仕事のお悩み解決所

仕事できないからクビ!能力不足による解雇をするための条件とは

2017.11.8

仕事ができないとしても働く人の雇用は守られているので、クビになることは考えていません。

そのため仕事ができなくてもクビになるとは思っていないので、スキルアップをしようとしなかったり、適当に仕事をしようとしてしまいます。

そこで会社側が能力不足によって仕事ができない時に、クビにできる条件について紹介したいと思います。


仕事できないからといってもいつクビになるかと心配する必要はない?

仕事ができないと分かっていてもクビになることはないとタカをくくっていれば、後で後悔することになるかもしれません。

働く人は雇用が守られているので相当な理由がなければクビにならないと思っているかもしれませんが、能力不足によってもクビになることはあります。

クビになる時の主な要因として不正を働いたり、犯罪を犯した時にはクビになっても仕方ないと分かっています。

しかし普通に仕事をしていて能力不足によるクビはないと思っているので、適当に仕事をしていればいいと思っているかもしれません。

特に公務員で働いている人にとっては、クビになる可能性が極めて低いので、最低限の仕事だけをやっていればいいと思っているかもしれません。

しかし仕事で一定の能力がなく能力不足を改善しようとする努力が見られなければ、相当な期間を経てクビにすることができるということは知っておく必要があります。

クビの条件として仕事できないことを理由にすることはできる

会社にとって一度雇ってしまった社員に対しては、相当な理由がなければクビにすることができません。

しかし逆に考えれば相当な理由があればクビにすることができるということなので、仕事ができないことを理由にクビにすることはできます。

相当な理由として考えられるのは犯罪やルール違反を犯した時ですが、仕事の能力不足によっても相当な理由に含まれることはあります。

理由とすれば仕事をする上で必要な能力がなければ、仕事をすることができませんし、その為には自分がスキルアップしなければならないからです。

自分が何もスキルアップや努力をしないまま仕事ができなければ、能力不足を理由にクビにすることはできます。

もちろん再三に渡って能力不足を指摘して改善するように指導したり、期間を取って指導した結果、能力不足が改善できなければクビにすることができるのです。

正当性のある理由であれば仕事ができないことでクビはありえる

仕事ができなくてもクビになることはないと、多くの人は思いながら仕事をしているでしょう。

仕事ができなければ上司から怒られますし、そのため自分の立場が悪くなることで人間関係が嫌になり、自ら会社を辞めるパターンが多いからです。

仕事ができないと自分で分かっていても何とか会社にしがみついていれば、生活することができるので、ストレスが溜まっても耐えていればいいと思っています。

会社とすれば利益を上げない社員をいつまでも雇いたくないですし、頑張って努力している姿が見られなければクビにしたいと思うのは当然です。

仕事の能力不足を正当性のある理由にすることができれば、仕事ができないことでもクビにすることはできます。

自分が何のために働くのかを考えれば、自分ができない仕事をずっと続けるよりも、やりがいのある仕事をした方が自分のためにもなります。

クビにならないと思って遊んでばかりいると、後で後悔することになるので、仕事をするために努力をすることは必要です。

能力不足と病気や怪我は仕事ができない理由に相当する

会社にとって社員を雇う理由は、利益を上げることで会社をみんなで支えていくことを期待しています。

しかし能力不足によって仕事ができないのであれば、ずっと雇っていくことは周りの人にも迷惑を掛けてしまいます。

能力不足だけでクビにならないと思っていると、ある日突然クビになった時にどうすることもできなくなってしまうでしょう。

仕事ができないだけでクビにならないと思って、会社から指導や警告を受けていたことを無視していれば、自分が後悔するだけです。

労働基準監督署に行ってクビになったことを訴えても、会社が相当な期間の猶予を持って仕事をするように促したり、スキルアップのための指導をしていれば、訴えても却下されるのは当然です。

また仕事の能力だけでなく病気に関してもクビに相当する理由となり得るので、うつ病になってしまった時には気をつけましょう。

会社にしがみついてもうつ病は治りませんし、クビになる前に将来のことを考えて行動した方が自分のためにもなります。

クビにならないと思って会社に寄生するのは難しい

仕事ができない人にとって会社を辞めてしまうのは、新たな会社でやっていけるか自信がありません。

またそもそも転職活動をして会社に入社できるかどうかも分からないので、できるだけ会社に居座ろうとするでしょう。

特に40代以上になると新たな仕事先を見つけることは難しくなってくるので、クビにならない限りは会社にしがみつこうとします。

仕事ができない人ほど自分が他では通用しないことを分かっているので、会社にしがみついてでも居続けようとしますが、スキルアップをしようと努力しないのも特徴のひとつです。

なぜなら能力不足で会社をクビになるとは思っていないので、今更仕事を頑張って新しいことを覚えようとするモチベーションがないからです。

会社の経営が悪化すれば当然リストラ対象となりますし、実質クビになります。

しかしそれ以前に厳しい社会になったので、能力不足によってクビになることもあるので、常にスキルアップを目指して仕事に打ち込むことが大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み