仕事のお悩み解決所

肋骨を骨折してしまった!仕事復帰までの日数と対処法とは

2017.11.8

日常生活の中で肋骨を骨折してしまうこともありますが、気持ち的には元気でも仕事をするには痛みで体が動かないので、休むしかありません。

しかし肋骨の骨折によって仕事を休むのは気が引けますし、何かできることがあると思って無理をしてしまうことも多いでしょう。

そこで肋骨の骨折によって仕事ができない状態となった時の対処法を紹介します。


肋骨を骨折した時は治るまでは上司に仕事を休むお願いをする

肋骨を骨折してしまった時には、基本的には上司に相談をして治るまでは仕事を休むお願いをしましょう。

腕や足の骨折であればできる仕事はあるかもしれませんが、肋骨の場合には呼吸や動作にも大きく関わってくるので、少し動いても痛い思いをしてしまいます。

腕の骨折ならば反対の腕が使えますし、フットワークも軽いので違う仕事をすることもできます。

足を骨折すればパソコンを中心に仕事ができるので、上司に休みを申請しても良い顔はされないでしょう。

肋骨の骨折に関してはまず息をするのも痛いので、まともに会話をするのも辛いです。

動く時も痛みを伴うので、仕事をしていれば治りも遅くなってしまうでしょう。

肋骨の骨折であれば上司に相談をすることで会社を休むことができるはずなので、診断書を持って上司に相談しましょう。

期間に関しては症状が良くなったら出勤することになるので、上司とマメに連絡を取り合うことが大切です。

肋骨を骨折してもできるような仕事でも1週間は安静にしている

肋骨の骨折をしても仕事によっては、何とか頑張ることができるものもあります。

受け付け業務や電話対応などを中心にやれば、息を吸うのは苦しいですが仕事をすることはできるでしょう。

自分は何とか仕事を休みたくないと思っていますし、何かできる仕事を自分で探すのは大切なことです。

しかし無理をして仕事をしていると、治りも遅くなってしまうので、結局は余計迷惑を掛けてしまうことになります。

骨折を安易に考えていると後で辛い思いをすることになりますし、肋骨は内臓にも近い場所なので早く治すことが大切です。

自分では仕事ができると思っていても、まずは安静にして少しでも早く治すことを考えましょう。

最低でも1週間は休んで安静にすることで、ある程度痛みにも慣れて和らいできます。

その後は自分が動けると思ったら主治医と相談をして、仕事に復帰するようにしましょう。

仕事によっては肋骨を骨折してもできるが無理をすれば長引く

社会人になってから骨折をする機会も少なくなりますが、ふとした瞬間に骨折をしてしまったということも多くなります。

肋骨の骨折の場合には転んだ時にぶつけたり、くしゃみをした反動で骨折することもあります。

自分でもまさかと思うようなことで簡単に骨折してしまうこともありますが、完治するまでには時間は掛かります。

骨折を安易に考えているとなかなか治りませんし、特に肋骨は何をするにも痛みを感じる部位なので、少しでも早く治すことが大切です。

肋骨の骨折は呼吸にも影響を与えるので、ある程度痛みを感じなくなるまでは仕事も休んで安静にすることが大切です。

骨折していても多少の痛みを感じる程度かもしれませんが、万が一にもぶつけたりしてしまうと、骨折した骨が肺や内臓に刺さってしまうことも考えられます。

治りも遅くなりますし、余計酷い状態となる可能性もあるので、無理をせず安静にすることを考えましょう。

肋骨の骨折が治るまでは約1ヶ月ほどかかるので有休を利用する

肋骨の骨折によって仕事を休みたくないと思う人も多いですが、ある程度治るまでは安静にしておく必要があります。

骨折を完治させるためには約1ヶ月ほど掛かるので、その間に無理をしてしまうほど完治も長引いてしまいます。

さすがに1ヶ月も仕事を休めないという人は多いかもしれませんが、その時には有給休暇を使って少しでも長く休みをもらいましょう。

骨折を完治させなくてもある程度骨がくっついてくれれば、痛みも和らいで動けるようになります。

目安としては人それぞれですが、2週間をメドにすればある程度痛みも和らいで仕事ができるようになります。

長い休みが取れない人は有給休暇を活用することと、自分の体の調子と相談をしながら仕事復帰のタイミングを計りましょう。

無理をして復帰を早めても治りが遅くなるだけなので、復帰後は簡単な業務から行うことも必要です。

通常の生活ができるようになれば仕事復帰を早めても大丈夫

肋骨を骨折したことによって日常生活にも不便が出てきますが、ある程度の期間安静にしていると、急に痛みも和らいだように感じるはずです。

これは骨が自己修復してくっついてきたことによって、痛みも和らいだことによる影響なので、このまま安静にすることで完全に骨がくっついて復活します。

完治するまで個人差がありますが、2週間程度をメドにすることで痛みも和らいでくるはずです。

この頃になると日常生活もある程度気をつけながら生活していれば、不安に思いながらも普通に生活することができるようになります。

そのため完治はしていなくても仕事復帰をすることはできるようになるので、無理のない仕事であれば早めの復帰をすることができるでしょう。

肋骨を骨折すると常に何をする時も不安に感じてしまいますが、この不安があるからこそ慎重になれるので、不安がなくなるまでは無理をしないようにしましょう。

完治には1ヶ月くらいは掛かるので、無理をして完治を長引かせないように気をつけることも大切です。

 - 退職・休職に関するお悩み