仕事のお悩み解決所

出張マッサージは資格がなくてもできる!その理由と現状とは

2017.11.8

マッサージをすると体の疲れが吹き飛んで元気になれますが、実際にマッサージをする人すべてが資格を持っている訳ではないので、ちょっとだけ学んだだけでマッサージ師として働いている人もいます。

出張マッサージをするには相当なスキルがなければ、次も頼んでもらえません。

そこで出張マッサージをする人の資格と、無資格でやっている人の理由や現状について紹介します。


出張マッサージでは国家資格のあんまマッサージがあると安心

マッサージ師として仕事をするには資格を持つことが大切で、資格は自分のスキルと知識を証明してくれるものです。

国家資格でもあるあんまマッサージの資格があれば、自分でマッサージ店を経営することもできます。

知識とスキルがなければ取得できないあんまマッサージですが、本格的な出張マッサージをするのであれば有効な資格といえます。

国家資格なので持っているだけで信用されますし、実際に出張に行ってからその場で状態をチェックし、要望に合わせたマッサージをするなら資格があった方が安心できます。

出張マッサージは特に症状が酷い状態の人や、仕事で忙しくて病院に通えない人が利用することが多いです。

家でマッサージをした方がリラックスできるので、自宅でじっくりとやってもらった方がいいという人もいるでしょう。

資格を取得して出張マッサージをするなら、あんまマッサージの資格があると有利です。

出張マッサージでは国家資格がなくてもセラピストで活躍できる

マッサージの資格といえばあんまマッサージですが、民間ではちょっとした知識とスキルを勉強して資格を取得することができます。

マッサージ師ではなくセラピストやエステティシャンとして、出張マッサージを行っている人もいます。

出張マッサージの形態によっては、症状を改善するために担当医に自宅に来てもらうこともあれば、癒しを求めるために出張マッサージを利用する人もいます。

セラピストやエステティシャンに関しては、資格がなくても自分が学んだことをやることによって、利用者に満足してもらうことを目的としています。

そのためどこか体調が悪いから疲れをいやすためにマッサージをしたり、痛みの症状を和らげるためにマッサージをするのではありません。

エステティシャンのマッサージによって優雅なひと時を感じることができるので、癒しの効果として出張マッサージを受ける人も多いです。

エステティック出張マッサージは資格がなくてもできる

出張マッサージを受けることによって利用者は体の疲れをいやすことができますが、資格がなくても出張マッサージをすることはできます。

マッサージではスキルや経験が重要なので、症状やその人に合った最適な力加減と部位をマッサージすることが大切です。

すべての人が痛みや体の調子を整えるためにマッサージを受ける訳ではなく、癒しやリラックス効果を狙って受ける人もいます。

エステティシャンは施術に必要は知識を学ぶことによって、民間の資格を取得するか、資格がなくても勉強するだけでエステティシャンとしてマッサージをすることができます。

資格があるからマッサージが上手いとは限らないので、マッサージの講習を受けるだけでも出張マッサージはできます。

特にエステティシャンは民間でエステティシャンとしての知識や講習を受ければ、資格がなくてもできるので、利用者が満足してくれることが重要です。

マッサージにはいろいろな種類があると認識すればよい

マッサージの資格といえばあんまマッサージですが、実際にはいろいろな種類のマッサージの方法があります。

あんまマッサージの資格があれば、体の仕組みや構造から学ぶことで、その人の症状に合った施術をすることができます。

そのため出張マッサージでもその場で対応することができるので、臨機応変に症状に合わせて施術ができるプロとして活躍することはできるでしょう。

マッサージには施術をして症状を改善するものから、特定の部位だけをマッサージしたり、ストレス解消や癒しを与えるためのマッサージもあります。

優雅なひと時を提供するために決められたマッサージ方法をすることで、万人受けするマッサージ方法もあります。

出張マッサージを受ける人は癒しを求める人もいるので、フットマッサージや頭皮だけをマッサージしてもらうこともできます。

マッサージには資格がなくても部位によって癒しを与えることができる方法もあるので、いろいろな種類があるといってもいいでしょう。

日本では本来ならば国家資格がなければできない

本来日本ではマッサージ業務を行う時は資格がなければできないので、あんまマッサージの資格を取ることは必須となっています。

知識も何もない人が肩もみをしただけでお金をもらうことができれば、資格のために勉強する必要はありません。

お店を出してマッサージをする場合には、接骨院などは信頼できますが、カイロプラクティックやエステマッサージ店は資格がない人がやることが多いです。

本来ならばマッサージをするなら資格が必要ですが、カイロプラクティックやエステはマッサージとは少し違った施術を行います。

そのため分類としてカイロプラクティックと接骨院を一緒にはできないので、無資格でもカイロプラクティックとしてマッサージをすることができるのです。

細かくいえばグレーゾーンですが、エステティシャンが資格がないからといって仕事ができなくなるということはないでしょう。

資格の有無よりも利用者とすれば効果があるかが重要なので、出張マッサージで自分で良いと思えば、また利用しようと思います。

 - 職種に関するお悩み