仕事のお悩み解決所

肺炎になった時の治療期間と仕事への対処法をご紹介

2017.11.10

肺炎にかかってしまった時は安静にすることが大切ですが、始めは風邪の症状に似ているので気づかずに仕事を続けてしまうことも多いでしょう。

肺炎になった時の治療期間はその時の状態によって変わってきますが、肺炎は死亡原因の第3位となるので、しっかりとケアすることが大切です。

そこで肺炎になった時に治療期間と仕事への対処法について紹介します。


肺炎になったら治療期間中は仕事を休むことが賢明

肺炎は脂肪原因の第3位となる病気となっているので、軽視すると死亡リスクの高い病気なので危険です。

そのため仕事が忙しいからといって肺炎を放置していると、どんどん症状が悪化して最悪なケースに陥ってしまうこともあるので注意しましょう。

肺炎の治療期間は症状によって変わってきますが、入院しなくてもいい症状であれば、1週間は安静にしておくことが大切です。

医師に診察をしてもらって薬を処方してもらうことで、安静にしていれば治るケースもあります。

しかし肺炎だとは気づかずに仕事を続けてしまうこともあるので、肺炎の症状が酷くなってしまい、病院に言った時には即入院となることもあります。

入院となれば1週間から1ヶ月など、症状の重さによって入院期間も変わってくるので、早めに診察を受けることが大切です。

体調が悪くなった時は我慢せずに病院に行って診察をしてもらうことが大切です。

仕事を無理してやれば肺炎をこじらせてしまい治療期間も長引く

肺炎の症状によっては仕事をしながら治すこともできますが、あまり無理をしてしまうと治療期間も長引いてしまいます。

始めは風邪の症状だと思って風邪薬を飲みながら対処しますが、咳が酷く普段の咳とは違うような咳に違和感を感じることもあります。

仕事が忙しい時期だと休みの日までは我慢してしまうこともありますが、仕事を頑張るほど治りも遅くなってしまいます。

特に肺炎は体力の消耗が激しいので、咳をするだけでもかなりのエネルギーを消費します。

長引く咳と体調不良を感じたら、すぐに病院に行くことが大切です。

初期の肺炎であれば1週間ほどで治ることもありますが、薬を安静にすることが条件となります。

肺炎はこじらせてしまうと治療期間も長引いてしまいますし、すぐに入院ということにもなりかねません。

肺炎かもしれないと思ったらすぐに診察を受けに行って支持を仰ぎましょう。

仕事を優先すると肺炎の治療期間も長くなり体にも悪影響

仕事は生活の中心として優先してしまうことも多いですが、体調不良を自覚しているのに仕事をしていると、治療期間も長引いてしまいます。

風邪だと思っていたのに実は肺炎だった場合には、より深刻な状況となってしまうので注意しなければなりません。

肺炎は風邪の症状と似ているので、熱と咳の症状によって風邪薬を飲みながら仕事をしてしまいます。

本来風邪でも安静にすることは大切ですが、風邪くらいで仕事は休めないという人もたくさんいます。

肺炎は見極めが難しいですが、症状として咳がいつもの咳とは違う感じますることが多いです。

深く息ができないので乾いたような咳となっていることから、自分ですぐにいつもの咳とは違うと判断できます。

熱も38℃前後となることなりますが、咳の症状だけでも違和感を感じたらすぐに病衣での診察を受けましょう。

肺炎を軽視すると死亡リスクもあるので自分の身を守ることが大事

肺炎は死亡原因の第3位となっている病気なので、年齢に関係なくしっかりと対処することが大切です。

肺炎だと診察されれば安静にすることができますが、風邪だと思って仕事を頑張ってしまうことも多いです。

早めの診察によって軽い肺炎にかかっていると診断された時は、思いきって会社を休むことをおすすめします。

仕事をしながら治療できるとはいえ、休んで安静にした方が治療期間も短くて済みますし、その方が結果的に会社にも迷惑を掛けないことになります。

上司に相談した時に軽い肺炎ならば働けと言われても、数日の休みをお願いしましょう。

肺炎をこじらせてしまえば入院する可能性もありますし、場合によっては死亡リスクもある病気です。

上司が肺炎を軽視して仕事をしろといっても、自分の身は自分で守るしかないので、はっきりと休みの申請をして安静にすることを考えることをおすすめします。

肺炎は安静のすることが大事なので上司と相談する

肺炎になったことを上司に報告した時に、さすがに働けという上位は少ないでしょう。

常識ある上司であれば肺炎がどんなに危険な病気か分かっているので、安静にして早く治すことを優先してくれるはずです。

治療期間は早めにしっかりと対処すれば1週間もあれば十分なので、体調次第では早めに仕事復帰できるはずです。

もしも軽い肺炎で仕事を続けてこじらせてしまっても、入院したり死亡しても自己責任となります。

誰も守ってはくれないので、肺炎になった時には上司と相談をして、数日間の休みをもらって安静にしましょう。

仕事を休めないといっても命に関わる病気になることもあるので、自分の身を守るのは自分しかいません。

肺炎だと気づいた時に早めに病院に行って診察を受ければ、それだけ治療期間も短くて済むので、仕事を優先するのも大切ですが、体もしっかりと労わってあげましょう。

 - 業務に関するお悩み