仕事のお悩み解決所

【会社の洗礼?】新人なのに放置された時の対処法

2017.5.24

どんな会社でも右も左もわからない状態で入社してくる新人には、一人前になるためのきちんとしたトレーニング体制が必要です。教育係が付きっきりで指導したり、オリエンテーション合宿を開催したりと教育プログラムはさまざま。

しかし中には新人なのにも関わらずいきなり放置、入社して早々混乱してしまうような会社もあるのです。

新人を放置する会社、もしかしてハズレを引いた?

意気込んで入社をしたのに、いきなり放置をされてろくに相手もしてもらえないのと、もしかしてこの会社ハズレだったんじゃ・・・なんて心配になりますよね。

面接の時には新人研修がしっかりあると言っていたのに、入ってみたら思っていた感じと違うなんてことはザラにあります。会社にとって新人は期待の戦力ですが、一人前に育てるまでは非常に大変なのです。

教えるために人員を割かなくてはなりませんし、その時間にも給料が発生しています。きちんと仕事ができるようになるまでは、会社にとって得なことがないのです。

しかし教育を怠っていつまでの仕事ができないままだと会社の損失は長引きますよね。忙しいとは言っても長い目で見て、入りたての時期に時間とお金と労力をかけるのは必然です。

しかし余裕のない会社は目先のことと今の状況で手一杯なので、どうしても新人教育が二の次になってしまうのです。

新人を放置してみることで、会社はあなたを試してる?

しかしもしかしたら、会社側がわざと新人を放置しているようなケースも考えられます。試していると言うと聞こえが悪いですが、放置してみることで行動を観察しているのです。

ほっとくだけで分かることといえば、まず自発的に動けるかそうでないかですね。分からないことを自分からどんどん質問するタイプと、何か質問はないかと聞かれてから聞くタイプがいます。

新人のうちはみんな緊張していますが、そういった性格の差は顕著に表れます。何をしていいか分からず、指示が出るまでただ待っているような人は期待の新人とは言えません。

この人はどういうタイプなのか、というざっくりとした評価をするために、あえた自分たちからは動かずに新人に行動させるという教育方法もあるのです。

放置されていても、自分からどんどん仕事を教えて欲しいという姿勢でいることが大切です。

放置されても新人のうちは勝手な行動は厳禁!今は会社を知るチャンス

自分で考えて動くことは、時に勝手な行動をしていると捉えられてしまうこともあります。まだ会社のことを何も知らない状態では、正しい判断ができるわけありません。

自分の考えを持つのは素晴らしいことですが、勝手な判断で行動に移して取り返しのつかないことにならないよう、一度上司や先輩に相談するようにしましょう。

ただ何も考えずに質問や相談をするのと、自分の考えを伝えた上でするのとでは印象がだいぶ変わります。どうすればもっと仕事の効率が良くなるのか、会社のためになるのか、

仕事を“やらされている”という意識があってはそんな考えも浮かびません。自分の考えを持てるということは、それだけ本気で仕事に向き合っている証拠です。

仕事に忙殺されては気づけないことも多いので、放置されて時間のある今のうちに会社のいろいろな面を調べて学んでみてください。

気にかけてもらえるような新人になるためには

同期以外で仲の良い人がいない新人のうちは、気に入られている新人とそうでない新人の差がはっきりと分かります。

上司からこまめに気にかけてもらえる人がいれば、いないも同然のように扱われる人もいます。もし自分が後者だったとしても、まだまだ入りたての新人。これから挽回するチャンスはいくらでもあるので前向きに考えていきましょう。

ハキハキと大きな声で話す

後輩として好かれるための一番の基本となります。話してる間はこまめに相槌を打ち、何か教えてもらったらお礼を言う。そしてどんな些細なことでも注意されたら必ず謝りましょう。

返事や挨拶ができない新人は嫌われてしまいます。

笑顔でいる

初めのうちは誰だって緊張で顔が強張ります。自分は声も大きくないし、根暗だし・・・そんな風に思うところがあるなら何かしらでカバーしなければいけませんよね。

笑顔が嫌いな人はまずいません。まだまだ仕事に自信も持てず失敗はばかりであっても、しっかりと気持ちを切り替えて先輩の話を聞いているときくらいは笑顔でいることを心がけてみてください。

新人のうちにやりがちな失敗はこれ!

なんでも頑張らなきゃ!と意気込んである新人のうちは失敗もつきもの。気合を入れれば入れるほど空回りしてしまうことも珍しくありません。

媚を売りすぎて同期に嫌われる

会社に入ると歓送迎会や打ち上げなど、何かにつけて飲み会が開催されます。新人はお酌をしたり料理を取り分けたりと気を使うことがたくさんありますが、良いところを見せようと人の仕事まで奪うのはNGです。

先輩に好かれても同期に嫌われたらこの先辛いですよ。

できるアピールをしたくて余計なことをする

ある程度仕事の内容を覚えてくると、先輩の期待に応えたくてついつい見えを張りがちです。頼まれた仕事にプラスアルファで作業をして褒められたい!と思ったのになぜか「余計なことをするな!」と怒られてしまう、そんな経験のある人も多いでしょう。

もちらん必ずしも怒られるわけではありませんが、先輩が面倒を見なければいけないのはきっとあなただけではありません。全体の技量とバランスを考慮して仕事を与えているのです。

新人のうちは身の振り方もわからず、自分の立ち位置も曖昧です。しかし決して良いところを見せようと見栄を張りすぎず、自分のできる範囲で努力していくことが成功への近道です。

 - 新入社員のお悩み