仕事のお悩み解決所

仕事で上司や同僚に相談できない人必見!人に相談するポイント

2017.5.30

仕事で相談できない状況といのは、ストレスが過剰になりやすく、また、仕事が失敗をする率が上がります。そのために、仕事で困ったことがあれば、人に相談する習慣を作るべきです。

かといっても、人に相談するのが苦手という人であれば、どのように相談すればいいのか悩んでいると思います。人に相談する時のポイントについてご説明いたします。

仕事で上司や同僚に相談できない理由を考える

何故あなたは上司や同僚に仕事の相談が出来ないのでしょうか?

それは相手が忙しそうだから?話しかけたら迷惑だと心配になるという人もいます。

また、人に相談するというのは「自分が弱い」と感じるので、それが嫌だと感じる人もいるでしょう。つまり、プライドが高いので、人の弱みを見せるのに心理的抵抗が強いのです。

そもそもコミュニケーションが苦手だとすれば、人に話しかけるのはハードルが高いという人もいるでしょう。

でもこの記事を読んでいただいている人は、「相談できない自分を変えたい」と思っているからだと思います。

相談のできないデメリットはとても大きいものです。精神的安定がありませんし、仕事をミスれば時間と信用を失う事もあります。また客観的な意見が判らないままなので、仕事の方針で迷子になってしまう事もあります。

何故自分が相談できないのか、その理由に一度向き合ってみてください。

仕事で相談できないのは上司の所為だとしても絶対相談すべし

やはり上司でも話しかけやすい人と話しかけにくい人がいます。

増していつも不機嫌で、ちょっとした相談をしても「自分で考えろ」「一々そんな事を聞くな」と言われると、特に話すのが苦手な人は萎縮してしまいます。

でもこれも考え方を変えてみましょう。

上司には部下の監督責任があります。つまり部下のミスは上司のミスでもあるのです。ならば上司にどう思われようが、「ホウ・レン・ソウ」はするべきです。これをする事によって、仮に何か問題が発生しても、「上司に相談した結果がこれ」と言い切る事が出来ます。つまり問題に上司を巻き込むのです。

上司はもちろん部下の仕事の悩みには答える責任があります。だからこそ、とにかく相談しておけば、問題が発生した時には、たとえ自分が怒られようが、最終的には上司もその問題に取り組まざる得なくなります。

これは相談していない上に自分の独断でやったとなると上司はあなたに責任をかぶせてくる可能性があります。

上司や同僚に仕事の事を相談できない人はとにかく声をかけてみよう

みな仕事に忙しそうで、声をかけにくいというのはありますよね。

暇になる機会を見つけようと頑張って、見ているけれどそんな機会が訪れない。しかし、今話しかけたら絶対迷惑だろうと遠慮していませんか?

確かに死ぬほど忙しい時に声をかけられると腹正しいのは事実です。

しかし、相談しないまま仕事をミスすると、その後始末が大変ですから、何か問題が発生すると「相談してよ」と言われる事が多いと思います。

しかし、いつ相談していいか判らないという人には、まず声をかける事から始めて欲しいと思います。

同僚であれば、「今平気?ちょっと相談したいから時間取れる?」とたったこれだけ言えばいいのです。上司であれば「お忙しい所すいません。今〇〇の件でご相談あるのですが、お時間いただけますか?」相手が忙しければ、また後でという事になりますが、自分で空き時間が出来れば、またあなたに声をかけてくれるはずです。これだけ声をかけるのは、数十秒しかかかりませんから、迷惑にはなりません。

仕事の相談する際の4つのポイント

仕事の相談をどうすればいいか判らないという人に4つのポイントを抑えると相談が明確になります。

一つ目は事実関係を明確にする事です。

気の短い上司によく叱責される人は、客観的事実と自分の主観を交えて話す人です。そのため話がかなりあいまいでどこまでは事実かは判りづらくなるのです。

二つ目は時間的制限があるならば、それもきちんと伝える事が大切です。その相談が緊急を要するのか、ゆっくり対応すればいいのかの判断基準になります。

三つ目は、自分が何を相談したいのが自分できちんと把握しておく事が大切です。よく、事実の羅列だけして相談した気持ちになっている人がいますが、これでは何を相談したいのかわかりません。

四つ目は、自分の意見は最後に述べる事です。特にその意見に対して相談相手はどのような意見を持つか聞きたいという人は、意見は最後にした方がいいでしょう。

「ホウ・レン・ソウ」は仕事の基本

「報告、連絡、相談」、つまり「ホウ・レン・ソウ」は仕事の基本と言われています。

つまり、「相談はできない」という事は仕事の基本が出来ていない事になります。上司が相談のしにくいタイプという人がいるでしょう。だからこそ、きちんと報告して、あなたの悩みに巻き込んでやりましょう。

相談しても怒られる、損談しなくても怒られるのであれば、相談して上司を問題に巻き込んだ方がはるかにマシですし、問題が発生した時に、あなたが上司に報告したか否かによって、随分会社の対応が買わてきます。

中々話しかけにくい人の場合は「お忙しい所すいません。今〇〇の件でご相談あるのですが、お時間いただけますか?」と伝えれば、いいです。そうすれば、たとえ相手が忙しくても、後回しにされたとしても、あなたが相談したいことがあるという事は伝わります。そうすれば、時間のある時に相談に乗ってくれます。

また自分も人の相談に乗ってあげる姿勢が大切です。

 - 業務に関するお悩み