仕事のお悩み解決所

シフトの変更を連絡する時に必ず確認しておきたいポイント

2017.8.11

シフトを変更する時はなるべく早く上司に連絡することが大切ですが、必ずしもシフトの希望が通るとは限りません。

またシフトの変更をお願いしていたのにも関わらず、上司が忘れていて変更できなかったとなれば、お店への不信感も募ってしまいます。

そこでシフトの変更をお願いする時に確認しておきたいポイントを紹介します。


シフトの変更を連絡する時には証拠に残る方法でお願いする

シフトを変更したい時には早めに上司に報告したいと思っていますが、たまたま上司と話をする機会があった時に口頭でお願いしてしまうこともあるでしょう。

話の流れで上司も分かったと聞いてくれるので、自分としてはシフトを変更できたと安心してしまいます。

しかし後日シフトが変更されていなかったり、上司に聞いてみても知らないと言われてしまえばどうすることもできません。

そこでシフトの変更の連絡をする時には、口頭ではなくメールやメモに書いて渡すなど、証拠が残る物を利用しましょう。

後からシフトが変わっていない時でも、証拠があれば上司が非を認めてシフトを変更してくれるはずです。

口約束を信じた結果上司に文句を言ってしまえば、関係性が悪くなってしまうので働きにくくなってしまうかもしれません。

そもそもシフトの変更をお願いする立場であまり強く言えないので、後からのトラブルを防ぐためにも証拠を残しておきましょう。

シフト変更の連絡は少なくとも1週間前には連絡する

自分の都合によってシフトの変更をするのであれば、連絡は1週間前にはしておくようにしましょう。

シフトを管理する人にとってシフトを決めるのは大変な作業なので、早めにシフトを確定しておきたいと思っています。

そのため一番困るのが直前になってシフトの変更をお願いされることで、無理だと断ると文句を言われるのが一番腹立たしく感じます。

急に予定が入るのは仕方のないことですが、シフトを管理する人の立場を考えないで、自分勝手に予定を組もうとするのはいけません。

シフトを管理する人のことを考えると、1週間前には必ず連絡しておきたいところです。

シフトを確実に変更して欲しければ、1週間よりもさらに前にお願いしておけば、変更してもらえる可能性も高くなります。

直前になるほどシフトの変更が難しくなるので、できるだけ早めに連絡することを意識しましょう。

急なシフト変更の連絡をする時のために貸し借りを利用する

シフトの変更の連絡は自分からするだけでなく、お店から頼まれることもあります。

誰かがシフトの変更をお願いすれば、誰かに変わってもらうしかないからです。

もしも自分がシフトの変更をお願いした時に、誰も代わってくれる人がいなければ変更してもらえないのは仕方がありません。

しかしどうしても譲れない用事ができた時には、どうにかして変更して欲しいと思うものです。

そんな時のために普段から上司と貸し借りをしておくと、自分が変更したい時に有利に交渉することができます。

他の人がシフト変更をした時に、自分が優先して変更すれば上司に貸しを作ることができます。

上司に貸しを作ることで上司も助かりますし、自分がどうしてもシフトを変更して欲しいと思った時には、貸しを返してもらうことができます。

普段シフトの変更に協力する姿勢を見せておけば、いざという時にシフトの変更をしてもらうことができるので、できるだけ上司に貸しを作っておきましょう。

自分からシフト変更をお願いする時はダメな時を想定しておく

シフトの変更を上司に連絡したとしても、必ずしも変更できるとは限りません。

特にお店が忙しい時や人数が少ない時には、シフトの変更は難しいでしょう。

時々シフトの変更が難しい時に文句を言う人もいますが、シフトは始めから決められた通りにすることが当たり前です。

用事があるなら自分の休みにすればいいですし、休み以外に用事ができた時は諦めるしかありません。

シフトは自分だけで決められるものではないので、自分勝手にシフトを変更することはできません。

どうしても変更して欲しい時もあるかもしれませんが、そのお店で働いている以上は、お店のシフトに従うしかありません。

シフトの変更をしたいと思った時には、まずは9割がたダメだと思ってお願いしましょう。

そうすれば変更できなくても仕方ないと諦められますし、変更できた時は喜ぶことができます。

シフト変更は簡単なことではないので、ダメもとで上司にお願いしましょう。

シフトを変更することは大変なことだということを理解しておく

シフトの変更を連絡する時のポイントとしては、確実に上司にお願いするためにメモやメールを使うことは大切です。

さらにできるだけ早く連絡することが当たり前となるので、予定ができた時にはいち早く連絡することを意識しましょう。

シフトの変更は誰か自分の代わりがいなければいけないので、変更できないことを想定しておくことも大切です。

誰でも自分の決まった予定を途中で変更されるのは嫌ですが、自分が変更するには誰かにお願いするしかありません。

そのため自分が頼まれた時にはできるだけ協力することが大切ですし、自分が変更したい時には上司も優先的に協力してくれるはずです。

シフトの変更はそれだけ大変な作業なので、できるだけ変更しないようにすることが一番です。

自分が変更することもあるのでできるだけ普段から協力しておき、いざという時には変更してもらえるように恩を売っておくことも大切です。

 - 業務に関するお悩み