仕事のお悩み解決所

退職届の書き方は?日付未定の時に気をつけるポイント!

2017.11.8

退職する時にはしっかりと上司と相談をしてから退職届を提出しますが、退職届の書き方として退職日の日付未定の時はどうすればいいか悩んでしまいます。

日付未定のままではいつ退職すればいいか分からないので、しっかりと書かなければトラブルになってしまうでしょう。

そこで退職届の書き方として日付未定の時に気をつけるポイントを紹介します。


退職届が日付未定の時の書き方として注意するポイント

退職届の書き方として気をつけるポイントは、日付未定の時にはしっかりと書いてから提出しなければなりません。

会社を辞める時の流れとしては、初めに退職願いを出して上司に相談をします。

上司が退職願いを受理した後に、上司と相談をして退職日について話をすることで、スムーズに退職することができます。

基本的には退職する時には自分が退職したい日にちがあるので、いつまでに辞めたいかを上司に相談をするのが一般的です。

上司がその日の退職を了解してくれれば、改めて退職届を提出する流れになります。

上司と退職日について話をしなければ、自分から改めて相談しに行った方がトラブルにならなくて済みます。

退職日は会社にとってもいつ辞めるかによって事務手続きがありますし、未定のままでは退職日を長く引き伸ばされてしまうこともあるかもしれないので、しっかり記入してから提出しましょう。

日付未定の退職届はトラブルの元なので書き方は相談する

日付未定の退職日はいつ会社を辞めるか分からないので、必ずトラブルになってしまいます。

自分が月末に辞めるのか月の締め日に辞めるのか、又は来月辞めるのかによって、仕事も変わってきますし新たな人材をいつまで採用するか決めなければなりません。

退職日の書き方は一般的には自分の希望する日を上司に伝えて、上司から了解を得てから書くことになります。

辞めたいと一方的に言っても、会社の都合もあるので上司と相談した方がスムーズに辞めることができるからです。

そのためまずは退職願を出して上司と相談をし、改めて退職届を出す流れになるのです。

退職届を出す時には上司や会社には辞めることは伝わっているので、急いで出すことはありません。

もしも退職日が未定であれば、上司と相談をして決まってから退職届を提出してもいいので、退職日未記入のままでの提出は避けましょう。

退職届が日付未定の時の書き方は会社の締め日にしておく

退職日に関して日付未定の場合には、月の締め日に退職した方が無難でしょう。

退職届の書き方として退職日が未記入であればトラブルになるので、必ず記入してから提出しなければなりません。

特に予定がない人にとってはキリの良い所で退職したいと思うので、会社の給料の関係上締め日に退職した方がスムーズでしょう。

締め日に退職すれば事務手続きもしやすいですし、給料もキリ良くもらうことができます。

もしも締め日が20日で月末まで働いたとすれば、締め日以降の分は来月になってしまう可能性が高いです。

会社を辞めて違う会社で働き始めてから、前の会社に給料を取りに行かなければいけなくなるので、面倒な作業になってしまいます。

自分と会社にとっては締め日でキリ良く辞めた方がスムーズに辞められるので、退職日の希望がなければ締め日に合わせて退職日を決めましょう。

退職届は上司と相談をしてから出した方がスムーズ

退職届の書き方として未記入な箇所があれば受理できないので、日付未定の場合は受け取ってくれないこともあります。

退職届を出す時には辞めることは分かっていますが、いつ退職したかは自分も会社にとっても大切なことです。

これはのちの事務手続きにも大きく影響してくるので、事務とすれば早めに退職届をもらって退職日を確認したいと思っています。

退職届の書き方としては辞めることは分かっていますし、スムーズに辞めるためにも無難な理由を書いて提出します。

会社も退職理由を鵜呑みにすることはありませんが、形式上の物なので、退職したいという証拠として退職届がなければなりません。

会社とすれば年金や保険の解約をしなければいけないですし、自分とすれば退職証明書を会社からもらわなければなりません。

後で必要になるものですが、退職届の日付がしっかりと確認できなければ退職証明書も書くことができないので、上司と相談をしてから退職届を提出した方がスムーズでしょう。

退職日の日付が未定の時は退職届は出すべきではない

会社を辞めたいと思っているので、できるだけ早く辞めたいという気持ちはありますが、具体的にいつ退職したいか日付未定のことが多いです。

自分で日付を決めていても、その通りに辞められるか分からないので、できるだけ早く辞められる日を上司と相談するしかありません。

大抵は会社の月の締め日か月間になるので、上司と相談してから退職届を書くのが一般的です。

退職届の書き方としては退職したい意思を伝える証明書の役割なので、無難な理由を書いて提出すれば問題ありません。

その退職届を見て事務手続きと退職証明書を作成するので、退職日に関してはとても重要になります。

そのためもしも退職日が日付未定のまま提出されれば、トラブルになってしまうので注意しましょう。

退職届を提出する前には上司と相談して退職日を決めることが大切なので、スムーズに退職できるようにきっちりと上司に相談することをおすすめします。

 - 退職・休職に関するお悩み