

過労で倒れるほどの病名はストレスによる胃炎が多い

過労で倒れる時の病名で多いのが、ストレスによる胃炎です。

胃炎は慢性的なストレスを受けることによって、胃に炎症を起こしてしまう症状ですが、酷くなると胃に穴が空いてしまう危険性もあります。

これは体の異変によって自分の胃酸が逆流することによって、胃が荒れてしまう症状です。

ストレスによる症状が主な原因となることが多く、会社に行く時に嫌なことを想像すると胃が痛くなってしまうのも、このストレスによる胃炎が原因となります。

胃炎をそのまま放置していれば、胃が荒れてしまうので症状も酷くなる一方です。

ストレスを少なくして安静にしていれば治りやすいですが、仕事をしながらストレスをなくすことは難しいので、つい倒れるまで頑張って仕事をしてしまうのです。

そのため倒れた時にはかなり胃が荒れた状態となっていることも多く、相当なストレスを受けながら仕事を頑張っていたと想像できます。

過労で倒れるほどの病名としては精神疾患などのストレス

仕事をしていて過労で倒れるほどの症状になった時の病名として、精神的な症状であればうつ病などが考えられます。

一般的にうつ病は仕事でのストレスが原因で職場に行きたくなかったり、仕事へのやる気がでずに気力もどんどん落ちてしまう症状が多いです。

しかしうつ病にも種類があるので、自分の仕事は何とか頑張って迷惑を掛けたくないと思っていますが、家に帰るとボーっとしてうつ状態になることもあります。

周りの人からは一見するとうつ病には思われませんが、一人になった時には自分の殻に閉じこもってしまうので、上手くストレス発散もできません。

仕事中はとにかく頑張ってしまうので、自分の許容量よりも多く張り切ることによって、突然倒れてしまうこともあります。

精神疾患などストレスによる影響は体にも大きく影響を与えるので、自分では大丈夫だと思っていても、体には相当な負担となっているのです。

食欲不振などの症状も過労による影響が大きい

仕事を頑張り過ぎてしまうと食欲もなくなってくることもありますが、しっかり食べないことで栄養補給ができずに倒れることもあります。

病名としては栄養失調となりますが、過労で倒れる時には多くの人は食事をロクに食べていないことが多いです。

食事は自分のエネルギーの源になるものですが、しっかりとしたバランスの良い食事を摂らないことによって、働くための元気も出ません。

そのため仕事が忙しいからといって頑張り過ぎると、体力が続かなくなってしまい、いずれ倒れてしまうのです。

過労で倒れる時は食事もしっかりと食べていないですが、食事を食べたいと思わないことも多いです。

そのため簡単なカップラーメンで1食しか食べなかったり、コーヒーや飲み物ばかり飲んでいるケースも多いようです。

食事は体力だけでなく思考力にも大きく影響するので、しっかりと食べて倒れないように体力をつけなければなりませんん。

睡眠不足になると倒れてしまう可能性が高くなる

人間にとって睡眠はとても大切なものですが、過労で倒れる時には睡眠不足による影響も大きいです。

睡眠不足や不眠症は立派な病名ですが、多くの人はあまり気にしていないかもしれません。

仕事をしていれば自分のプライベートな時間も少なくなってしまうので、睡眠時間を削ってプライベートの時間を多くしようとします。

1日8時間の睡眠が理想的だといわれますが、多くの人は6時間程度の睡眠しかとっていないことが多いようです。

過労で倒れてしまう人ほど睡眠時間が少なく、3時間以内の睡眠しかとらないで働き続けていることもあります。

睡眠は自分の体力を回復させるためには必要不可欠なもので、府かい睡眠をとらないと体力もしっかり回復できません。

過労で疲れ切ってしまうと逆に不眠症になってしまい、寝つけなくなってしまうことで、疲れ切った体で仕事をするので倒れてしまうのです。

過労で倒れる前に自分の体のケアをしっかりすることが大切で、自分で自分を守ることしかできないので意識しましょう。

 - ストレスに関するお悩み