仕事のお悩み解決所

ストレスによる眠気とは?休日に眠たくなる原因と対処法

2017.11.8

ストレスによって体にはいろいろな変調がでますが、休日になって急にだるくなったり眠気が襲ってくることもあります。

仕事の時は集中しているのでバリバリ働くことができるのですが、休日になると急に疲れを感じてしまい、眠たくなってずっと寝続けてしまうこともあります。

そこでストレスによって休日に眠たくなる原因と対処法を紹介します。


休日の眠気は日頃のストレスによって体が休みたいと思っている

休日になって急な眠気を感じるのは、体が素直に疲れているので眠りたいというサインを出しているのかもしれません。

仕事の時は前の日から朝何時に起きるかも決めているので、リラックスはしていてもどこかで仕事だという緊張感があります。

しかし休日の日は前の日から明日は休みだという気持ちになっているので、体と頭が本当にリラックスした状態となっています。

そのため休日になった時には普段仕事で体ら疲れているので、久しぶりに頭も体もリラックスしたことによって、体が休みたいというサインを出します。

普段は寝ていても次の日は仕事なので、どこかで緊張感があるので眠りも浅くなっている可能性もありますし、そのため眠りの質も悪くなって疲れも取れにくくなっているのです。

休日はストレスもなく体も休めたいと思っているので、急にリラックし過ぎてしまい、体が素直に休みたいと思って眠気を感じるようになるのです。

ストレスによる眠気の原因は休日になると生活リズムがズレるから

休日になると普段の仕事の人は違って生活リズムがズレるので、体もリラックスすることから眠気を感じてしまうのです。

急な眠気を感じる時は体が疲れを感じている証拠なので、普段仕事で疲れていても休むことができないので、ストレスのない休日になると眠気を感じやすくなります。

仕事中は疲れていても休むことはできないので、毎日同じような生活リズムになります。

しかし普段仕事で疲れてしまうと休日はゆっくりと休みたいと思ってしまうので、朝もゆっくり起きることで生活リズムがズレてしまいます。

仕事中も本来ならば疲れを感じていますが、休日になると気も張っていないので、リラックスした状態で疲れを感じると眠気に変わってしまいます。

そのまま眠ってしまえば当然生活リズムも変わってくるので、仕事が始まってからも生活リズムが戻らずに、疲れやすくなってしまいます。

休日はストレスから解き放たれるので眠気を感じる

休日に眠気を感じるのは、普段の仕事中にも疲れや眠気を感じていますが、仕事中なので気を張っていることから意識していないのです。

休日のリラックス状態で眠気を感じれば、我慢して起きている必要もないので、ぐっすり眠ることもできます。

眠気を感じるのは体が疲れている証拠なので、休日のストレスから解放された状態では眠気も感じやすいといえます。

休日は体とゆっくりと休めて仕事に備える日なので、眠たい時には我慢せずに寝ることをおすすめします。

ぐっすり寝るのではなく仮眠をすることで、疲れた体を一旦回復させることができます。

体は正直なので疲れてくると眠たくなるのは当然ですし、疲れがたまってしまうと睡眠や生活リズムにも影響してしまいます。

休日には眠気を感じたら我慢せず、仮眠や昼寝をして体力回復させることもおすすめしたいです。

体からの眠りのサインは素直に受け止めて休むことが大事

普段仕事を頑張っていると、仕事終わりには疲れ切ってしまいすぐに寝てしまうこともあるでしょう。

仕事の時間が長いほど体も疲れやすくなるので、しっかりと休日を有効活用しなければなりません。

体がストレスを多く感じるようになると、変調をきたすことがあるので注意が必要です。

ストレスは体の疲れだけでなく、睡眠にも大きく影響してくるので、普段の眠りが浅いと突然眠気が襲ってくることもあります。

休日はリラックスしているので、リラックスしている状態だと眠気を感じやすくなります。

眠気を感じるのは体が疲れているので、逆らわずに素直に休むことが大切です。

眠気を感じたらちょっと目を瞑って仮眠をするだけでも、目覚めの時にはスッキリとして眠気も吹き飛びます。

あまり本格的に寝てしまうと生活リズムがズレてしまうので、仮眠をする時は15分から30分程度にするのがおすすめです。

生活リズムを仕事と休日で同じにすれば眠気も感じにくくなる

休日に強烈な眠気を感じるようになるのは、日頃からのストレスが強いことが要因かもしれません。

仕事の時は気を張っているので、疲れを感じても何とか頑張って仕事をしています。

しかし休日になるとストレスも感じないので、普段の体へ溜まった疲れを感じて眠たくなるのです。

本気で寝入ってしまうと生活リズムがズレてしまいますが、仮眠をすることで体力回復することができます。

できるだけ生活リズムをズラさないようにするには、平日と休日の生活リズムを同じにすることが大切です。

朝起きる時間は同じにするようにするだけでも、生活リズムは崩れにくいので、休日だからといって遅くに起きるのはおすすめできません。

毎日朝早くに起きる習慣をつけることで、有効な時間を活用することができます。

眠気を感じた時は15分程度の仮眠をすることでスッキリできるので、生活リズムを一定にすることで眠気を抑えやすくすることができます。

 - ストレスに関するお悩み