仕事のお悩み解決所

職場に女性が一人という環境でも大丈夫!〜うまく人間関係を気づくコツ〜

2017.5.23

自分が落ち着いた職場に女性が一人!という環境では、いろいろとやりにくいですよね。

女性側からしても男性側からしても気まずいことが多くあるようです。

特に女性が感じるストレスは計り知れません。

どんなに男性慣れしている女性でも、意思の疎通に支障をきたしたり、生物学的に異なる種への干渉は、無意識のうちにストレスになります。

職場で女性が一人の環境【女性の立場】

女性側からの視点ではどうでしょうか。職場に女性が一人だけの環境。言い換えれば、自分以外全員が男性です。女性は男性と違ってプライベートをあまり見せたくありません。お手洗いに行くのにもお化粧を直すのにも、男性に知られたくないのです。願わくば仲の良い同僚と一緒にトイレに行ったり、お化粧を直したり、ご飯を食べたりしたいのです。しかし、職場に女性は自分一人。心細さ極まりないです。

周りの男性はおそらくその一人の女性に気を使って男性トークを避けます。しかし、その心遣いもかえって女性には負担になります。女性は敏感な人が多いです。男性の優しさが知らず知らずのうちに女性の負担になっていることも多いのです。

また、男女では体の構造が違います。男性は適温でも、女性にとっては寒かったりすることがよくあります。女性にとっては、わがままを言えない環境であることも理解する必要があります。

職場に女性が一人の環境【男性の立場】

次は男性の立場です。男性の基本的性格として、プライドが高く、コミュニケーションを嫌う傾向があります。自分の考えていることは、相手に伝わって当然、妥協なんかしない、という姿勢です。女性が少ない環境だと、競争心が顕著に現れ、女性に対してもその闘争心を向ける場合があります。女性からしたらとても迷惑です。

また、女性からすると、男性の思考パターンはよくわかりません。車や時計や彼女、妻の自慢話のどこにプライドをもつ要素があるのか、女性には理解できません。そんなものにお金や時間をかける価値はない、という女性の意見がわからない男性が非常に多く、女性一人の環境にいるその人は、きっと苦しんでいることでしょう。わかりやすく気を使う必要はありませんが、女性も話しやすく、くつろげる職場環境の形成には、男女両方の協力が必要です。

職場に女性が一人の場合、女性にはメリットがいっぱい!

職場に女性が一人の場合、女性にはメリットがいっぱいあります。

まず、とても大切にされます。女性は、女性であるというだけで、華やかです。持ち物やお化粧に少しだけ気を使えば、男性は女性扱いしてくれます。気を使われるのではなく、一人の女性として対応してくれるのです。女性としての自覚を忘れないようにしましょう。

次に、昇進する可能性が高まります。歴史的にみても、人の上に立つのは少数者でした。 そもそも、女性一人の環境がある時点で、その人は凡人ではないでしょう。奇才の持ちぬしです。自信を持ってお仕事してください。

また、イベントごとに目立ちます。誕生日も女性という理由で、盛大に祝ってくれるでしょう。クリスマスパーティがあれば、写真映えします。バレンタインデーに少し奮発すれば、ホワイトデーには何倍にもなってかえってきます。

男女共同参画社会のススメ【男女別の限界】

男女共同参画社会基本法が制定されてから、仕事における男女差がなくなりつつあります。しかし、環境がガラリと変わるまでにはまだまだ時間を要するみたいです。男女共同参画社会の目的達成のために職場に定数制を求めるのは悪いことではないと思います。

しかし、あえて職場に女性が一人の環境を無くそう、という運動が生まれるののには抵抗があります。そういう環境も含めて多様性です。全員男性の職場、全員女性の職場、女性が一人の職場、男性が一人の職場、、、。それぞれ個性のある職場だと想像できませんか?仕事をする環境に適切も不適切も、男性も女性もないのです。個々人が独特の性格を持ってその人らしく働ければ 、それ以上のことはありません。

しかし、自然に逆らうことはできません。自然界に男女の性別が存在することは否定できません。今後も改善が必要な課題でしょう。

男女の違いを超え、快適な職場にしましょう!

いかがでしたか?極論を言えば、職場に女性が一人だけ、という環境は、男性からしても女性からしてもあまり心地のいいものではありません。自然世界には男女が混在しています、人間だけではなく、諸動物も同じです。

一つの社会の中で男女がお互いの長所短所を補いつつ、世界は動いています。それを人為的に人数を調整し、自然世界に抗う形で職場、という社会を作り出してしまうのは、あまりよくありません。しかし、それが仕事である以上はある程度諦めなければならない、仕方のないことです。開き直って、快適な職場環境になるように、努力する必要があります。

男性は、女性の精神的、身体的特徴にもう少し気を向け、女性は男性のコミュニケーション、思考パターンにもう少し注意してみましょう。そうすれば、職場に女性が一人だけ、という環境にも順応できるはずです。

 - 職場の人間関係に関するお悩み