仕事のお悩み解決所

会社の評価として遅刻するのと休むのはどちらが良いかを解説

2017.11.13

社会人になってから仕事をするようになって、遅刻をしてはいけないと意識しながらも、どうしても朝起きれなくて遅刻してしまうこともあるでしょう。

会社とすれば遅刻をする社員は信用できませんが、体調不良で休む社員に対しての評価も低いと言えます。

そこで会社の評価として遅刻と休みはどちらの方が評価が下がりやすいのでしょうか。


会社を遅刻するくらいなら休む方がいいと考える人は多い

会社員として働き始めた時に、遅刻をすることの重要性は認識することができるので、絶対に朝は寝過ごさないように気をつけるでしょう。

しかしいくら目覚ましを掛けても起きれない時もあるので、体が慣れないうちは遅刻をしてしまうこともあります。

朝起きて目が覚めた時点で遅刻確定の時は、素直に遅刻をすることを連絡するか、もしくはこのまま休んだ方がいいかと考えてしまいます。

休むことのメリットは病気を理由にすることができるので、他の社員から心配をしてもらえるので、怒られることはありません。

仕事で迷惑を掛けてしまうデメリットはありますが、自分が怒られたくないと思った時は、休んだ方がいいと思ってしまうのは当然です。

素直に寝坊して遅刻を報告すれば怒られますし、信用を失ってしまうので遅刻の連絡も躊躇してしまいます。

自分が寝坊した行動に責任を取って早く出勤することが大切ですが、休みたいという気持ちは理解することができます。

遅刻と休むことの評価は会社によって大きく違うのは事実

一般的に考えると遅刻をするのと休むことのどちらがいいかは、遅刻をした方がいいと考えられるはずです。

会社にとって遅刻をしたことによって仕事が遅れてしまいますが、遅れても出勤をすれば人手は足りますし、遅刻した分は頑張って働いて取り戻すこともできます。

一方会社を休むことによって仕事が丸々遅れてしまうので、会社としても休まれるのは大変ですし、仕事のフォローもしなければなりません。

しかし評価となると遅刻に非常に厳しい会社もあるので、休んだ方が評価が良い場合もあります。

遅刻をするのは日頃の不摂生によるもので、仕事へのモチベーションが低いから遅刻をするという考え方もできます。

病気で休むのは誰しも病気になることはあるので、安静にして早く治してから出勤して欲しいと思っています。

そのため遅刻よりも休む方が評価が下がらない会社もあるので、遅刻をするのであればそのまま休んだ方がいいと考えてしまうのです。

会社を遅刻した時と休む時の対応の違いを知っておくことは重要

自分が働く会社の対応を知っておくことは、今後自分が遅刻をした時のために役立つはずです。

遅刻をすることによって怒られはしますが、遅れたことを素直に認めて謝ることで許してもらえますし、自分も遅刻しないように意識することができます。

病気で会社を休むのはよっぽどのことだと思うので、他の社員も心配するかもしれませんが、風邪でも休めない人はたくさんいるので、仕事に対するモチベーションを見られてしまいます。

しかも1日休んで体調が良くなるような風邪ならば、少し無理して働けと思う人はたくさんいるので、人によって遅刻と休みへの評価はまったく違うことを理解しましょう。

自分がもしも遅刻をしそうになった時に、どちらの方が自分にとって有利か、もしくは社会人としてどちらの行動を選択するべきかを考えましょう。

真面目に働いて評価が下がるのも嫌なので、職場の対応はしっかりとチェックしておいた方がいいかもしれません。

遅刻確定の時には早めに連絡しながら出勤か休むかを考える

朝起きた時点で遅刻が確定していた時は、すぐにでも会社に連絡を入れるようにしましょう。

遅刻をするからといって休むことを本来は考えてはいけませんが、上司の態度によっては休んだ方がいい時もあります。

職場によっても対応を変えるのはいいかもしれませんが、調子が悪いので送れるかもしれないことを伝えるのは無難かもしれません。

もしくは病院に行ってから遅刻をするとなれば、上司によっては了承したり休むように指示をすることもあります。

仕事は時期によっては暇な時もあるので、その時は上司も体調を整えるために休むように指示してくれるかもしれません。

逆に忙しい時期であれば病院に行ってからでもすぐに出勤しろと言うので、素直に従うしかないでしょう。

とにかく遅刻が確定した時点でいろいろ考えていると、あっという間に時間は過ぎてしまうので、すぐにでも上司に連絡することを優先しましょう。

遅刻の方が評価が下がるのであれば思い切って休むのもあり

会社によって遅刻と休みの評価は大きく変わってくるので、自分お会社がどんな評価をするのか知っておくことは大切です。

遅刻をした時点で評価が下がるのは当然ですが、素直に寝坊して遅刻をしたというよりも、病気で体調が悪いので休む方が評価は下がりにくい場合が多いです。

そのため朝起きた時点で遅刻確定の場合には、思いきって休むのもありかもしれません。

もちろん体調が悪いことを伝えて上司からの了承が得られた場合ですが、時期によっては仕事も少ないので休めることもあります。

会社の評価は一度下がってしまうと上がりにくいものなので、できるだけ下げないことが大切です。

今まで真面目に無遅刻無欠勤で仕事をしていた人でも、たった一度の寝坊によって評価が大きく下がってしまうこともあります。

自分のキャリアは自己責任でもありますが、評価する立場に人の考え方によっては、休むよりも遅刻の方が評価が下がってしまうので注意しましょう。

 - 仕事のミス・失敗に関するお悩み